このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

カリフラワーの処理や調理に関する簡単裏技!丸焼きもあり?

投稿者:ライター 井澤佐知子(いざわさちこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2019年10月23日

カリフラワーは、1年中スーパーで見ることができるメジャーな食材である。にもかかわらず、ブロッコリーなどと比べると口にする割合が少ないのではないだろうか。処理中に、ボロボロと白い部分が散らかるのも面倒であるし、独特の味わいを好まない人も少なくない。カリフラワーのさまざまな裏技を会得し、食卓に乗せる機会を増やしてみようではないか。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 包丁ではなく手を使う!白い部分をボロボロさせないための裏技

カリフラワーを調理する際に憂鬱になるのが、白い花蕾の部分がボロボロと散らかることではないだろうか。しかしひと工夫すればカリフラワーをきれいに切ることができる。さらに、カリフラワーの茹で方にもさまざまな秘訣があるようだ。カリフラワーの処理や茹で方の裏技をみてみよう。

■切るときは茎の部分から!

カリフラワーは、花蕾の部分に包丁や手を入れると崩れてしまう。カリフラワーを小分けにするときは、茎の裏側の部分からほぐしていこう。この裏技を覚えておけば、カリフラワーがボロボロと散らかることを避けることができる。
花蕾の処理が終わったら、茎の部分も捨てずに活用しよう。とくに、茎の中心部分は甘く柔らかく、きんぴらなどにしても美味しく食べることができる。
ちなみに、カリフラワーを選ぶ際には白い花蕾部分を見よう。花がもっこりと盛りあがり、ずっしりと重みのあるものが美味しいカリフラワーの条件だ。日をおくと白い部分が茶色に変色してくるので、早めの消費が望ましい。

■さらに白く美しく茹でるための裏技!

真っ白なカリフラワーをさらに白く茹であげるためには、湯に酢やレモン汁をわずかに落とすと効果がある。茹でる際に小麦粉を加えるのもおすすめ。沸点があがるために、茹で時間が短縮できる。固茹でにしておけば、冷凍と冷蔵いずれの保存も可能となる。冷蔵の場合はラップにくるんで、冷凍の場合はジッパー付き保存袋などに入れておこう。

2. カリフラワー嫌いもイケるかも!カリフラワーをマッシュして食べる裏技

冬に甘さがのるカリフラワーだが、子どもだけではなく大人でも、カリフラワーが好きではないという場合が多い。カリフラワーの食感が苦手なら、カリフラワーをカモフラージュして食べる裏技を試してみよう。カリフラワーが子どもたちの大好物に変身する。

■柔らかめに茹でてつぶすだけ

茹でたカリフラワーに茹で汁を加えながらマッシャーでつぶし、クリーム状にしてみよう。茹でたパスタをからめれば、カリフラワー入りパスタのできあがりだ。カリフラワーの色はパスタと同じ白であるため、パスタとからめてもそれとわからない。手際よくマッシュ状にするために、塩を多めに入れて柔らかめに茹でるのがコツである。

■ペコリーノチーズ、アンチョビ、あるいはベーコンを混ぜてもGood!

カリフラワーは甘みがあるものの、かなりデリケートな味わいであるため、塩味がきいた食材と相性がよい。たとえば、通常はカリフラワーのパスタには塩味の強いペコリーノチーズの粉をかける。そのほかアンチョビやベーコン、オリーブの実やケッパーを入れても味にメリハリがつくであろう。カリフラワーをペースト状にしたら、よくからむようにリガトーニやペンネなどのショートパスタを使用するのもおすすめだ。

3. これ以上簡単なカリフラワー料理はなし、オーブンで丸焼き!

農水省の調査によれば、カリフラワーはブロッコリーと比較すると生産量が減少しているのだという。近年では、おなじみの白色のカリフラワーにとどまらず、黄色や紫色の色鮮やかなカリフラワーも目にすることが多い。いつものカリフラワーの食べ方に飽きてしまったら、世界のレシピに目を向けてみよう。たとえばイスラエルではまるごとオーブンで焼いて食べる。同地ではなんと、ストリートフードとしても人気なのだとか。この豪胆な料理は、私たちも簡単にトライできる裏技であろう。オーブンに入れて焼くだけという、単純な料理なのである。オリジナルはバターやチーズなどを利用するそうだが、スパイスやレモンや好みの味つけで楽しんでみてはどうだろうか。

結論

年々、日本での生産量が減っているカリフラワー。単一の食べ方では確かに飽きがくるが、世界各地には私たちにも簡単に実践できるさまざまなレシピがある。今回紹介した茹で方や処理の裏技も、とても簡単ですぐにでも実践可能である。ぜひ習得して、カリフラワーをより楽しんでみよう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ