このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
フォンダンショコラの栄養や作り方を紹介!美味しく頂くコツとは

フォンダンショコラの栄養や作り方を紹介!美味しく頂くコツとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年5月23日

ふわっとしたスポンジを割ると、中からチョコレートが溶け出してくる「フォンダンショコラ」は、目でも楽しめるデザートのひとつ。そんな魅力的なフォンダンショコラの作り方や美味しい食べ方、気になるカロリーなどをまとめてみた。ひと手間かかっているように見えるデザート、フォンダンショコラの秘密を探ってみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. フォンダンショコラの栄養とカロリー

群を抜いて高カロリーなチョコレートとバターを使っているので、フォンダンショコラはひとつでも高カロリーになる。糖質も同様で、見た目は小さなサイズだが、侮れない値を示しているので食べすぎには注意が必要だ。しかし、栄養面を見てみるとチョコレートの原料であるカカオには、抗酸化作用や生活習慣病を予防できるという栄養素が豊富に入っている。食べすぎには注意だが、適量なら問題ないだろう。自分で作る場合には、砂糖を減らしたり、カロリーオフの材料を選んだりなどの工夫をするとヘルシーに食べることができる。美味しいものを楽しむには健康であることが大事なので、食べ方の工夫も大切になってくる。
この記事もCheck!

2. 簡単!フォンダンショコラの作り方

溶け出すチョコがポイントになるフォンダンショコラは、作り方が難しそうと感じるかもしれないが、実は混ぜて焼くだけというシンプルな方法で作ることができる。まず表面をサクッと仕上げるため、カップにバターとグラニュー糖を塗る。次にチョコレートとバターをレンジで溶かして混ぜる作業を何度か繰り返し、しっかり混ざったら沸騰直前の生クリームを入れる。そこに、グラニュー糖と卵を白くなるまで混ぜたものを入れ、滑らかになるまで混ぜる。最後に薄力粉とココアパウダーを入れ、さっくりと混ぜ込めば生地の完成。カップに流し込んでオーブンで焼くと、フォンダンショコラができあがる。焼き上がりの確認は爪楊枝を刺して半熟状態が確認できればOK。焼き上がり後は余熱で火が入ってしまうので、食べる時間から逆算することで、より美味しい状態で食べることができる。
この記事もCheck!

3. 美味しいフォンダンショコラを作るコツ

チョコレートケーキの中に、チョコのクリーム(ガナッシュ)が入ったケーキがフォンダンショコラだ。作るのが難しそうだが、意外と簡単にできるスイーツでもある。作る前にガナッシュを作る下ごしらえが大事になる。ちょっとした工夫で、いつもより何倍も美味しくなるコツがふたつあるので、ご紹介しよう。まずひとつめは、ガナッシュに火が入りすぎないようにするために、完成後は冷蔵庫で冷やし固めること。ふたつめは、生地が完成したらすぐ焼きの工程に入ることだ。一度に食べきれず残してしまったときは、次に食べる前に電子レンジで温めると、ガナッシュがまたとろりと溶けて美味しくいただける。
この記事もCheck!

4. フォンダンショコラを美味しく食べる方法

フォンダンショコラ単体でも美味しいが、何かを組み合わせて食べるとより美味しく食べることができる。フォンダンショコラはチョコが溶け出す温かいスイーツなので、アイスと組み合わせることで温冷のコラボを楽しめるのだ。またアイスワインというお酒と合わせる大人な組み合わせもおすすめだ。美味しいフォンダンショコラだが、ダイエット中にはそのカロリーの高さから手を出しにくいと思う人もいるだろう。そんなときには、チョコを使わずにココアで作ったり、小麦粉の代わりにおからパウダーを使ったりすると、カロリーオフのフォンダンショコラを作ることができる。カロリーを気にせずフォンダンショコラを堪能できるのでおすすめだ。
この記事もCheck!

結論

トロッと溶け出すチョコレートソースが魅力的なフォンダンショコラは、コツを押さえれば簡単に手作りすることができる。カロリーが気になる人は、カロリーを抑えつつ美味しく作る方法もあるので、ぜひ試してみてもらいたい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >