このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

燻製チーズの作り方やアレンジレシピを紹介!おすすめ商品も

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2019年10月23日

酒のつまみから普段の料理に、子どものおやつにとチーズにはさまざまな使い道がある。チーズといっても種類は多く、本格的なナチュラルチーズから食べやすいプロセスチーズまで幅広い。そんな奥の深いチーズは、燻製の定番食材であるが、どのような楽しみ方があるのだろうか。ここでは、燻製チーズの作り方やおすすめの商品などを紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 燻製チーズの作り方

固形のプロセスチーズにはつまみなどに使えるよう燻製されたものも市販されている。ただ趣味として燻製をしてみたいという人は、自宅でも燻製チーズを作ることができるのでチャレンジしてみてはいかがだろうか。

燻製には3つの方法がある

・冷燻...25度以下の低温で燻製する方法。長い時間燻す必要があるので、仕上がりは水分がほとんどなくドライな食感になる。

・温燻...50〜80度の温度で食品を燻製にする。一般的に燻製というと、この温燻を指している場合が多い。

・熱燻...80度以上の高い温度で食品を燻製する方法。1時間ほどの短時間で燻製することができる。食品の水分が残っているため、ジューシーな仕上がりになるのが特徴だ。

チーズは溶ける性質があるので、燻製をするなら低い温度でできる冷燻が理想的だ。しかし、条件的に冷燻は気温の低い冬ぐらいしかできないため、できるだけ温度を下げて温燻で行うのがよいだろう。

燻製チーズを自宅で作るには温度と時間がポイントとなる。チーズの様子を見ながらほどよい色味がつくまでじっくりと観察しながら燻してみよう。

2. 燻製チーズは手軽に買える

自宅での燻製作りに憧れはあっても、道具を揃えたり時間が確保できなかったりとハードルはなかなか高い。ちょっと酒のあてに食べる位であれば、本格的な燻製チーズではなくても市販のものでも満足できるだろう。ここでは市販の燻製チーズを紹介したい。

・雪印メグミルク くちどけスモークチーズ

内容量100g
スモークチップ さくらチップ

・QBB お徳用スモークチーズ

内容量110g
スモークチップ 山桜チップ

・クラフト スモークチーズ

内容量 80g
スモークチップ 山桜チップ

・雪印メグミルク 6Pチーズ スモーク味

内容量 96g
スモークチップ 不明
このように、さまざまなメーカーからスモークチーズが販売されている。主に桜のスモークチップが使われているが、いろいろと揃えて美味しさを比較してみるのも楽しみ方の一つかもしれない。

3. 燻製チーズのアレンジレシピ

燻製チーズはただ食べるだけでも旨いが、いつもの食べ方に飽きてしまったらちょっとだけ手を加えて違った食べ方を楽しんでみよう。

・燻製チーズのパスタ

燻製チーズと茹でたほうれん草を、オリーブオイルをひいたフライパンに入れて、茹でたパスタを加える。パスタ全体にチーズを絡めて、塩とブラックペッパーで味を調えて完成。簡単に上品な味を楽しめるパスタだ。

・カプレーゼ風

トマトとモッツァレラチーズを合わせたイタリアンの前菜カプレーゼ。チーズを燻製チーズに変えれば普段と違った味わいに。スモークの風味を活かして、オリーブオイルなどでシンプルに食べよう。

・冷奴アレンジ

冷奴はシンプルな料理なので、アレンジも幅広い。和風はもちろん洋風にもおすすめの食材である。冷奴に燻製チーズをカットしたものをかけ、トマトや水菜を散らせば、彩りもよく栄養価の高い副菜のできあがりだ。

結論

燻製チーズは、ビールやワインのつまみとしてそのまま食べるのも美味しい。しかし、スモーキーな風味は普段の料理をグンとレベルアップさせてくれる魔法の調味料にもなる。市販のスモークチーズでもさまざまな種類があるので、食べ比べをしてお気に入りを見つけてみよう。また、趣味として燻製を試してみたい人は、温度に注意しながら作ってみてほしい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ