このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【厳選】カルディのおすすめワイン3選!コスパも良くて美味しい!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 池田絵美(いけだえみ)

2019年11月 1日

今回はカルディで販売されているおすすめのワインについて紹介しよう。コーヒーや輸入食品をはじめ、日本全国こだわりの美味しいものをバラエティー豊かに取り揃えているカルディ。季節のイベントに応じた商品も多く陳列されており、店舗の前を通りかかると吸い込まれるように店内に入ってしまう人もいるだろう。数ある商品の中でもリーズナブルで美味しく、コスパがよいと評判のワイン。今回は厳選して、おすすめのワイン3本をピックアップしてみた。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カルディのおすすめワイン【キャンティ・クラシッコ イル・グレトポッジョ・ボネッリ】

1,000円以下のリーズナブルなワインが充実しているカルディ。最初に紹介するおすすめワインは、キャンティ・クラシッコ イル・グレトポッジョ・ボネッリだ。特徴は、キャンティ・クラシッコ地区で醸造のスペシャリストと称されるカルロ・フェリーニ氏が手がけた、エレガントかつ力強い重口の赤ワインだ。
フェリーニ氏は、2000年にガンペロ・ロッソのワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに選出され、2003年にイタリアのソムリエ協会でベスト・エノロジストに。さらに、2007年にワイン・エンスージアストのワインメーカー・オブ・イヤーに選出されるなど、輝かしい受賞歴を持っている。
相性のよい料理はトマトソースを使用した料理やローストビーフ、中熟成のハード系のチーズなど。実際に飲んでみると、味や香りのバランスがよく食事とのマッチングも素晴らしい。カルディで取り扱うワインの中では2,500円前後と高いほうだが、給料日や臨時収入があったときに奮発して飲みたいワインといえるだろう。カルディの店舗はもちろん、オンラインショップでも購入できる。

2. カルディのおすすめワイン【ツェラー・シュヴァルツェ・カッツ】

次に紹介するカルディのおすすめワインは、ドイツ産の白ワインであるツェラー・シュヴァルツェ・カッツだ。おすすめのポイントは、心地よい酸味と果実の自然な甘みを堪能できるところ。さわやかな甘口の飲み口なので、ワインデビューしたい人にもおすすめしたい。ちなみにシュヴァルツェ・カッツとはドイツ語で黒猫を意味している。ラベルに描かれているキュートな黒猫も人気のポイントだ。
カルディのオンラインショップで飲んだ人のレビューをみると、カルディのネコラベルのワインの中でも1番好きで美味しくてスグに飲み干す、甘いという感じではなく美味しくて飲みやすい、甘さが疲れを癒やしてくれる、といった声があった。とくにアルコール度数が高くないワインを飲んでいる人に人気のようだ。

3. カルディのおすすめワイン【カバ・ポエマ・ブリュット・ロゼ】

最後に紹介するカルディのおすすめワインは、カバ・ポエマ・ブリュット・ロゼだ。このワインはカバ(CAVA)誕生からの歴史を継承するペネデスの造り手である、ペレ・ベントゥーラが手がけたロゼ・スパークリングワインである。シャンパーニュと同じように瓶内で二次発酵されており、フレッシュな辛口で食前酒としてもおすすめしたい。
カルディのワインの中でもとくにビジュアルが美しいレッドピンク色で、女性にプレゼントするのにもおすすめのワインだ。香りはフレッシュなラズベリーやストロベリーのようで、細かな泡が美しく続く。実際に飲んでみると、ベリー感が口の中にはじけるようにひろがり、上品な酸味もあるバランスのよいエレガントな味わいだ。食前酒としてはもちろん、パエリアやチーズなどの発酵食品とも相性がよい。
カルディに限らずスパークリングワインは高いガス圧が含まれており、常温で開けると吹きこぼれる可能性があるので、よく冷やしてから開栓することがポイントだ。正しい栓の抜き方は栓の上に布をかぶせ、指で押さえながら留め金をゆるめてはずし、布の上から栓を持ち、瓶をゆっくりまわしながら開栓すればOK。

結論

カルディのおすすめのワインを厳選して紹介したが、飲んでみたいと思えただろうか。公式のオンラインショップをチェックすると1番高いワインは、ポール・グール ブリュット・ロゼプルミエ・クリュで価格は5,478円(税込)だが、1,000円以下のリーズナブルなワインが多数取り揃えてある。カルディで初めてワインを購入する人は、まず低価格のものから味わってみてはいかがだろうか。*価格は2019年10月のもの
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ