このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

初心者でもOK!簡単なカレーピラフの作り方と下ごしらえの方法を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2019年12月 4日

チャーハンや炊き込みごはんなど、ごはんに味を付けてアレンジを施した料理はたくさんある。ピラフはいわば洋風の炊き込みごはんで、コンソメやバターなどを使って仕上げる料理だ。カレーピラフはさらにカレー粉を加え、スパイシーな風味を加えて仕上げる。カレーピラフはほかの料理よりも自宅での出番は少ないかもしれない。ここでは、カレーピラフの作り方を詳しく紹介していきたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カレーピラフに使う食材の選び方

ピラフの具材というと、魚介類やチキン、ウインナーなどさまざまなものがある。人参や玉ねぎなど、ピラフには欠かせない野菜も存在する。カレーには好みの野菜を入れて作るように、基本的にはどんな野菜を使用しても問題はない。好きな野菜や冷蔵庫に残っている野菜など、手元にある食材を使ってカレーピラフを作ってみよう。

カレーピラフのおすすめ食材

カレーピラフは基本的には玉ねぎと人参、ウインナーなど材料はシンプルで、それほど多くの食材を使用しない。 カレーピラフの具材を決めるときには、たんぱく質を多く含む食材と野菜類を組み合わせるとバランスがよくなる。

たんぱく質を多く含むの食材としては、エビ、イカ、アサリ、ツナ、鶏肉、ウインナー、ベーコンなどがおすすめだ。野菜類はみじん切りにできるならなんでもOK。玉ねぎ、人参、パプリカ、ピーマン、ジャガイモ、レンコンなど、野菜室の余り野菜やスーパーの特売野菜を組み合わせよう。

米を炒める時に使う油は、オリーブオイルかバターがよい。軽く仕上げたければオリーブオイルを、コクのある味わいがよければバターを使おう。

2. カレーピラフ作りに必要な下ごしらえ

カレーピラフは、米を炒めてカレー味のスープで炊きあげる料理だ。米を炒めるというのが、日本の一般家庭においてはあまり馴染みがないかもしれない。カレーピラフの下ごしらえの流れを見ていこう。

米を洗う

カレーピラフを作るとき、まずは米を洗ってから30分ほど水に浸しておく。その後ザルにあげて米の水をしっかりきっておこう。

具材の下ごしらえ

カレーピラフに加える野菜などの具材は、小さめの角切りやみじん切りにしておこう。加熱をするうえにカレー粉で味付けするので、玉ねぎの独特の苦味などは気にしなくてよい。

米と具材を炒める

フライパンを熱して油をひき、まずは玉ねぎなどの野菜と肉やウインナーを炒めよう。野菜の色味が悪くなったり柔らかくなったりしてしまわないよう、手早く調理するのがコツだ。トッピングになるような野菜は、別茹でや別炒めで色をきれいにキープする工夫をおすすめする。

甘みや旨みが出る具材のあとに米を炒めれば、味がしみて美味しくなる。ごはんがパラパラになったらカレー粉や塩こしょうで味付けをしてできあがりだ。ソースやコンソメで味を決めてもよい。

3. カレーピラフを簡単に作るコツとは

フライパンでカレーピラフを作るのは難しいと感じる人も、少し工夫すれば簡単にカレーピラフを作ることが可能だ。普段なかなか料理をする時間がなかったり、料理が苦手だったりという人は、便利な方法で手軽にチャレンジしてみよう。

カレールウを使う

一般的に、カレーピラフを作る場合は、カレー粉を使用する。カレー粉は炒め物や煮物などに便利だが、あまり使いこなすのが得意ではないという人もなかにはいるはずだ。

そんな人は、失敗を極力避けるためにも、カレールウを使ってピラフを作ってみよう。調味料をあれこれ駆使しなくても味が決まる。なお、カレールウを使うときは、あらかじめ細かいみじん切りや千切りにしておこう。

炊飯器を使う

フライパンを使ってピラフを作るのは少しハードルが高い。普段から使い慣れている炊飯器であれば、失敗することなくカレーピラフを作ることができるだろう。

また、炊飯器を使えば失敗しないだけではなく並行してほかの作業もできるため、誕生日パーティーなど何品も料理を作りたい時にうってつけだ。米や材料を炒める時間のないときは、便利な炊飯器を使ってみよう。

残りごはんを使う

カレーピラフは米を炊く時に味をつける炊き込みごはんなので、本来であれば炊いた米を使って味をつける方法は望ましくない。残りごはんにカレー味をつけると、カレーピラフではなく「カレーチャーハン」なってしまう。

ただし、自宅で食べる場合は定義にこだわる必要はない。米を炒める時間がないときには、残りごはんにカレー粉をふって炒める方法でもよいのではないだろうか。

結論

カレーピラフを美味しく仕上げるためには、米を炒める過程が大切である。しかし、基本の作り方では難しいと感じる人や、調理に時間をかけられないときには、簡単な方法でカレーピラフを使ってみよう。カレーピラフはカレー味のごはんと考えると、何通りもの作り方がある。お気に入りの作り方を覚えて、手際よくカレーピラフを使ってもらいたい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ