このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
なめたけでパスタを作れば誰でも簡単に絶品和風パスタが作れる!

なめたけでパスタを作れば誰でも簡単に絶品和風パスタが作れる!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年9月 5日

なめたけはすでにしっかりと味が付いているので、パスタに使うことで、調味料としての役割も果たしてくれる。なめたけを使えば、難しそうに感じていた和風パスタも失敗なく作れるだろう。今回はそんな便利な食材、なめたけを使ったおすすめパスタを紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. なめたけには何が含まれている?

スーパーなどで見かける瓶に入ったなめたけは、えのきを醤油やみりん、砂糖などを使って甘辛く煮たもので、ごはんにのせて食べるのが定番だ。しかし、最近はそんななめたけをさまざまな料理に使うと誰でも簡単に味付けができると注目されている。すでに味が付いているなめたけはさまざまな料理にプラスすることで調味料としての役割も担ってくれるのだ。そんななめたけはパスタに合わせても絶品だ。なめたけをパスタに使うことで、失敗なく美味しい和風パスタを作ることができるのだ。すでに醤油やみりん、砂糖などが入っているなめたけはパスタの味付けにピッタリで、さらになめたけのツルっとした食感もパスタによく合う。なめたけを使えば、どんな料理も時短で失敗なく作れる便利な調味料でもあるのだ。

2. なめたけパスタに使うなめたけは手作りもできる!

なめたけパスタに使うなめたけは、もちろんスーパーなどで販売されている瓶入りのなめたけで十分だが、自分で手作りすることもできる。作り方は意外と簡単で、えのきの石づきを切り落として三等分にカットしたら、なめたけがバラバラになるようにほぐしておく。フライパンにえのきを入れて炒め、みりんと醤油、和風顆粒出汁を加えて全体がしんなりするまで炒め、冷ましたら完成だ。なめたけを手作りすることで、自分好みの味付けにできるのも魅力で、さらにほかの具材と合わせて作ってみるのもおすすめだ。手作りなめたけの場合は、パスタの味付けも自分好みで作ることができるだろう。

3. なめたけを使ったパスタを紹介

■簡単なめたけパスタ

たっぷりの湯でパスタを茹で、石づきをとったしめじをほぐし、大葉の千切りを作っておく。フライパンにオリーブオイルとなめたけ、しめじを入れて炒めたら、茹でたパスタを加えて全体をよく絡ませる。あとは皿に盛り付けて刻みのりと大葉をトッピングしたら簡単なめたけパスタの完成だ。さっぱりとした味わいで箸が止まらない絶品和風パスタだ。シンプルな作り方なのに味が決まるのもなめたけのおかげだ。さらになめたけパスタは調理時間が短くて済むのもうれしい。

■ツナとなめたけのおろしパスタ

なめたけにツナを合わせることで、ボリュームのあるパスタが完成する。作り方は、鍋になめたけ、大根おろし、ツナ缶をオイルごと加えて火にかける。パスタを少し固めに茹でたらザルにあげて水気をきり、なめたけソースと和え、塩と黒胡椒で味を調えたら皿に盛り付けて、刻んだ浅葱をトッピングしたら完成だ。家にある材料で手軽に作れる和風パスタになる。

■ベーコンとなめたけのパスタ

なめたけパスタにベーコンや玉ねぎが加わることで、本格的なパスタになる。ベーコンと玉ねぎを食べやすい大きさにカットし、パスタは茹でておく。フライパンにオリーブオイルを入れて玉ねぎとベーコンを炒めたら、そこに茹でたパスタと茹で汁を加えて手早く炒め、なめたけを加えてサッと混ぜ合わせる。皿に盛り、刻みのりを散らせば完成だ。味付けはなめたけのみだが、そこにベーコンや玉ねぎの旨みが加わって絶品の和風パスタが完成するのだ。

結論

なめたけパスタはどれも作り方は簡単で、誰でも失敗なく作れるのが魅力だ。使うなめたけは市販のものや手作りでもどちらでも可能なので、自分の好みに合わせたなめたけを使うといいだろう。なめたけはすでに味がしっかりついているので、パスタに和えるだけでも味が決まるのがうれしい。忙しい日のパスタ作りにぜひなめたけを活用してみてもらいたい。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ