このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
モンブランはアレンジ自在?カロリーを抑える方法や由来も紹介!

モンブランはアレンジ自在?カロリーを抑える方法や由来も紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年5月26日

栗を使った洋菓子のモンブランは、世代を問わず人気のケーキだ。ひも状に絞り出したクリームのうえに、トッピングされた栗が特徴である。また、近年では栗以外にもさまざまな食材を使用したモンブランも登場しているとのこと。アレンジ自在なのもモンブランの魅力だ。今回はモンブランの歴史や特徴、アレンジ方法をご紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. モンブランの由来ときれいに食べる方法

モンブランとは、栗を使ったひも状のクリームが特徴の洋菓子だ。近年では、栗以外にも抹茶、かぼちゃ、さつまいもなどでも作られている。壊れたマロングラッセを有効活用し、ペースト状にして作ったのがモンブランの始まりとのこと。また、モンブランという名前は、アルプス山脈の山の名前から付けられたそうだ。モンブランは、フランスでは「白い山」という意味をもち、丸いドーム型が特徴。一方、イタリアのモンブランは円錐形のものが多いそうだ。それぞれの国から見える山の形を表現しているのだろう。
モンブランをきれいに食べるための方法をご紹介しよう。モンブランの台がスポンジの場合は、縦にフォークを入れて、クリームと台を一緒に食べる。モンブランの台がタルトの場合は、ナイフで縦にゆっくり切り、クリームと台を一緒に食べるとよい。
この記事もCheck!

2. モンブランはアレンジ自在

モンブランを作る際に使うマロンペーストは、高価なので一般家庭では手が出しづらいようだ。購入してもマロンペーストをたっぷり使ったモンブランを作るのは、躊躇してしまうだろう。そんなときには、ケーキのすべてにマロンクリームを使うのではなく、ひも状クリームの絞り出しだけをトッピングに使用するとよい。ケーキの中に入れるクリームはほかのもので代用することもできる。また、モンブランのアレンジとして、栗以外の材料を使ったモンブランもおすすめだ。たとえば、さつまいもは栗と味が似ているうえに、安価で手に入るので代用されることが多い。インパクトのあるカラーが目を引く、紫いものモンブランも人気とのこと。ほかにも、パンプキンクリームを使ったモンブランも支持されているようだ。
この記事もCheck!

3. モンブランのカロリーを抑える方法

栗を使ったモンブランは、幅広い世代に人気のスイーツだ。モンブランは大きく分けて、2種類ある。ひも状のクリームが栗色でトッピングには渋皮煮を使っているタイプと、クリームが黄色で、トッピングに黄色い栗の甘露煮を使っているタイプだ。前者は、マロングラッセを砕いたものをペースト状にして使い、トッピングにもマロングラッセを使ったフランス発祥のもの。後者は、マロングラッセから作ったモンブランを日本人がアレンジしたものである。マロングラッセの代わりに、栗の甘露煮を使用することで、日本人になじみやすいスイーツに変化させたのだ。マロングラッセを使用したフランス版モンブランの方が、日本版モンブランよりカロリーは高めとなっている。しかし、トッピングには、栗の甘露煮より渋皮煮を使用した方がカロリーは抑えられる。モンブランを作る際、カロリーが気になるなら、両方のモンブランのよいところを組み合わせて作ってみるとよいだろう。
この記事もCheck!

4. 日本生まれのモンブランもある

くるくると黄色いマロンクリームが絞られたモンブランは、実は日本生まれなのだ。日本でのモンブランの始まりは、自由が丘の「モンブラン」というケーキ店とのこと。フランスで見つけた老舗カフェのケーキを参考にして販売したそう。モンブランは、ヨーロッパ発祥のものが日本伝わってきただけではなく、日本で生まれたモンブランもある。日本人好みのモンブランが作られたことが、多くの日本人に愛された理由だろう。
この記事もCheck!

結論

モンブランといえば、栗を使ったスイーツを想像するだろうが、ほかの食材を使用しても作れる。ほかの食材を使っても、ひも状に絞ったクリームをトッピングすれば、モンブランといえるのだ。栗以外の食材を使ってモンブランのアレンジを楽しんでもらいたい。
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ