このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
レンコンサラダを美味しく作るコツを紹介!加熱調理がオススメ!

レンコンサラダを美味しく作るコツを紹介!加熱調理がオススメ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年4月25日

サラダの具材にレンコンを使うことがある。カフェのランチなどで見かけることもあるのではないだろうか。せっかくなので、レンコンサラダを自作してみるのもよいだろう。いくつか気をつけるポイントはあるものの、基本的には簡単だ。本記事で、レンコンサラダを美味しく作るためのコツを紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. レンコンは栄養豊富、サラダでも積極的に食べたい!

レンコンの魅力といえば食感をイメージしがちだが、それだけではない。レンコンには、ビタミンCをはじめとしてミネラルや食物繊維などが幅広く含まれているのだ。カロリーは決して高いわけではなく、体重制限中の人でも安心して食べられるだろう。したがって、積極的に食べて栄養を摂りたい。

レンコンは煮物に使って食べることが多いかもしれないが、もっと手軽にサラダとして食べるのもおすすめだ。土臭さが苦手な人も、サラダなら気にならないだろう。食感を活かして、美味しいサラダを作ってみよう。

2. サラダにするならおさえたい!レンコンの味をよくするポイント

レンコンをサラダに使うにあたり、味をよくするために意識したいポイントがある。確認していこう。

アク抜きをする

レンコンにはポリフェノールが含まれている。嬉しい栄養ではあるのだが、これはアクであり、サラダとして食べる際には渋みとして感じられる。そのため、レンコンサラダを作る際には切ったレンコンを水にさらし、アク抜きをするとよい。ポリフェノールは抜けてしまうものの、レンコンがすっきりとした味わいになるため食べやすくなる。見ためも白くなりきれいなので、サラダにする場合にはアク抜きをするのがおすすめだ。

マヨネーズを使うのが定番

レンコンはマヨネーズとの相性がよい。したがってレンコンサラダを作るなら、マヨネーズは味付けの定番だ。マヨネーズを使えば、幅広い食材と組み合わせられる。にんじんなどのほかの根菜と合わせてもよいし、卵やハム、ベーコンなどのたんぱく質と合わせても美味しい。また、さっぱりした味を活かして、グリーンサラダやポテトサラダの具材として混ぜるという手もある。レンコンといえば和風の食材というイメージがあるかもしれないが、洋風料理にもよく合うのだ。セロリや大根のように、歯ごたえのある野菜の一種として考えればわかりやすいだろう。

3. レンコンの加熱で、サラダにひと味違う食べごたえを!

レンコンをサラダに使う場合は、生に限らなくてもよい。少し手を加えれば、サラダにひと味違うアクセントを追加できる。例を見ていこう。

素揚げ

たとえば、薄く切ったレンコンを素揚げにして使うのもよい。パリパリした食感になり、香ばしさも出る。通常のサラダに使ってももちろん美味しいが、レンコンの素揚げは肉などのしっかりした味ともよく釣り合う。たとえば豚肉サラダに加えれば、食べごたえたっぷりの料理に仕上がる。こってりしたドレッシングやソースとの相性もよいだろう。野菜の素揚げが好きな人は、ぜひ素揚げレンコンをサラダに使ってみてはどうだろう。

焼く

香ばしさを出しつつシャキシャキの食感も残したいのなら、レンコンを少し厚めに切って焼いてみるのもよい。厚い分ボリューム感があるため、たとえばサラダの食べごたえを増やすために加えるのがおすすめだ。また、鶏肉などと組み合わせても美味しいだろう。

レンコンは、煮物でも肉と相性がよい。同様に、サラダにアクセントとして肉を加えたい場合などは、加熱したレンコンを使えば味がブレンドされ、美味しくなるはずだ。野菜だけのサラダに飽きた人は、ぜひ試していただきたい。

結論

レンコンは栄養が豊富で、かつカロリーも高くない。サラダに使うのにはうってつけだといえる。アク抜きを行えば渋みが取れ、マヨネーズを中心にさまざまな味付けで美味しく食べられる。さらにひと工夫したければ、レンコンを揚げるなり焼くなりして香ばしさと食感をプラスしてもよい。いろいろ応用がきくので、ぜひレンコンをサラダでも積極的に楽しんでいただきたい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ