このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ピラフの幅広い食べ方について紹介!実はアレンジ自在の料理

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2019年11月 8日

ピラフは慣れれば簡単に作れるため、よく作る人もいるかもしれない。しかし、食べ方をどのように意識しているだろうか。単品か、それともほかの料理に合わせるか、合わせるならどのように、など、食べ方は幅広い。せっかくなら、少しでもより美味しく食べたいところだ。そこで本記事では、ピラフを美味しく食べるためのポイントをいくつか紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ピラフは、具材や味付けの幅広さが特徴!

ピラフは、ごはん料理の中でも炊いて作られるため、普段我々が食べる白ごはんに近い食感を持つ。一方で、洋風スープで味付けされており、食感と味のやや珍しい組み合わせだといえる。一品料理として食べることもできるほか、薄味にすれば白ごはんと同じような食べ方もできるだろう。食べ方に応じて調整して作れるため、ピラフはある意味便利な料理であるといえる。また、使える具材の幅広さも魅力だ。洋風スープを使うものの、一見和風の野菜と思えるものでも相性がよい。たとえば、ねぎや大根などを入れても美味しく仕上げることができる。肉を入れるにしても、ウインナーにベーコン、ひき肉など、選択肢はさまざまだ。応用範囲が幅広く、かつ手軽に作れるのが、ピラフの嬉しいところだ。

2. 食べ合わせもアレンジも自由自在!ピラフの美味しい食べ方

ピラフは、味付けを調整したうえで、ほかの料理と合わせて食べることにより、より美味しく食べることができる。また、ピラフ自体をアレンジした料理も美味しい。いくつか例をみていこう。

ステーキと一緒に

ピラフを薄めの味にしたうえで、ステーキと一緒に食べてみよう。肉のしっかりとした食べ応えや塩こしょう(もしくはソース)の味を、ピラフの優しい味で和らげることができる。白ごはんの場合、洋風ソースには合わないと感じる場合もあるだろう。しかしピラフなら洋風の味が付いているため、大抵のステーキと相性がよいはずだ。また、ピラフの具材により、若干ながら野菜を補うこともできるだろう。

野菜を添えてサラダ風に

ピラフの具材に野菜をたっぷり入れ、少し濃いめの味付けにする。そしてピラフにレタスなどを添えれば、ピラフをライスサラダ風に楽しむことができる。また、薄味にしたうえで、ドレッシングを使うという手もあるだろう。野菜好きな人方におすすめの食べ方だ。

ドリアにする

ピラフにホワイトソースやチーズをのせ、オーブンで焼きあげれば、ドリアとして楽しむことができる。チーズの風味とピラフの洋風スープの味が、またよく合う。ホワイトソースの下にズッキーニなどの野菜を追加で敷き、栄養を補うこともできるだろう。カロリーが高くなるため要注意ではあるが、美味しい食べ方だ。

3. ダイエット中の人は、ワンプレートランチ風がおすすめの食べ方?

ピラフはごはん料理であるため、どうしてもある程度高いカロリーを持つ。カロリーを抑えたければ、基本的には量を減らすしかない。とはいえ、ただ減らして我慢するのもつらいだろう。そこでひとつの方法として、ワンプレートランチ風にピラフを食べてみるのはどうだろうか。惣菜をいくつか作り、少しずつひとつの皿に盛る。皿の一角に、ピラフを少量盛る。こうすれば、見た目の料理が多い分、満足感を得やすいのではないだろうか。そうなれば、抵抗なくピラフの量を減らすことができるだろう。ただし、惣菜が高カロリーになってしまっては意味がないので、ある程度カロリーを抑えたものを用意したい。さらにノンオイルドレッシングでのサラダをプラスすれば、満腹感も得られるだろう。

結論

ピラフは味付けや具材の幅が広いため、思った以上に多様な食べ方で楽しむことができる。合わせられる料理もさまざまで、ピラフ自体のアレンジ料理も美味しいものばかりだ。とはいえピラフはごはん料理、食べ過ぎはカロリー過多を招く。カロリーや栄養バランスを意識しつつ、ほどよい量を食べて満足できるような料理の組み合わせを考えたい。ぜひ、ピラフのいろいろな食べ方を探求していただきたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ