このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ネギ塩味のスープの作り方を紹介!本格的な中華の味を堪能しよう!

ネギ塩味のスープの作り方を紹介!本格的な中華の味を堪能しよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年11月27日

今回はネギ塩味のスープの人気レシピを紹介しよう。長ネギだけを使ってシャキシャキとした食感を楽しむシンプルなスープや、豚バラとにらを入れたコク旨で満足度の高いネギ塩スープ、包丁を使用する必要のないチューブを使ったネギ塩卵スープなど、気分に合わせていろいろ試してほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 長ネギシャキシャキ!ネギ塩中華スープ

中華料理店や焼肉屋で提供されることの多い、シンプルながらも味わい深いネギ塩スープ。まず最初に長ネギの食感を残した、ネギ塩スープの作り方を紹介しよう。用意するのは、長ネギ・しょうが・鶏がらスープの素・水・塩・粗びきこしょう・ごま油だ。長ネギは5mmほどの斜め細切りにし、しょうがは千切りにする。
鍋に鶏がらスープの素と水を入れて火にかける。スープが煮立ったら長ネギとしょうがを加えてサッと煮る。あとは塩とこしょうで味を調え、器に注ぎごま油をかければネギ塩スープの完成だ。好みで溶き卵を入れて作っても美味しい。
シンプルなスープなので、さまざまな料理に合わせるのにぴったりの一品だ。調理時間も15分以内と簡単に作れるので、あと一品ほしいときにもおすすめ。

2. コク旨満足!豚バラとにらのネギ塩スープ

次に豚バラとにらのネギ塩スープの作り方を紹介しよう。コク旨で満足度の高いネギ塩スープで、ガッツリ満腹になりたいときにおすすめの一品だ。用意するのは、長ネギ・にら・豚バラブロック・塩・酒・水・しょうゆ・サラダ油・粗びきこしょう・砂糖・ごま油だ。豚バラブロックは1cmの角切りにし、塩を少しもみ込み冷蔵庫に一晩おいておく必要があるので、忘れずに準備しておこう。
最初に長ネギとにらでネギにら塩ダレを作る。長ネギとにらを小口切りにして耐熱ボウルに入れ、塩・こしょう・砂糖を加える。フライパンにごま油を入れて熱し、ボウルのネギにらにまわしかければ、ネギにら塩ダレの完成だ。
ネギにら塩ダレに使わない長ネギとにらは5cmほどの長さに切る。鍋にサラダ油を入れて熱し、豚肉を炒めて水と酒を加えて、煮込みながらアクを取る。次にしょうゆ・長ネギ・にら・ネギにら塩ダレを加えて少し煮る。最後に器に注ぎ、こしょうをふりかければネギ塩スープの完成だ。ネギにら塩ダレの風味がきいており、ヘビロテしたくなるくらい美味しいスープだ。

3. 包丁いらず!チューブを使ったネギ塩卵スープ

最後に市販のネギ塩チューブを使った卵スープの作り方を紹介しよう。ネギ塩チューブはごま油・レモン・黒こしょうで味付けされており、本格的なねぎ塩の風味や食感が楽しめる。チューブなので、好きな量を使えるのも特徴のひとつ。焼肉をはじめ、スープ・卵かけごはん・サラダ・納豆の薬味にもぴったり。
ネギ塩チューブを使った卵スープに使用する材料は、卵・乾燥カットわかめ・ネギ塩チューブ・長ネギ・鶏がらスープの素・水・酒だ。長ネギは青い部分をキッチンばさみで斜め切りにする。鍋に鶏がらスープと酒、水を入れて沸かす。そこへ長ネギを入れ、サッと煮て卵を溶き入れ、わかめとねぎ塩チューブを加える。
ひと煮立ちしたら火を止め器に注げば、ネギ塩チューブを使った卵スープの完成だ。好みで水溶き片栗粉でとろみをつけて食べても美味しい。丼物や、麺類と一緒に食べるのにおすすめの一品だ。

結論

ネギ塩スープの作り方を紹介したが、少ない材料で簡単に作れるのが特徴のひとつだ。見た目はシンプルだが、食卓のテーブルに一品プラスするだけで、グッと本格的な中華の味を堪能できる。休日の昼食にチャーハンを作る人もいるだろうが、ぜひネギ塩スープを一品追加してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ