このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

オレンジの花のハーブティー【オレンジブロッサムティー】ってどんなお茶?

投稿者:ライター 亀崎智子(かめざきさとこ)

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2019年12月 2日

オレンジといえば、誰もがおそらく一度は口にしたことがある果物ではないだろうか?そんなオレンジの皮は乾燥させるとオレンジピールと呼ばれ、いろいろな食べ物に活用される。一方で、オレンジブロッサムはオレンジの花の部分を乾燥させたものだ。そこで、今回は主に、ハーブティーとして使用されることが多いオレンジブロッサムについて紹介する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. オレンジの花を乾燥させたものがオレンジブロッサム

オレンジは一般的に皮をむいて果実を食べる果物である。そのため、利用できるのは果実の部分だけであると思われがちであるが、実は違う。果実を食べる以外にもオレンジの皮や、果実が実る前に咲く花もいろいろなことに活用できるのである。

インドが原産のオレンジ

オレンジはみかん科の植物であり、原産国はインドやヒマラヤ付近であるといわれている。オレンジの木は温かくて日当たりと水はけのよい土地で育ちやすいので、現在では世界各地さまざまな場所で栽培され、私たちにとって身近な果物のひとつでもある。

オレンジは大きくスイートオレンジとビターオレンジに分けることができる。一般的に私たちが果実を食べるときにいただくのは、甘さが強いスイートオレンジである。しかし、オレンジブロッサムはビターオレンジから作られることがほとんどである。

オレンジは基本的には、果実が実る前の春から初夏にかけて咲く白い花を咲かせる。この花を乾燥させたものがオレンジブロッサムであり、別名オレンジフラワーと呼ばれることもある。

オレンジの花からは精油も取れる

オレンジの木に咲く白い花は乾燥させることで、オレンジブロッサムと呼ばれるハーブになるが、実はほかにも別の使い道がある。オレンジの白い花から精油を採取することができる。この精油のことをネロリと呼んでいる。このネロリは17世紀にイタリアのネロラ公国の公妃が気に入って愛用していたことから、この名がつけられたともいわれている。オレンジの甘い香りが特徴である。

2. オレンジピールよりも香りが強いオレンジブロッサム

オレンジブロッサムティーはビターオレンジの花から作られるので、果実自体はスイートオレンジと比べると甘みが控えめである。しかし、フローラル系の甘さと柑橘系のさわやかな香りの両方を楽しむことができるお茶なのである。同じオレンジで作られたハーブティーであるオレンジピールよりも甘い香りを楽しめるのも特徴のひとつ。そのため、オレンジの甘い香りを楽しみたいという場合には、オレンジピールよりもオレンジブロッサムを選ぶほうがおすすめだ。味もクセがなく優しく飲みやすいが、ほのかに苦みがあるのが特徴だ。

シングルティーがおすすめオレンジブロッサムティーはビターオレンジの花から作られたハーブティーなので、もちろんノンカフェインの飲み物である。また、ほのかな苦みを感じることもあるものの、柑橘系の甘さとさわやかさを楽しめるので、子どもからご高齢の方まで、幅広い年齢層の人に楽しんでもらえるハーブティーでもある。
そのため、シングルティーでも十分に美味しく飲むことができるハーブティーだ。しかし、ほのかにある苦みが苦手である場合には、好みではちみつを加えてまろやかにしてから飲むのもよいだろう。

3. 美味しいオレンジブロッサムティーの飲み方

ティスプーン1~2杯分のオレンジブロッサムの茶葉に対して、お湯を150~200ml注ぐ。約5分蒸らすと美味しく飲むことができる。オレンジブロッサムは香りが飛びやすいハーブなので、購入後はなるべく早く飲むほうが、柑橘系の甘い香りをしっかりと楽しむことができる。

ブレンドティーも美味しく楽しめる

オレンジブロッサムティーはクセがないハーブティーであるため、シングルで飲んでも美味しいが、ほかのハーブとのブレンドティーとしても楽しむことができるので、ぜひともブレンドティーでも楽しんでもらいたい。

おすすめのブレンドの組み合わせは、レモングラスやレモンバーム、オレンジピール、ローズヒップ、リンデン、ラベンダー、カモミール、ジャスミンなどである。オレンジブロッサムは比較的ほかのハーブとの相性がよいので、3~4種類をブレンドしても美味しく楽しむことができる。

また、ハーブティー以外にも紅茶との相性もよいので、紅茶とブレンドするのもおすすめである。ブレンドティーとして、ほかのハーブとブレンドして使用する場合、ブレンドするハーブとオレンジブロッサムを、できるだけ同じ大きさにキッチンバサミなどでカットしてから使用することで、より美味しいブレンドティーを楽しむことができる。

結論

甘いフルーティーな香りが好きな人にはぜひとも飲んでもらいたいハーブティーでもあるオレンジブロッサム。精油のネロリの原材料にもなるオレンジの花を使用しているので、柑橘の香りをしっかりと楽しめる。オレンジブロッサムは手に入れやすいハーブなので、ぜひ一度飲んでみてはどうだろうか。そして、自分にぴったりなオリジナルブレンドティーを見つけるのもおすすめだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ