このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

【焼きおにぎり】の献立を紹介!相性の良い副菜やスープとは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年11月29日

おにぎりに醤油や味噌などをつけて焼くだけと、作り方もいたってシンプルな焼きおにぎり。何ともいえない香ばしさが食欲をそそる一品だ。ただ、シンプルなだけに、焼きおにぎりをメインにした献立作りには、頭を悩ませることになりやすい。そこで今回は、焼きおにぎりの献立作りの際に、参考にしていただくべく、焼きおにぎりに合う副菜やスープ選びのポイントについて紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 焼きおにぎりに合う副菜選びのポイント

醤油や味噌で味付けした焼きおにぎりは、もうそれだけで満足できてしまえるくらい、十分に食べ応えがある。お好みの具材をおにぎりの中に詰めて焼けば、その具材が主菜の役割を果たしてくれるので、焼きおにぎりだけで主食と主菜を兼ねることもできるだろう。

ちなみに焼きおにぎりに詰める具材は、栄養バランスを考えて、肉や魚など、タンパク質源となるものが好ましい。

もちろん、おにぎりには、何も詰めずにそのまま焼いて、焼きおにぎりを主食としてもOKだ。いずれの場合も、副菜は、焼きおにぎりの味とかぶらないものをチョイスしよう。焼きおにぎりそのものに味がしっかりとついているので、味のバランスをとるために、副菜は、淡白な味わいのものがおすすめできる。

たとえば、さっぱりとした酢の物や野菜の和え物、温野菜サラダなどを副菜として、焼きおにぎりの献立に添えてみてはいかがだろう?

2. 焼きおにぎりに合うスープ選びのポイント

焼きおにぎりに合うスープは、厳密には焼きおにぎりの味付けによって異なってくるものの、副菜と同様に、メインの焼きおにぎりの味付けとかぶらないようにすれば、基本的にどんなスープでも問題なさそうだ。

たとえば、醤油で味を付けた焼きおにぎりなら、味噌汁のほかに、塩味やコンソメ味などのスープがおすすめできる。味噌で味を付けた焼きおにぎりの場合は、味がかぶるので、味噌汁以外のものをチョイスしよう。

いずれの場合も、栄養バランスを考えれば、野菜やきのこ、海藻類などをなるべくたくさん入れた、具沢山のスープを作ることが望ましい。

3. 焼きおにぎりをアレンジして献立に変化を

味噌味や醤油味といった定番の味付けの焼きおにぎりをメインにした献立は、上記のような焼きおにぎりに合う副菜やスープをチョイスさえすれば、美味しくいただける。しかし、メインの焼きおにぎりの味付けが、毎回同じだと、やはりマンネリになって食傷気味になりやすいだろう。

そんなときは、献立に変化をつけるために、メインの焼きおにぎりをアレンジしてみよう。
シンプルな調理法である分、アレンジし甲斐のある点が、焼きおにぎりの何よりの魅力ともいえる。

アレンジ方法も、ただ味付けや加える具材を変えるだけと、いたってシンプルにでき、組み合わせも自由自在に変えることができる。マヨネーズやチーズで味付けをして洋風テイストにするアレンジや、何も味付けせずにただ焼いたおにぎりに、後からソースとマヨネーズを塗り、青のりをトッピングしてお好み焼き風にアレンジしてみるのも楽しい。

このように焼きおにぎりそのものをアレンジすれば、いつもの副菜やスープを添えても驚くほど新鮮な献立が完成する。

結論

焼きおにぎりにピッタリの副菜、スープ選びのポイントや、献立に変化を加えたい場合の焼きおにぎりのアレンジ方法については、理解していただけただろうか。今後、焼きおにぎりの献立作りに困った際に、お役に立てれば幸いだ。ぜひお試しあれ!
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ