このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ミルフィーユ鍋】カマンベールチーズで味も満足感も大幅アップ!

【ミルフィーユ鍋】カマンベールチーズで味も満足感も大幅アップ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささき ともみ)

2020年1月 5日

ミルフィーユ鍋はそのまま食べても美味しいが、アレンジするのもおすすめだ。特におすすめしたいアレンジ方法は、カマンベールチーズを加える方法だ。この記事では、ミルフィーユ鍋とカマンベールチーズの美味しい組み合わせ方について紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. カマンベールチーズとミルフィーユ鍋は相性バツグン!

カマンベールチーズは白カビに覆われたチーズで、濃厚な風味が特徴だ。少しクセがあるものの、慣れてしまえば美味しく食べることができる。また、外側は固めだが、中身は柔らかい。加熱するとさらに顕著になり、とろりとした食感を楽しめる。したがって、カマンベールチーズを鍋に入れれば、味が濃厚になるほか、食感が大きく変わる。

チーズ好きな人にはもちろん、白菜と豚肉だけではボリュームが足りないと感じる人や、変わった味を試してみたい人にもおすすめだ。また、白カビの香りは溶けることにより和らぐため、苦手な人も楽しめるだろう。もしホームパーティーなどでカマンベールチーズ入りのミルフィーユ鍋が出てきても、あまり身構える必要はない。

2. ミルフィーユ鍋へカマンベールチーズを投入、入れ方はシンプルでOK!

カマンベールチーズをどうやって鍋に入れるか。溶かしやすいのは、スライスチーズの要領で薄く切ったものだが、カマンベールチーズは表面の固さと中身の柔らかさから、小さく切りにくい。
そのため、思いきってカマンベールチーズをまるごと鍋に入れてしまうのがおすすめだ。多いように感じるかもしれないが、おおよそ2人前以上の鍋を使っているなら、ちょうどよい量だろう。
表面が固い分、そのままでは溶けにくいため、多少切り込みを入れてから鍋に加えるとよい。カット済みのカマンベールチーズを使う場合は、包装を開けてそのまま鍋に入れても問題ない。その際、見栄えをよくするなら、カマンベールチーズを元のホールの形に近付けて、鍋の中央に並べるとよいだろう。

3. カマンベールチーズにより、ミルフィーユ鍋の味付けの幅が広がる!

カマンベールチーズは、通常の味付けのミルフィーユ鍋に入れても美味しい。しょうゆや出汁など、和風の味との相性が意外とよいのだ。たとえば、ミルフィーユ鍋を煮込んでいる最中にカマンベールチーズを入れたくなっても、問題なく仕上げられる。ただ、カマンベールチーズを加えることにより、普段とは違う味付けも楽しみやすくなる。いくつか例を見ていこう。

トマト味

チーズと組み合わせて美味しい味の定番といえば、トマトだ。たとえば、ミルフィーユ鍋にトマト缶やトマトジュースを加えてみよう。トマト単体だと酸味が目立つため好みが分かれるかもしれないが、カマンベールチーズと組み合わせると味がまろやかになり、食べやすくなる。白菜や豚肉を洋風煮込みとして食べるのも面白いだろう。こしょうやコンソメを加えても美味しい。ほかにもハーブなど、洋風のアレンジの幅が広がるのが面白い。

チキン味

鶏肉からとったスープとカマンベールチーズを組み合わせるのも美味しい。定番は鶏ガラスープではあるが、たとえば鶏肉を茹でたあとの茹で汁を使うと、よりすっきりとした味わいになる。こしょうなどの洋風スパイスを使えば、カマンベールチーズとの相性がよくなる。中華風の味付けにしてもよいが、中華風スパイスとチーズとの組み合わせは好みが分かれるかもしれない。興味のある人は試してみるのもよいだろう。
ほかにも、カマンベール自体が熟成したものかどうかによっても、味が異なってくる。それに応じてスープの味付けの相性も多少は変わる。より美味しい味付けを突き詰めたい人は、カマンベールチーズ選びからこだわってみるのもよいかもしれない。

結論

ミルフィーユ鍋をアレンジしたいときは、カマンベールチーズを入れるのが、簡単に味を変えられるためおすすめだ。カマンベールチーズと相性のよい味付けは多く、アレンジの幅も広がるだろう。ぜひ一度試してみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ