このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

サワークリームの正しい保存方法。冷凍するとボソボソになる!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 市川咲(いちかわさき)

2019年11月 7日

スープやサラダ、肉や魚、野菜料理からスイーツなどさまざまなメニューに使えるサワークリームだが、もしサワークリームが余ってしまったときどうすればよいのだろうか。できることなら新鮮なうちに使いきることが理想ではあるが、なかなかサワークリームを使いきることができないという人も多いはずだ。ここではサワークリームの基本の保存方法や、冷凍保存と解凍方法などについて紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. サワークリームの基本的な保存方法

まず、サワークリームの基本的な保存方法について紹介する。サワークリームは、生クリームに乳酸菌を加えて発酵させた乳製品であり、発酵といっても完全発酵食品ではない。そのため、ほかの乳製品と同様カビが生えやすいのだ。

保存するなら室温ではなく5℃くらいの冷蔵保存が一番適している。とはいえ、できるだけ鮮度のよいうちにサワークリームを食べてもらうのが一番だ。また、冷蔵庫内の保存場所についても、ドアポケットは避けたほうがよい。ドアポケットは振動が多く、サワークリームのようなクリーム系のデリケートな食材は食感や風味などを失ってしまうといわれている。

また、ドアポケットは冷蔵庫の開け閉めで、一番冷蔵庫の中でも温度の影響が大きいので、乳製品を保存するにはおすすめしない。さらに、温度が高すぎたり逆に冷たすぎたりすると固まったりするので夏場や冬場によって冷蔵庫の温度も気を付けよう。

2. サワークリームを冷蔵保存したらどのくらい持つ?

サワークリームは、記載されている賞味期限に関わらず、一度封を開けたらなるべく早く使いきりたいものだ。一度開封したサワークリームは、冷蔵庫で2~3日以内には消費するようにしよう。また、開封して冷蔵庫で保存したサワークリームを使用するときはカビが生えていないか確認し、もしカビが生えているようなら残念ながら使用することはやめてもらいたい。

3. サワークリームは冷凍保存できるのか?

残念ながらサワークリームは、冷凍保存すると解凍したときにボソボソしてしまう。もともとのなめらかな状態ではなくなってしまい、サワークリーム独特の風味も失われてしまうので冷凍は控えたほうがよいだろう。

しかし、お菓子作りや料理に混ぜて使うのであれば、多少ボソボソした食感を気にすることなく使えるかもしれない。冷凍保存であれば、1ヶ月程保存できるのもうれしい。おすすめしたいのは、あまりサワークリームの食感や風味が引き立たない料理に使用する方法だ。少しスパイスのきいたスープやソースの隠し味として使用するのもよいかもしれない。

4. サワークリームを解凍するときの方法と注意点

サワークリームを解凍するときは、使いたい前日に冷蔵庫に移して、必ず自然解凍で行う。電子レンジで加熱したりすると、食感だけでなく風味なども失われてしまうので冷蔵庫での自然解凍がおすすめである。

また、常温で自然解凍すると、解凍している間に菌が増殖してサワークリームが傷んでしまうので絶対にやめてほしい。解凍したサワークリームはなめらかな舌触りが損なわれてしまうので、そのままサラダのドレッシングや野菜や肉に添えたりはせずに、料理の調味料やお菓子作りの材料として使用することをおすすめする。

結論

サワークリームは、サラダのドレッシングからデザートなど、料理にもスイーツにも使える万能な食品だ。しかし、いつまでも同じ鮮度をキープすることは難しいので、一度開封したら2〜3日を目安として使いきってもらいたい。どうしても使いきれずに保存したい場合は冷凍保存も可能である。しかし、サワークリームの風味や舌触りを楽しんでもらうためにも、できることなら早めの消費をおすすめする。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ