このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
余った【カクテキ】はどう保存する?冷蔵・冷凍どっちが正解!?

余った【カクテキ】はどう保存する?冷蔵・冷凍どっちが正解!?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2019年12月16日

日本でもすでに定番の韓国料理となっているキムチ。そんなキムチの中でもカクテキは人気のキムチだ。自宅でも意外と簡単に作れるカクテキだが、どのように保存するのが良いのだろうか。この記事では、カクテキの正しい保存方法について解説する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カクテキの正しい保存方法を徹底解説

キムチの一種であるカクテキは発酵食品なので、とくになにもしなくても長期間保存できるのでは?と思っている人もいるかもしれないがそれは間違いである。

カクテキは上手に保存しないと味は確実に低下する

確かに一定期間保存しておくことはできるが、保存している間も発酵はどんどん進んでいくため、上手に保管をしないと酸味が増して味の質が低下する。カクテキの特徴を正確に把握し、そのうえで適切な保存方法をとる必要がある。

カクテキは消費する量を考えて購入しよう

カクテキの場合、自作したか、市販で購入したかによって保存できる期間が異なってくる。自作したカクテキが保存できる期間は約1週間程度、市販で購入したカクテキが保存できる期間は約2週間程度だ。そのため、時間をかけてゆっくりとカクテキを消費することが前もって分かっている場合は、市販のカクテキを購入することをおすすめする。

2. カクテキを冷蔵保存する時の注意点を紹介

カクテキは密封容器に入れチルド室で保存

自作したカクテキや購入した開封済みのカクテキを冷蔵保存する場合は、密封できる容器に入れて、さらにその容器をジッパー付き保存袋などに入れたうえでチルド室で保管するとよい。密封できる容器と袋の2つを使って二重に保管すれば、カクテキ特有のにおいが冷蔵庫内に充満することを防げるため、ぜひ試してみてほしい。もし、それでもカクテキのにおいが気になる場合は重曹や消毒用エタノールを使って冷蔵庫内を掃除すれば、においを中和できるので覚えておくと便利だ。

また、カクテキはできるだけ低温の環境で保存するのが好ましいため、冷蔵庫内でもとくに温度の低いチルド室での保管がおすすめだ。ちなみに、購入した未開封のカクテキを保存する場合は、わざわざ密封できる容器や袋に入れる必要はなく、そのまま冷蔵保存して問題ない。

3. カクテキを冷凍保存する時のポイントは?

カクテキの質を維持するなら冷蔵保存がおすすめ

カクテキの質をできるだけキープしたいのであれば、冷凍保存よりも冷蔵保存をしたほうがおすすめだ。カクテキのメインの材料である大根は水分が多いため、冷凍保存をしてしまうと、解凍した際にシャキシャキ感が損なわれてしまうおそれがある。

質より保存期間を重視するなら冷凍保存もできる

しかし、食感が多少落ちても構わないという場合は、冷凍保存をしたほうが長く持たせることができる。

もし、カクテキを冷凍保存するのであれば、カクテキを密封できる袋に入れて、できるだけ空気を抜いてから袋を閉じ、冷凍庫で保存をするとよい。冷凍したカクテキの賞味期限は1ヶ月程度だが、冷凍している間も時間の経過とともに味や食感の質は低下していくため、できるだけ早いうちに消費することを心がけよう。

4. カクテキを解凍する際のおすすめの方法

カクテキをフライパンで解凍する方法

カクテキを解凍する場合、常温での自然解凍や電子レンジを使ってしまうと水分がたくさん出てしまい、味の薄いカクテキになってしまうリスクがある。そのため、冷凍したカクテキを解凍する場合は、油をひいて軽く熱したフライパンなどで一気に加熱をして、水分を飛ばしながら温めるのが重要だ。解凍したキムチを使ってそのまま炒め物を作りたい時や、とにかく急いで解凍したい時はこの方法を使うとよい。

カクテキを流水で解凍する方法

もしくは、凍ったカクテキが入っている袋ごと水につけておき、流水解凍をするのもひとつの方法である。フライパンで加熱するよりも時間はかかるが、味が薄くなるのを軽減することができ、なおかつ油や火を使う必要がないため「炒め物風のカクテキになってしまうのを避けたい」と思う時にぜひ試してみてほしい。

結論

カクテキは漬物の一種なので、長期間の保存に強いという印象をもたれがちだが、実は意外と繊細な食べ物である。そのため、質のよい状態でカクテキを保存したいのであれば、できるだけ冷蔵保存をし、どうしても食べきれない時だけ冷凍保存をするようにしよう。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ