このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ガラムマサラ】の栄養や作り方、保存方法を紹介!カレー粉との違いは?

【ガラムマサラ】の栄養や作り方、保存方法を紹介!カレー粉との違いは?

投稿者:ライター 筒井千菜実(つついちなみ)

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年4月 4日

数種類のスパイスが配合され、香り付けに使われることの多いガラムマサラ。インドでは家庭の味として使われているほどポピュラーなスパイスだが、日本の家庭ではカレーを作る際に使う程度だろう。あまり馴染みのないガラムマサラだが、料理に使うことで奥深さや、ふくよかな香りをプラスすることができる。今回はそんな香り付けスパイス、ガラムマサラの保存方法や料理のコツについて紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ガラムマサラのカロリーと栄養素のお話

スパイスであるガラムマサラのカロリーは一体どれくらいなのだろうか。実際、メーカーによって配合されているスパイスの量が異なるのでこれといった数値を出すのは難しい。そこで複数のメーカーの平均を取ったところ、ガラムマサラ100gにおけるカロリーは比較的高いという結果が出た。しかし、ガラムマサラは少量で充分香りや風味を足すことができるので、一度にたくさん使う機会はあまりないだろう。よって、カロリーはそこまで気にしなくてよいといえる。

次は栄養素について。ガラムマサラによく配合されているスパイスにはクローブ、ナツメグ、シナモンが代表としてあげられる。クローブやナツメグには体内の塩分を排出してくれる働きを持つカリウム、シナモンには骨を強くするといわれているカルシウムが含まれている。一日の必要量を補える量の栄養素を摂取できるわけではないが、豆知識として覚えておいてほしい。
この記事もCheck!

2. 自分好みのアレンジ!ガラムマサラの作り方

ガラムマサラに使うスパイスにはとくに決まりがないため、自分好みの香りや辛さに作ることができる。簡単な手作り方法は、市販のガラムマサラに好みのスパイスをブレンドすること。その際、粉末状のスパイスを購入すると、より手軽に作ることができる。本格的なガラムマサラを作ってみたいという人は、生のスパイスを買い揃えるのが一番。すり鉢で砕いたり、乾煎りしたりなど手間はかかるが、完成したガラムマサラは世界にひとつだけのオリジナルブレンドスパイスとして楽しめるだろう。生のスパイスを使って作ったガラムマサラは本格的がゆえに、香りの刺激が強め。慣れるまでは乾煎りしたスパイスを使うとよい。
この記事もCheck!

3. 手作りしたガラムマサラの保存方法は?

ガラムマサラを手作りした場合、湿気の少ない冷暗所で、空気に触れないように密閉度の高いタッパーやガラス瓶に入れて保存しよう。一見冷蔵庫での保存は問題なさそうにも思えるが、中と外とでの温度差により湿気てしまうこともあるのであまりおすすめではない。乾煎りしたスパイスを使って作ったガラムマサラは一か月程度もたせることができるが、生のスパイスは鮮度がどんどん落ちるのでなるべく早めに使い切ろう。使うたびに少しずつ作ることが理想ではあるが、実際は一度にたくさん作っておきたいものだ。まとめて作っておきたい場合は冷凍保存がおすすめ。ガラムマサラは冷凍しても解凍の必要はなく、使いたいときにすぐ使うことができる。
この記事もCheck!

4. ガラムマサラとカレー粉の違いとは

カレーを作る際に使うイメージのガラムマサラ。では、ガラムマサラとカレー粉とでは何が違うのだろうか。複数のスパイスが調合されて作られているガラムマサラとカレー粉の大きな違いはひとつ。ターメリックの有無だ。カレー粉には色味付けとしてターメリックが使用されているが、ガラムマサラには使われていない。

さまざまな場面で活躍するガラムマサラは、カレー粉とはまた違った奥深い味わいが料理にプラスされる。ガラムマサラの風味を損なわないためのポイントは、調理の最後に加えること。火を止める直前や最終仕上げのタイミングで加えることで香りが飛ばず、ガラムマサラ100%の風味を感じることができるだろう。
この記事もCheck!

結論

ガラムマサラは、ほんのちょっとの使用で料理をワンランクもツーランクも引きあげてくれる香辛料ということが分かった。どうせなら、自作のガラムマサラを使った料理で、もてなしたいところだ。これを機にガラムマサラの魅力にはまってみてはいかがだろうか。
  • 更新日:

    2020年4月 4日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ