このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

まるでお米!カリフラワーライスを美味しく食べるアレンジ方法はこれ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年10月24日

白米に比べてはるかに低糖質で低カロリーであることから、お米で作るごはんの代用食として何かと注目されているカリフラワーライス。完全にごはん代わりになるかというと、多少の疑問は生じるものの、そのクセのない淡白な味わいにより、いろいろとアレンジしやすい食材であることは間違いない。そこで今回は、カリフラワーライスのアレンジ例をいくつか紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カリフラワーライスをアレンジせずに美味しく食べる方法

カリフラワーを細かく刻んで作るカリフラワーライスは、見た目が、お米で作るごはんにそっくりではあるが、食感や味わいまでもが、ごはんとそっくりというわけではない。そのため、ごはんの代わりに、お茶碗にカリフラワーライスを盛り、それを主食として、おかずを食べるとなると、どうしても違和感が生じることになるだろう。とくにごはん好きの人には、本物のごはんとのギャップを強く感じることになるかもしれない。

ただ、カリフラワーライスに合わせるものを工夫すれば、ごはんそっくりとまではいかなくとも、それほど違和感なく、美味しく食べることが可能だ。

たとえば、カリフラワーライスに納豆やとろろを混ぜて食べると、納豆やとろろの際立った個性が、カリフラワーの存在感をうまく消してくれることになり、通常の納豆ごはんやとろろかけごはんと、遜色ないくらい、美味しく味わうことができるだろう。

同様に、カレーをかけて食べるという方法も、おすすめできる。実際にこれまで多くの人が試して、好評を博している方法でもある。

2. カリフラワーライスをポテトサラダ風にアレンジ

カリフラワーライスのアレンジとしては、極めてオーソドックスな方法で、数多くのレシピが考案されている。オーソドックスなだけあって、やはり、どのレシピもおおむね好評のようだ。見た目はもちろんのこと、食感や味わいも限りなくポテトサラダに近づけることができるようだ。

糖質の多いじゃがいもの代わりにカリフラワーライスを使用することで、食感や味わいをほぼ変えずに、糖質やカロリーを大幅にダウンさせることができる。その点は、糖質やカロリーを気にしている人にとって、とくに大きなメリットになるだろう。

3. カリフラワーライスを炒飯風にアレンジ

こちらの方法もカリフラワーライスのアレンジとしては、定番中の定番といえる方法になる。作り方も、カリフラワーライスを、卵やハム、玉ねぎなどの炒飯の定番の具材と一緒に炒めるだけと、通常の炒飯と全く同じだ。

黙っていれば、カリフラワーライスで作ったとは気づかれないくらい、違和感なく食べることができるし、いつもの炒飯よりも美味しく感じることになるかもしれない。食感は、パラパラとしていて、粘り気のあるごはんでは、なかなか出にくい、炒飯として理想的な食感に近いものがある。

カレー粉を加えて、ドライカレー風にするという方法も、ぜひ押さえておいてもらいたいアレンジになる。

このほかにも、ミートソースやホワイトソースなどの存在感のあるものと合わせてドリア風にするというアレンジも、おすすめできるので、ぜひ試していただきたい。

結論

カリフラワーライスのアレンジ例をいくつか紹介したが、アレンジのポイントについては、理解していただけただろうか?逆に、あえて白米のごはんからは限りなく離れ、カリフラワーであることをめいっぱい主張し、カリフラワーの食感や風味を最大限に引き出すアレンジを考えてみるのもよさそうだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ