このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
中華料理【かに玉】を美味しく作る豆知識5選!カロリーオフ方法も

中華料理【かに玉】を美味しく作る豆知識5選!カロリーオフ方法も

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年3月25日

かに玉といえば、かにの身や野菜が入った大判の卵焼きのうえに、たっぷりの甘酢あんをかけて食す料理。卵のふわふわとした食感、かにの香り、そして甘酸っぱいあんが食欲をそそる逸品である。今回は、そんなかに玉の作り方やアレンジ方法などを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 美味しいかに玉の作り方

かに玉を美味しく作るための、食材選びや下ごしらえのポイントを紹介する。まず、メイン食材のかには茹でたもの・缶詰のどちらを使ってもよい。また、しいたけは生・乾物のどちらでも構わないが、やわらかい食感に仕上げたいなら生しいたけを、香り高く仕上げたければ干ししいたけを使うのがよいだろう。

下ごしらえのポイントは、かにの軟骨や殻を丁寧に取り除くこと。かに玉はやわらかい食感の料理であるため、硬い殻などが混入すると一気に美味しさを損ねてしまうのだ。また溶き卵は、サッと混ぜる程度にするのがコツである。卵を溶きすぎると、コシが損なわれ、ベチャッとした仕上がりになってしまうのだ。
この記事もCheck!

2. かに玉のカロリーをオフする方法

かに玉は、かにや野菜が入った卵焼きのうえに、砂糖を使った甘酢あんをたっぷりかけて食す料理である。また、かに玉を焼く際には多量のサラダ油を使用して、ふわふわ食感に仕上げる。そのため、かに玉のカロリーや糖質が気になるという人もいるだろう。

かに玉のカロリーを抑えるには、サラダ油の量を減らし、卵液にマヨネーズを加えるのもひとつのアイデアだ。マヨネーズには加熱によって卵のたんぱく質が硬くなることを防ぐ効果があるため、ふわふわ食感を再現できる。また甘酢あんを減らしてカロリーオフを狙う方法もある。ただ、甘酢あんを減らしすぎると、かに玉の満足感も損なわれてしまうため、甘酢あんに使用する砂糖を希少糖に変更し、あんの量を確保するのもおすすめだ。
この記事もCheck!

3. かに玉のあんの味付けアイデア紹介

かに玉といえば、しょうゆ・砂糖・酢・酒などで構成された甘酢あんをかけて食すのが一般的である。しかし実は、関西では酢を入れないしょうゆ味のあんがメジャーなのだそう。またしょうゆベースのあんにオイスターソースを加え、より中華の要素を感じられるかに玉もある。そのほか、塩ベースのあんや白出汁を使った和風あんも旨い。さらにチリソースをかけたアジアンテイストなかに玉など、さまざまな味付けにアレンジすることができる。
この記事もCheck!

4. かに玉とごはんで作る関東風天津飯

かに玉は中華料理だが、ごはんのうえにかに玉を乗せた天津飯は日本で生まれた料理だといわれている。とはいえ、旨い天津飯を作りたければ、ただ単にかに玉をごはんのうえに乗せるのではなく、ごはんに合う味付けにするのがポイントだ。甘酢あんには、紹興酒を入れて香りを出したり、ケチャップを入れて甘酸っぱさを出したりするのがおすすめ。また天津飯のごはんを、チャーハンや焼きおにぎりにアレンジすると、味や食感に変化のある美味しい天津飯を作ることができるだろう。
この記事もCheck!

5. かに玉の材料を活用した献立紹介

かに玉作りの材料が余った際に、気軽に作ることができる献立を紹介しよう。まず、かにの身が余った場合には、かに玉サラダやかにの茶わん蒸しを作るのがおすすめである。また、かに玉作りで余った食材すべてを活用できるのがかに玉スープである。お湯に鶏がらスープや中華スープを溶かし、かにの身を加える。そしてしょうゆ・酒・塩などで味を調えたあと、水溶き片栗粉でとろみを付け、最後に溶き卵を入れる。卵に少し火が通ったところで火を消し、余熱で卵を固めれば美味しいかに玉スープの完成である。
この記事もCheck!

結論

かに玉の基本の作り方やかに玉のカロリーを抑える方法、そしてさまざまなアレンジ方法をご紹介した。基本のかに玉は、卵・かに+身近な調味料のみで手軽に作ることができる料理である。ぜひ、家庭で旨いかに玉を作ってほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ