このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オムライスのためのバターライスの作り方を伝授!赤も白もおいしい!

オムライスのためのバターライスの作り方を伝授!赤も白もおいしい!

投稿者:ライター 井澤佐知子(いざわさちこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年4月24日

オムライスに使用するバターライスは、赤色のそれを愛する人が多いかもしれない。バターの香ばしい香りとトマトの酸味が妙なるハーモニーを生み出すオムライス、そのレシピは多々存在する。一方で、シンプルな白のバターライスを好む人ももちろん、美味しいオムライスを楽しめるのはいうまでもない。オムライスにふさわしさまざまなバターライスを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 最も一般的なオムライス用バターライスの作り方

オムライスに使用するバターライスは、たいていは炊飯器で炊いたごはんを使用することが多い。もちろん、鍋から丁寧に作ったバターライスでも問題ないのだが、オムライスにする場合にはふっくらと炊飯器で炊けたごはんが美味しいという意見が多い。というわけで、炊飯器でごはんを炊いた場合のバターライスを紹介しよう。

●最も一般的なレシピは

オムライスを作るうえで使用するライスの最も一般的なレシピはこちらである。
フライパンにバターを溶かし玉ねぎや鶏肉を炒める。炊いたごはんをフライパンに入れて炒め、ケチャップを混ぜて塩や胡椒で味付けをする。コンソメ顆粒などでよりコクを出す人も多いかもしれない。

●生のトマトを使用して

ケチャップならばほどよく赤色になるオムライスのバターライスであるが、冷蔵庫にトマトが大量にある場合には、生のトマトでも美味しくできる。この場合は、トマトを細かく切っておく。バターを溶かしたフライパンにトマトを加える。好みで玉ねぎのみじん切りを加えてもよいだろう。トマトを2分ほど炒めたら、ごはんもフライパンに入れる。塩や胡椒で味を調えればできあがりである。生のトマトを使うと、バターライスの色もより自然な優しい色になる。ナチュラルなトマトの酸味も、バターの風味とよく合うのである。

2. 白いバターライスでオムライスを作る場合には

オムライスのごはんはケチャップやトマトソースで赤くするのが通常であるが、あえて白いバターライスで楽しむという方法もある。この場合には、どんな工夫をするとオムライスがより美味しくなるのであろうか。

●具材で抑揚をつけて

バターライスのみでオムライスを作る場合には、具材で抑揚をつけると美味しいだろう。たとえば、バターライスを作る際に玉ねぎを多めにしたりシメジやマッシュルームなどのキノコを加えたりしても美味しい。子どもがいる場合には、ソーセージやニンジンで彩りを加えてもきれいである。
逆に子どもがいない場合には、バターライスを作る工程でわずかにワインを加えると大人の味となる。

●濃厚ソースでバターライスの美味をいかす

また、オムライスの上にかけるソースにこだわるという方法がある。まず、オムライスの主役である卵は、とろとろにするとレストランのような外観となるうえ、バターライスと半熟の卵が混ざって絶妙の美味しさである。また、ライスをバター風味でシンプルにする場合には、オムライスにかけるソースをミートソースやデミグラスソースにするのがおすすめである。とくに、ケチャップが苦手な人でもひき肉と玉ねぎ、にんじんを煮込んだミートソースであれば、トマトの酸味を気にせずに美味しく食べることができる。

3. オムライス用のバターライスを炊飯器で

オムライス用のバターライスは、炊飯器でも調理可能である。洗った米、水、みじん切りの玉ねぎ、鶏肉などの具材、バター、ケチャップやトマトソース、そして味付けのための塩やコンソメを炊飯器の窯に入れて、よく混ぜてスイッチオン。
米や具材は、釜に入れる時にはよく水をきっておくのがコツである。子どもがいる場合は、ウィンナーやコーンを入れて色彩をよくするのも悪くない。また、ケチャップを加えないシンプルなバターライスも、炊飯器で炊いてオムライスにすることももちろん可能である。

結論

オムライスの具となるごはんには、バター風味がよく合う。定番の赤いタイプから、シンプルな白のバターライスまで、具材やタレにこだわってさまざまな選択がある。子どもがいる場合にはウィンナーを具にしたり、大人だけのオムライスであればソースに手をかけたりするというのも悪くない。状況に合わせて、美味しいオムライスを楽しんでほしい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ