このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

スペインを代表する【マンチェゴチーズ】の特徴とは?おすすめの食べ方も

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年10月26日

ヨーロッパのチーズといえばフランスやスイスのイメージが強いが、忘れてはならないのがスペインだ。スペインでは牛、山羊、羊が飼育されており、さまざまな風味のチーズを食べることができる。ここでは、スペインチーズのなかでもとくに有名な「マンチェゴチーズ」を紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 「ドン・キホーテ」にも登場する【マンチェゴチーズ】とは?

スペイン各地で個性的なチーズが作られているが、一番有名なスペインチーズといえばマンチェゴチーズだろう。なぜならスペインを舞台にした演劇「ドン・キホーテ」に登場するからだ。マンチェゴチーズが作られているのは、イベリア半島の中央部に位置するラ・マンチャ地方。ラ・マンチャとは「水のない土地」を意味し、その名の通り普段は乾燥した土地だが、春になると牧草が生い茂り放牧に適した地となる。ここで育てられた羊の乳から作られるチーズがマンチェゴチーズだ。

「ケソ・マンチェゴ」と呼ばれるマンチェゴチーズは、網を押し付けてできたようなジグザグな編み目模様がチーズの表面にびっしりとついており、見た目も印象的なチーズだ。この模様はチーズを固める際につくもので、昔はエスペルト茅という草をジグザグに編んだ型を使っていた。現在は衛生的な問題から昔ながらの型ではなく、同じジグザグ模様がつくプラスチックの型を使用している。

マンチェゴチーズの味わいと香り

マンチェゴチーズは牛の乳から作られたチーズとは違い、羊の乳から作られたチーズ特有の甘みとわずかな辛みが感じられる。香りはとても複雑で、ナッツのような香りとともにミルクのような甘い香りと干し草の香りも感じられる。

2. マンチェゴチーズの分類と食べごろ

チーズは製法によって大まかに分類することができる。たとえば青カビをつけたチーズを青カビチーズ、熟成させていないチーズをフレッシュチーズといったような形だ。マンチェゴチーズはセミハードチーズに分類される。セミハードチーズと似たものにハードチーズというものがあるが、どちらもチーズの素を圧搾(プレス)して水分を取り除いている。圧搾する際に加熱していればハードチーズ、加熱していなければセミハードチーズと分けられることが多く、マンチェゴチーズは加熱せずに圧搾するため、セミハードチーズに分類される。マンチェゴチーズは圧搾によって水分を取り除いているため長期間熟成できるようになっている。

夏から秋が食べごろ

貯蔵のきくマンチェゴチーズは1年を通して市場に出回っているが、とくに美味とされているのが夏から秋にかけて出回るマンチェゴチーズだ。その理由は羊の乳の品質に関係する。緑豊かな牧草が生い茂る春になると、羊は質のよい牧草を食べることができる。そのため、春に搾られた乳の品質はほかの季節のものに比べると非常によい。春に搾られた乳がチーズに加工され、熟成期間を経て市場に出回るようになるのが夏から秋になるため、この時期のマンチェゴチーズはとくに評判がよい。

3. マンチェゴチーズの食べ方と保存方法

マンチェゴチーズは硬いチーズであるため、薄くスライスしてそのまま食べるのがおすすめだ。チーズをスライスするときは包丁でも構わないが、ハードチーズを食べる機会が多いならばチーズスライサーを持っておくと便利だ。包丁やナイフで切るよりも均一な厚さにスライスすることができる。

ワインも一緒に味わう

チーズの生産地ではワインも作られていることが多いため、セットで食べられることが多い。チーズの種類によって合うワインは異なるが、セミハードチーズやハードチーズの場合は赤ワインが合うといわれている。しかし、羊の乳特有の甘みをもつマンチェゴチーズには白ワインも合うため、どちらを選んでも構わない。また、ワイン選びに困ったならば、同じ産地(ラ・マンチャ地方)のワインがおすすめだ。ない場合はスペイン産のワインでもよい。

マンチェゴチーズの保存方法

薄くスライスしながら食べるマンチェゴチーズを一度に食べきるのは難しいだろう。余ってしまった場合は、ラップに包んで冷蔵庫に入れておくのがおすすめだ。セミハードチーズであるため、ほかのチーズと比べて長く保存することができる。ただし、保存しているうちにカビが発生したり、チーズが硬くなってしまったりすることがある。その際は、カビがついている部分や硬くなっている部分を切り落とせば、問題なく食べられる。

結論

ドン・キホーテにも出てくるスペインを代表するチーズがマンチェゴチーズだ。羊の乳特有の甘さが魅力的なチーズで、とくに夏から秋に出回るマンチェゴチーズは格別だ。スペイン産のワインとともに薄くスライスしたマンチェゴチーズを食べれば、一段と充実した日になるだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ