このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
本格的な【レアチーズケーキ】の作り方!オーブンなしでも作れる!

本格的な【レアチーズケーキ】の作り方!オーブンなしでも作れる!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

2020年2月13日

ケーキ屋では必ず目にする定番ケーキのひとつが、レアチーズケーキである。さわやかな酸味と食感を持つレアチーズケーキは、1年を通して美味しく食べることができる。また、オーブンを使わずに自宅で作ることができるケーキであることも、人気の秘密である。本格的なレアチーズケーキの作り方について解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 各国でバラエティー豊かなチーズケーキ

チーズケーキは世界各国で様々な形で作られている。チーズケーキの歴史は古く、なんと古代にまでさかのぼるのである。

チーズを使った料理は古代から存在

一般的にチーズケーキといっても、さまざまな種類が存在する。ベイクドやレアー、またスフレなどのチーズケーキはその例である。チーズケーキの歴史を紐解けば、実は古代ギリシア時代のオリンピック勝者に捧げられていたのがチーズケーキだとされている。古代ローマ人も、チーズを使ったお菓子を好んだという文献も残っている。もっとも専門家によれば、われわれが口にするチーズケーキとは当時のケーキは様相を異にしていたようではあるが。
チーズケーキというとアメリカや英国を思い浮かべる人も多いかもしれないが、日本には抹茶風味のチーズケーキがあるように、様々な国で多種多様なチーズケーキが作られている。ラテンアメリカではジャムが、アイスランドではスキールが、フィンランドではベリー類が、モンゴルではジンジャーが、チーズケーキと組み合わされているのだ。

2. 混ぜる・固める・冷やすが基本のレアチーズケーキ

今回紹介するレアチーズケーキは、オーブンを使わなくても、材料を混ぜて固めて冷やすという単純作業によって作ることができるのだ。では、レアチーズケーキ基本的な作り方を紹介しよう。

サクサクの土台とまろやかな生地からなるレアチーズケーキ

レアチーズケーキの最大の特徴は、ビスケットからなるサクサクとした土台とまろやかで酸味のきいた生地から構成されていることであろう。土台の部分は、市販のビスケットを粉々にして作り、生地の部分は、クリームチーズ、サワークリーム、生クリーム、レモンの果汁、ゼラチン、砂糖で作られることが多い。サワークリームの代わりに、酸味のあるナチュラルヨーグルトを使用すればあっさりとしたヘルシーなレアチーズケーキとなる。また、あえてレモン汁やヨーグルトを使わず、クリームチーズのコクを際立たせることもある。この生地を、土台に敷いた粉々のビスケットの上に混ぜて型に流し込み、半日ほど冷やするとレアチーズケーキが出来上がる。

レアチーズケーキはアレンジできる

基本の作り方さえおさえれば、レアチーズケーキは様々なアレンジが加えられる。フルーツやナッツ類で飾ったりチョコレート風味、抹茶風味にしたりと、それぞれの嗜好によって楽しむことができるのだ。酸味がきいた生地は、いかなるフルーツとも相性がよいのだ。

3. 本格的なレアチーズケーキを作るためのコツとは

プロが作るようなレアチーズケーキを作るコツは、生クリームにある。生地に加える生クリームは、そのまま入れても十分に美味しいが、ひと手間加えて生クリームを6分立てにすると、レアチーズケーキはさらにふんわりと軽い口当たりに仕上がる。泡だて器を使えばものの数分の手間である。ぜひ挑戦してみてほしい。

結論

レアチーズケーキは、季節を問わず美味しく食べることができるお菓子だ。酸味がきいた爽やかな味わいは、甘いものが苦手な人も美味しく食べることができるだろう。土台のサクサク感と生地のまろやかな食感の組み合わせを、ぜひ自宅でも作って楽しんでみてほしい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >