このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【管理栄養士監修】スフレチーズケーキのカロリーや糖質|栄養図鑑

【管理栄養士監修】スフレチーズケーキのカロリーや糖質|栄養図鑑

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年4月15日

ふわふわの食感とチーズの味わいという鉄板の組み合わせがたまらない「スフレチーズケーキ」。軽い食感であるため何個でも食べられそうだが、美味しいスイーツはカロリーが高いというのがお約束だ。気になるスフレチーズケーキのカロリーや最近注目を浴びている糖質量について探っていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. やっぱりスフレチーズケーキのカロリーは高い!

ケーキは小麦粉や卵、牛乳などさまざまな材料を使って作られる。高カロリーの食材を多く使っているため当然ながらケーキもカロリーが高くなる。チーズケーキの場合はさらにチーズを加えるため、その分カロリーは高くなる。チーズの種類はいろいろあるのだが、ケーキ作りでは柔らかく扱いやすいクリームチーズが使われることが多く、スフレチーズケーキでもクリームチーズが使われる。

メーカーによって多少の変動はあるものの、クリームチーズ100gあたりのカロリーは346kcalとされている。直径15cmまたは18cmサイズにスフレチーズケーキには200gのクリームチーズが使われることが多く、チーズのカロリーだけで692kcalにもなるわけだ。そのほかに小麦粉や卵、牛乳のカロリーが加わるため、すべての材料のカロリーを含めると1ホールのカロリーは1000kcalを優に超える。ものによっては同じサイズのケーキでも1500kcal近くになる場合もある。1ホールをそのまま食べることはないが、8等分に切った場合でも150~200kcal近くになるため、やはりスフレチーズケーキは高カロリーだといってよいだろう。

2. スフレチーズケーキに含まれる栄養素は?

高カロリーであるスフレチーズケーキには脂質も多く含まれている。そもそも牛乳や卵などの動物性食品には少なからず脂質が含まれているが、さらに脂質量を増やしているのがクリームチーズで、脂質量は100gあたり33gにもなる。クリームチーズの濃厚な味わいとふわふわの食感の対比がスフレチーズケーキの美味しさの秘密なのだが、脂質の摂り過ぎに繋がりかねないため注意が必要だ。

高カロリーかつ高脂質と聞くと悪いイメージを持ってしまうが、チーズをふんだんに使っているということはカルシウムの摂取が期待できる。期待通りクリームチーズ100gあたりにはカルシウムが70mgも含まれているため、スフレチーズケーキを食べることでカルシウムを摂ることができる。しかし当然ながらカルシウムを摂ることを目的にしてスフレチーズケーキを食べてしまうとカロリーの摂り過ぎになってしまうため、スフレチーズケーキにはカルシウムが含まれているという認識で止めておいたほうがよいだろう。

3. スフレチーズケーキは糖質も多い?

最近では低糖質スイーツも多く販売されるようになり、糖質制限中でもスイーツを楽しめるようになってきた。だが、ケーキの場合は糖質の多い小麦粉を使っているため、必然的に糖質量が多くなりやすい。ちなみに小麦粉100gあたりの糖質量は約73gである。また、スイーツづくりに欠かせない砂糖が一番厄介で、砂糖100gあたりの糖質量は100gである。つまり、砂糖の重量はそのまま糖質量となるわけだ。ケーキ作りに砂糖は欠かせないため、糖質を抑えたい場合は使用量を減らすか代替甘味料を使うしかない。

一方で卵や牛乳、クリームチーズなどの動物性食品は100gあたりの糖質量が5g未満であるため、クリームチーズをたっぷり使っているからといって糖質量が大幅に増えるわけではない。ただしケーキ自体が糖質を多く含む食品であることに変わりないため、糖質を抑えたいときは食べるのを控えるようにしよう。

4. スフレチーズケーキをカロリーオフする方法

購入したスフレチーズケーキをカロリーオフするには食べる量と機会を減らすことしかできないため、スフレチーズケーキ自体をカロリーオフしたいならば自分で作らなければならない。砂糖やクリームチーズの量を減らしたり、低脂肪牛乳や代替甘味料を使ったりすれば、少しでもカロリーを減らすことができる。

さらに効果的なのが、小麦粉の代わりに豆腐で生地を作る方法だ。カロリーを大きく減らすことができるだけでなく、糖質も減らすことができる。豆腐で作る場合は絹豆腐を使おう。なめらかな食感の豆腐を使うことで、より簡単に口溶けのよいスフレチーズケーキを作ることができる。またクリームチーズの代わりにカッテージチーズを使うと、同じ200g使っても約200kcalも減らすことができる。カッテージチーズを使う場合は、クリームチーズのような酸味はないため、レモン汁を加えるのがポイントだ。これらの方法を組み合わせればカロリーを抑えたスフレチーズケーキが作れる。

結論

クリームチーズはカロリーが高いので、クリームチーズをたっぷり使ったスフレチーズケーキも当然ながらカロリーが高い。1ホール1500kcal近くなる場合もあり、食べ過ぎには注意が必要だ。また高脂質かつ高糖質でもあるため、体重を気にしている時にはなるべく食べるのを避けたい。もしどうしても食べたくなった場合は自分で豆腐などの代替食品を使ったスフレチーズケーキを作るのもテだろう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ