このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【アイスワイン】はワイン初心者にもおすすめ!基礎知識を解説

【アイスワイン】はワイン初心者にもおすすめ!基礎知識を解説

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年1月29日

甘口でワイン初心者でも飲みやすいと評判のアイスワイン。甘い酒が好きな女性が集まる食事会や、スイーツと一緒にワインを楽しみたい時など、さまざまなシーンで活躍するアイスワインの魅力に迫ってみよう。ワインを飲んだことがない人でも、アイスワインなら「飲んでみたい」と思えるかもしれない。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. アイスワインとは?発祥の地は?

アイスワインとは、デザートワイン(超甘口のワイン)の一種で、凍ったブドウを使って作られることから、このような呼び名がついている。ブドウは一度凍らせることにより、糖度が一気に増す。なかには、あえて冬の寒さのなかでブドウを育て、自然冷凍したものをアイスワインの材料として使っている銘柄もあるのだ。

発祥地はドイツのフランコニア地方

アイスワインが生まれた地は、ドイツのフランコニア地方だといわれている。冬の寒さにより偶然凍ってしまったブドウを「もったいないから」という理由でワインの材料にしたところ、非常に甘みのあるワインができあがった。このことがきっかけでアイスワインは一気に広まっていったのだ。ちなみに、アイスワインを作り始めた当初は、ブドウを自然解凍させる方法が一般的だったが、現在ではブドウを人工的に凍らせて作る手法も一般的になっているようだ。

2. アイスワインのカロリーや糖質

アイスワインのカロリー

アイスワインの平均カロリーは、100mlあたり約160kcalほどである。比較的甘みのあるロゼワインでも平均カロリーは、100mlあたり約77kcalなので、アイスワインのカロリーはワインのなかではかなり高いといえるだろう。ワインのなかでもっとも甘いデザートワインの部類に入るため、このような数値が出るのも不思議な話ではない。

アイスワインの糖質

また、アイスワインの平均的な糖質は100gあたり約8gほどである。アイスワインに限らず、ワインの糖質はどれも低い傾向にあるため、糖質を気にしている人でも、比較的摂取しやすい酒といえる。
もし、アイスワインのカロリーや糖質が気になる場合は、ソーダで割るなどの工夫を取り入れるのもおすすめだ。さっぱりとした甘さや爽快感を感じることができるため、ぜひ試してみてほしい。

3. アイスワインの飲み方

それでは、アイスワインのおすすめの飲み方について紹介していこう。アイスワインは適切な温度に冷やし、適切なグラスで飲むことによって、非常に美味しく飲むことができるのだ。アイスワインを購入した際は、ぜひ試してみていただきたい。

しっかりと冷やして飲むと美味しい

アイスワインがもっとも美味しく感じられる温度は、10℃以下だといわれている。ワインセラーがある場合はワインセラーで保管し、ない場合は10℃以下になる冷暗所で保管しておこう。ちなみに、冷蔵庫で保管してしまうと、冷えすぎてしまう恐れがあるため、あまりおすすめできない。
アイスワインがもっとも美味しく感じられる温度は、10℃以下だといわれている。ワインセラーがある場合はワインセラーで保管し、ない場合は10℃以下になる冷暗所で保管しておこう。ちなみに、冷蔵庫で保管してしまうと、冷えすぎてしまう恐れがあるため、あまりおすすめできない。

フルートグラスを使うとよい

アイスワインの味や香りをしっかりと感じながら飲みたいのであれば、フルートグラスを用意しておくとよい。フルートグラスとは、シャンパンなどを注ぐ時によく使われる細長いグラスのことだ。アイスワインの芳醇な香りや甘さをダイレクトに感じられる形のグラスになっているため、購入しておくことをおすすめする。

4. 甘口なアイスワインが苦手な人には

なかには「アイスワインをもらったけど、あの甘さが苦手」という人もいるだろう。そんな人はぜひ以下2つのアレンジ方法を試してみてほしい。アイスワインの甘さが緩和された大人っぽいテイストへと変化するのでおすすめだ。

ワインゼリーの材料として使う

甘いワインをひたすら飲むのは苦痛かもしれないが、いっそのことその甘さを活かして、スイーツへとアレンジしてしまえば、案外美味しく感じられる。
アイスワインの分量に注意しながら、甘さ控えめのワインゼリーを作れば、甘いものが苦手な人でも食べやすいさわやかなゼリーへと早変わりする。

バニラアイスにかけて食べる

「激甘のアイスワインに参ってしまった」という場合は、バニラアイスにアイスワインを垂らして食べる方法もおすすめだ。バニラアイスにほんの数滴だけアイスワインをかけて食べれば、バニラアイスの味によってアイスワインの味が緩和するため、 非常におすすめの食べ方である。

結論

アイスワインは甘い酒が好きな人におすすめな贅沢なワインである。甘い酒が苦手な人もひと手間アレンジを加えると、甘さ控えめの大人っぽい味わいを楽しむことができる。気になる人はぜひ一度味わってみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ