このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

実は傷みやすい!?ポテトサラダを正しく保存する方法

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年1月16日

メイン食材であるじゃがいもやマヨネーズは、傷みやすいというイメージがある通り、ポテトサラダ自体も足が早い料理だ。そのため、料理の味を損なわずに正しく保存することが何よりも大切だ。ここでは、ポテトサラダに適した保存方法について説明する。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ポテトサラダの正しい保存方法

ポテトサラダが日もちしにくいことは、知っている人も多いかもしれない。お酢を入れていないのに、作った時よりもかなり酸っぱくなっている、という場合は食中毒の恐れがあるので、決して食べないように。
ポテトサラダは常温で保存しようせず、必ず冷蔵庫に入れることを徹底してほしい。また、隣に熱いものを置いておくだけでも傷んでしまうことがあるので、保存場所にも注意が必要だ。

2. ポテトサラダの冷蔵保存の心得

「冷蔵庫に入れているから大丈夫」と思ってはいけないのがポテトサラダだ。正しく保存すれば2日~3日はもつと言われてはいるが、できるだけ早く食べきることをおすすめする。
冷蔵保存の際は、蓋付きの容器に入れるか、ラップなどで必ず密閉すること。たくさん作って保存するつもりなら、あらかじめきゅうりを入れない方がベターだ。きゅうりには水分が多量に含まれているために鮮度が落ちやすく、水分が外に出ていきやすい。多少手間がかかるが、きゅうりは別で塩もみしておいて、食べきる分だけ入れるようにしよう。にんじんはきゅうりに比べ水分が少なく、あらかじめ入れておいても保存に問題はない。
また、味付けにお酢を入れておくと、ポテトサラダを長持ちさせてくれる。

3. ポテトサラダは冷凍保存が可能?

ポテトサラダは、実は冷凍保存が可能だ。ハムなど生の具材を入れている場合は2週間、入れていなくても1ヶ月以内には食べきる必要がある。密閉できる袋や容器に1食分ずつ小分けにし、空気を抜ききってから冷凍庫に入れよう。
冷凍保存することがあらかじめわかっている場合は、じゃがいもの形が残らないよう潰しておく必要がある。冷凍すると、じゃがいもに含まれるでんぷんや繊維が破壊されるため、形が残っていると食感の悪さが気になってしまうからだ。
また、きゅうりや玉ねぎなど水分の多い生野菜を、潰したじゃがいもと一緒に冷凍することはおすすめできない。じゃがいもだけを冷凍して、解凍した後に別で用意した生野菜を混ぜる作り方がおすすめだ。また、マヨネーズは冷凍すると分離するので、一度味付けしたポテトサラダでも解凍後に味付けし直し、よく混ぜ合わせてから食べよう。

4. ポテトサラダの解凍方法

ポテトサラダは冷蔵庫で6時間程度、自然解凍させるのが最も適した解凍方法だと言える。味の変化を最小限に抑えることができるからだ。
電子レンジで解凍すると、水分が抜け出てべちゃべちゃとした、水っぽい仕上がりになってしまうためおすすめできない。水っぽくなったポテトサラダは、食べる前に塩コショウやマヨネーズで再度味付けすれば多少はカバーできるが、気になる場合はサンドイッチの具にしたり、コロッケのタネにするなどアレンジメニューで乗り切ろう。

結論

ポテトサラダは、「作ったらその日のうちに食べきるのが基本」ということを覚えておこう。どうしても保存したい場合は、冷蔵庫でも保存できるが、長持ちさせる工夫は忘れずに。冷凍保存も可能な料理だが、やはり作り立ての美味しさには敵わない。また、冷凍保存しても傷みやすい食材には変わりないので、早めに食べきる意識は持っておこう。

この記事もCheck!

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ