このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

トリュフ入りの贅沢チーズ【クルティン】の魅力や美味しい食べ方

投稿者:ライター 佐々木このみ(ささきこのみ)

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年11月 6日

チーズにはスパイスやハーブが練り込まれているものも数多く存在するが、高級食材・トリュフの入ったチーズを食べたことがあるだろうか。トリュフの名産地であるイタリア・ピエモンテ州で作られる「クルティン」はあまりに美味しすぎて無言になってしまうチーズといわれている。今回はそんなクルティンの魅力をたっぷり紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. クルティンってどんなチーズ?

クルティンは、牛乳にヤギの生乳を少し加えてコクを出し、さらにトリュフを贅沢に使われることで知られる貴重なチーズだ。日本にも輸入されるが、量が限られているうえ非常に高価で、一般的なナチュラルチーズの約3倍の値段はする。

■ネーミングの由来は熟成場所

クルティンという名前は、ピエモンテ州の方言が由来となっている。かつての熟成場所であったワインカーヴをピエモンテではクルティンと呼んでおり、それがそのままチーズの名前となった。クルティンは香りも味も芳醇で、人間だけでなくネズミにかじられることも多かった。そこで、昔はネズミから守るためにワインカーヴの天井に吊るされて熟成されていたのだ。ちなみに現在もその名残から、出荷の際には容器の上から紐でくくられている。

■トリュフが採れる秋に生産

クルティンに使用されるトリュフは、秋にしか収穫できない。日本のマツタケと同様に人工栽培できないことが、トリュフが高級食材とされている理由でもある。クルティンの生産はトリュフの収穫後の年に一度と限られている。

■トリュフと野菜を煮込む独特の製法

クルティンの生産地はピエモンテ州のランゲ地方。トリュフだけでなくバローロやバルバレスコなど赤ワインの名産地としても知られている地域だ。トリュフをチーズに加えるというだけでもかなり独特だが、その製法がさらに興味深い。トリュフと地元の野菜を一緒に煮たものを牛・ヤギの混合乳に加える、もしくは混合乳でトリュフと野菜を煮込むというのだ。この煮込むという工程が加わることで、トリュフの旨みや香りがミルクに溶け込み、野菜の風味も合わさって非常に贅沢な味わいが生まれるのである。

2. 一度は食べてみたいクルティンの味とは

ハードタイプのチーズであるクルティンには、熟成されたチーズならではの酸味があるが、もちろんそれだけではない。多くの人をうならせるクルティンの味わいには、やはりトリュフ由来の特別な魅力が詰まっている。

■トリュフを堪能できるチーズ

トリュフをしっかりと煮込み風味を引き出したことにより、トリュフ独特の芳醇な香りがクルティンの隅々までいきわたっている。一口かじればその贅沢な風味が口いっぱいに広がる。そして、牛乳とヤギ乳のコクや甘みが重なるように広がる。香り高く濃厚で、あまりの美味しさに言葉を失う人が続出だとか。原料も製法も唯一無二のこだわり抜かれたチーズならではの形容しがたい旨みが、クルティン最大の魅力といえるだろう。

3. クルティンの美味しい食べ方

クルティンの贅沢な風味を存分に味わうために、まずは薄く切っただけのものをそのまま食べたい。ピエモンテ産赤ワインと合わせれば最高のつまみになるだろう。

■マッシュポテトと一緒に

チーズ自体にさまざまな旨みがたっぷり詰まっているクルティンは、料理にもぜひ使いたい。現地ではマッシュポテトと混ぜて食べることも多いそうだ。スクランブルエッグやスープに加えても美味しい。

■加えるだけで絶品パスタに

茹でてバターで和えた卵パスタの上にクルティンをスライスしながらかけよう。熱でクルティンがほどよく溶けてパスタと絡み、クルティンの美味しさをそのまま味わえる絶品パスタになる。ただ蒸しただけの野菜も、クルティンを加えるだけで贅沢な一品に仕上がってしまう。料理に使用する場合は、味付けも調理法もシンプルにしよう。

結論

トリュフと野菜を煮込んで作るチーズと聞いただけで、いますぐ食べたいと思った人も多いのではないだろうか。高価で希少なクルティンを入手するのはかなり難しそうだが、どこかで出合った際には、実際に味わってみたいものである。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ