このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
べこ餅は木の葉の形をした北海道の郷土料理!作り方や特徴は?

べこ餅は木の葉の形をした北海道の郷土料理!作り方や特徴は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年10月20日

べこ餅とは昔から北海道民に親しまれてきた郷土料理だ。見ための特徴は木の葉の形をしており、主に白と黒のツートンカラー。青森県にも同じ材料を使用して作るべこ餅というお菓子があるが、北海道のものとは形や模様が異なる。今回は弾力のある食感とシンプルながらも上品な甘さが魅力のべこ餅の特徴や作り方を紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. べこ餅の特徴・歴史や由来

まず、北海道の郷土料理である、べこ餅の特徴・歴史や由来を紹介しよう。昔から北海道民に親しまれてきたべこ餅は木の葉の形をしており、主に白と黒のツートンカラーが配された郷土菓子だ。青森県にも同じ材料を使用した同じ名前のべこ餅という郷土菓子があるが、形や模様は北海道のものとは異なる。
北海道のべこ餅は白と黒の生地で木の葉の形が定番だが、道南地域を中心にいろいろな形や色のべこ餅もあるという。黒糖のみを使用した黒単色のべこ餅や人工着色で彩色したあざやかなべこ餅、よもぎを混ぜた緑色のべこ餅、木の葉の形ではなく花形や丸形のべこ餅も存在する。発祥については諸説あり、山形県の郷土菓子であるくじら餅が北海道で独自に進化し独特な木の葉の形になったといわれているが、定かではない。ちなみに現在も道南地域の一部ではべこ餅をくじら餅と呼ぶ地域がある。
名前の由来は白と黒のツートンカラーがホルスタインの色を連想させるため、牛を意味する「べこ」を用いた説や、黒糖を混ぜた部分がべっこうの色合いに似ているのでべっこう餅になった説、米粉(べいこ)と砂糖を主な材料として作るためべいこ餅と呼ばれていた説など諸説ある。

2. べこ餅の主な使用食材・栄養

次にべこ餅の主な使用食材・栄養を紹介しよう。べこ餅作りに使用する主な食材は白玉粉・上新粉・黒砂糖など。白玉粉や上新粉は、どちらも米が原料の米粉だ。米粉は米を加熱し粉にする方法と、そのまま粉にする方法があり、もち米かうるち米から作られる。白玉粉と上新粉は原料と製法が異なり、白玉粉はもち米を洗い水に浸してから水を加えながら挽いて沈殿させたものを乾燥させるが、上新粉はうるち米を洗い乾燥させてから粉にしたものだ。白玉粉や上新粉に含まれる主な栄養素はタンパク質・脂質・炭水化物など。
べこ餅作りに使用する食材の黒砂糖にはビタミンをはじめ、カリウムやカルシウムといったミネラルが多く含まれている。また、さとうきびの汁に含まれている栄養が凝縮されており、天然の総合栄養剤ともいえるだろう。

3. べこ餅の食習の機会や時季

次にべこ餅の食習の機会や時季について紹介しよう。べこ餅は北海道の道南地域を中心に、主に5月の端午の節句に食べられることが多い。ほかにも正月・彼岸・冠婚葬祭といったハレの日にも食べられているが、以前はべこ餅作りに使用する木型を持つ家庭が多くあり、親と子が一緒に手作りしていた。
いまではスーパーや和菓子店などで一年を通して販売されており、ハレの日以外でも食べられるほど子どもにも人気の郷土料理だ。

4. べこ餅の作り方

次にべこ餅の作り方を紹介しよう。べこ餅作りに使用するのは白玉粉・上新粉・上白糖・黒砂糖・塩・熱湯だ。まず白玉粉と上新粉を混ぜておく。白色の生地は上白糖に塩と熱湯を加えて溶かし、混ぜておいた粉を半分入れて練る。かたいときは手で濡らすくらいの水を加え、きめ細かくなるよう調節すればOK。
黒色の生地は黒砂糖を熱湯で溶かし塩を加え、残しておいた粉を練り込む。次に白色と黒色の生地を合わせ1本の棒状にする。続けて食べやすい大きさに等分し、木の葉の形に成形する。葉脈はナイフの背で入れるのがおすすめだ。あとは蒸し器にクッキングペーパーを敷き生地を並べふたをして20分ほど蒸す。蒸しあがったら取り出し、うちわであおぎツヤを出せばべこ餅の完成だ。

5. べこ餅の食べ方

次に紹介するのは、べこ餅の食べ方だ。一般的なべこ餅は木型を使用し木の葉の形に作るが、木型を使わず木の葉の形にしたり花のように作ったり、家庭や店によりさまざまな作り方で食べているという。
もっちりとしたやわらかな食感とほどよい甘さが魅力で、子どものみならず大人からも素朴で懐かしい味と人気を集めているべこ餅。自分で作っても楽しめるし、気軽に購入して味わえるのも嬉しいポイントだ。

結論

北海道の郷土料理であるべこ餅の特徴や作り方を紹介した。一般的なべこ餅は木の葉の形をしているが、近年は職人技で作られた美しく色鮮やかなべこ餅も多く販売されている。購入して食べるのもいいが、自分で手作りした素朴な味を楽しむのもありだろう。
(写真引用)
農林水産省 うちの郷土料理 べこ餅
https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/search_menu/menu/bekomochi_hokkaido.html
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ