このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
味噌煮込みうどんにおすすめの献立を紹介!見た目のバランスも大事

味噌煮込みうどんにおすすめの献立を紹介!見た目のバランスも大事

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2021年1月27日

献立をいろいろと楽しめる味噌煮込みうどん。今回は味噌煮込みうどんに合う献立を紹介しよう。たとえば肉のおかずや揚げ物、副菜だ。煮込みうどんというと具だくさんで一品で十分満足できる料理というイメージをもっている人もいるだろう。しかし使用する具材の種類や量によっては、彩りが物足りなかったり栄養が偏ったりすることもある。ではおすすめの献立を紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 味噌煮込みうどんに合う献立:肉のおかず3選

寒い季節になると温かな味噌煮込みうどんを食べたくなるという人も多いだろう。しかし、それだけでは少し物足りない献立になりがちだ。ここでは味噌煮込みうどんに合わせたい、おすすめの肉料理を紹介する。
味噌煮込みうどんを食べるとき、献立のメインにおすすめの肉系おかずのひとつが焼き餃子だ。うどんはズルズルとすするので、あまり噛まずに飲みこんでしまう人もいるだろう。餃子はカリッとした食感を楽しめるうえ、キャベツや白菜を使用して作るので、噛む回数も増えるはずだ。味噌煮込みうどんを煮込んでいる間に焼くと、食べごろも同じくらいになるだろう。
味噌煮込みうどんにおすすめの肉系おかずのひとつが、牛肉の甘辛炒めだ。肉系のおかずは見た目が暗めになりがちなので、差し色ににんじんといんげんを使うのがおすすめ。うどんの白と鮮やかなオレンジ、緑色が食欲をかきたてるはずだ。
味噌煮込みうどんの献立のメインには、野菜を鶏肉で巻いたロールチキンもおすすめだ。とくに具材の少ない味噌煮込みうどんを作ったときに、カラフルで見た目を華やかにしてくれるのでおすすめ。レンジで手軽に作れるので、洗い物が少なくて済むのもおすすめポイントにひとつ。

2. 味噌煮込みうどんに合う献立:揚げ物3選

次に味噌煮込みうどんを食べるときに献立のメインにおすすめの揚げ物を紹介しよう。味噌煮込みうどんの献立におすすめの揚げ物のひとつが天ぷらだ。飲食店でうどんを食べるとき、とくに食べる機会の多いおかずといえば天ぷらではないだろうか。つゆに付けて食べるのもありだが、味噌煮込みうどんの上にトッピングして食べるのもありだ。
味噌煮込みうどんの献立のメインには、ブリの唐揚げがおすすめだ。青のりをまぶして風味よく揚げれば魚が苦手な子どもでも美味しく味わえるだろう。味噌煮込みうどんでは摂れない栄養も摂取できるのでおすすめ。一口大の大きさに切って揚げれば食べやすい。
味噌煮込みうどんには、ごぼうの甘辛揚げを合わせるのもおすすめだ。ごぼうは歯ごたえがあり、しっかり噛むので満足感も増しやすいだろう。がっつり食べたい日のおかずにおすすめだ。

3. 味噌煮込みうどんに合う献立:副菜3選

最後に献立のメインが味噌煮込みうどんのときに相性のいい副菜を紹介しよう。具だくさんな味噌煮込みうどんと合わせやすい副菜のひとつが、ほうれん草のおひたしだ。味がそれぞれの好みに合わせて調整できるのがうれしい。味噌煮込みうどんが、わりとしっかりした味なので、薄味に作るのがおすすめだ。
味噌煮込みうどんの献立には、シャキシャキとした食感が特徴のもやしのナムルがおすすめだ。うどんとは異なる食感を楽しめるうえ、あっさりとした味で箸休めに食べるのもおすすめ。
献立のメインが味噌煮込みうどんのときに相性のいい副菜として、トマトとアボカドのサラダが挙げられる。味噌煮込みうどんが熱々なので、ひんやりと冷たいサラダがよく合う。色も緑と赤の鮮やかな組み合わせで、食卓のテーブルを華やかに彩ってくれるだろう。

結論

熱々の味噌煮込みうどんと相性のいい献立をピックアップして紹介した。ほかにもかけるドレッシング次第であっさり味にも濃厚な味にも調整できる野菜サラダや、うどんの地味な見た目をカバーできるキレイな出汁巻き卵もおすすめの献立のひとつだ。いろいろな献立と組み合わせて味噌煮込みうどんを美味しく味わってもらいたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年1月27日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ