このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【てこね寿司】とは?魚好きにはたまらない隠れた逸品を紹介!

【てこね寿司】とは?魚好きにはたまらない隠れた逸品を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年4月12日

生魚を使った寿司の一種にてこね寿司がある。非常に美味しい料理なのだが、名前を聞き慣れない人も多いのではないだろうか。てこね寿司はとある地域の郷土料理であり、由来もしっかりしているのだ。実は自作も可能で、手軽に楽しめる。本記事では、てこね寿司の実態や作り方について紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. てこね寿司は、伊勢志摩地方の郷土料理!

てこね寿司は、伊勢志摩地方の郷土料理だ。農林水産省認定の郷土料理百選にも選ばれており、地方を代表する料理のひとつといえる。しょうゆダレに漬け込んだカツオあるいはマグロを酢飯や薬味と混ぜ合わせて作る。とくに魚好きな人にとっては嬉しい。志摩市にはてこね寿司を出す店が数多く、観光の目玉のひとつとしてアピールされている。てこね寿司を目当てに伊勢志摩を訪れる観光客も多いのではないだろうか。

2. てこね寿司の発祥は、漁師料理と考えられる

てこね寿司は、元々は船上で食べられた漁師料理といわれる。漁船での作業は体力勝負で、時間との戦いでもあり、ゆっくり食事をする時間がないことも多い。そのような忙しさの中では、手っ取り早く食べられ、かつ栄養のある料理が必要となる。そこで漁師たちは、漁船で獲れた魚をしょうゆと一緒に酢飯に混ぜ、簡単な寿司として食べていたようだ。

酢飯を使ったのは味のよさもあるだろうが、砂糖の分だけカロリーを多く摂れるというメリットもあったのではないだろうか。このような事情から、魚を入れた寿司が食べられたと考えられる。ちなみに、魚と酢飯を混ぜる際に手を使ったことから、てこね寿司と呼ばれるようになったようだ。てこね寿司は漁師だけでなく、港で作業する人々にも親しまれたようだ。こういった経緯があり、伊勢志摩地方の郷土料理として定着したと考えられる。

港町の人々にとっては身近な料理である一方、ほかの土地から訪れる人々にとっては新鮮な魚はご馳走で、それを寿司にするとなると豪華な料理だと捉えられる。そのため、てこね寿司は観光客に人気となり、もてなしの料理として扱われるようになったのではないだろうか。

3. 自宅でも簡単にてこね寿司を作れる!

由来からわかるように、てこね寿司は簡単に作れる料理だ。新鮮な魚が手に入れば、ぜひ作ってみたい。

魚を漬ける

自作する場合は、カツオやマグロ以外の魚を使ってみるのもよいだろう。新鮮な魚を食べやすい大きさに切り、しょうゆダレに漬ける。たとえばひと晩くらい、じっくり時間をかけたくなるかもしれないが、漬け過ぎると塩辛くなってしまう。長くて数時間程度のほどほどに留めておくのがおすすめだ。しょうゆダレにはみりんや出汁を加えると美味しい。

薬味の準備

魚と酢飯だけでてこね寿司を作っても美味しいが、せっかくなら薬味を加え、さらに風味を豊かにしたい。定番といえるのは海苔や青じそだ。海苔は刻まれたものか、手で揉んだものを使えばよいだろう。青じそは酢飯全体に混ぜ込めるよう、細く刻むのがおすすめだ。青じそが好きな人は、切らずにまるごと使うのもありだ。

酢飯の準備

ごはんを少し固めに炊いて、砂糖や酢を加えよく混ぜる。水分が多いように見えるが、しばらくすると飛んでほどよい水気になる。合わせ酢の配合を変えて好みの味に仕上げるとよい。面倒な場合は、市販の寿司酢を使っても問題ない。

具材と酢飯を混ぜる

ひと通り準備が終わったら、あとは具材と酢飯をよく混ぜればよい。元々は素手で混ぜたという説もあるが、もちろんその必要はない。火傷しないよう、しゃもじなどで混ぜるのがおすすめだ。あまり置いておくと魚に熱が入り過ぎてしまうので、できたてを食べてしまおう。

結論

てこね寿司は漁師料理が元となったとされる。新鮮な魚を楽しめ、栄養も豊富なことから郷土料理として定着したと考えられ、観光客にも人気の料理となっている。伊勢志摩地方を訪れる機会があれば、ぜひ一度食べてみてはどうだろうか。また、作り方が簡単なため、自作してみるのもおすすめだ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ