このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ハーゲンダッツのバーアイスカロリーランキング!嬉しい低カロリー!

ハーゲンダッツのバーアイスカロリーランキング!嬉しい低カロリー!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

鉛筆アイコン 2021年3月 8日

スーパーやコンビニといった身近な場所で手に入るものの、ほかのアイスクリームに比べると少し高額のハーゲンダッツ。リッチな気分を味わいたいときや、自分へのご褒美として選ばれることも多い。しかし、リッチな味わい故にカロリーが気になる人も多いのではないだろうか。今回は、ハーゲンダッツのなかでも食べやすさが人気の「バー」の低カロリーランキングTOP5を見ていこう。

  

1. ハーゲンダッツの歴史

1961年、アメリカニューヨーク。ハーゲンダッツは、創始者ルーベン・マタスの「究極のアイスクリームを作りたい」という熱意と信念のもと誕生した。とにかく素材にこだわって作られているハーゲンダッツは、厳選素材を使用した唯一無二なアイスクリームとして、全米中に噂が広がった。ハリウッドのセレブが自家用ジェット機でニューヨークまで駆けつけるほどだったという。そんなハーゲンダッツが日本に展開されたのは1984年。現在では世界約50ヶ国以上で多くの人々から愛され続けている。

2. ハーゲンダッツの美味しさの秘密

ハーゲンダッツが誕生した1960年代のアメリカでは、合成着色料や乳化剤といった添加物が当然のように使用されていた。しかし、ハーゲンダッツのアイスクリームの主原料はミルク、砂糖、卵の3つ。「誰もがおいしいと感じるアイスクリームはシンプルな素材からしか生まれない」という創始者の想いから、素材を厳選しアイスクリームを作り続けている。そのこだわりようは、ストロベリーアイスクリームのいちご探しに3年、開発に3年の年月をかけるほどである。

3. ハーゲンダッツバーアイスの低カロリーランキング

ハーゲンダッツのアイスクリームには、ミニカップ、クリスピーサンド、パイントなどさまざまな種類がある。今回はバーアイスを取り上げ、カロリーが低い順に紹介しよう。なお、バーアイスには期間限定のものも多いことをあらかじめ断っておく。

第5位 バニラチョコレートマカデミア 280kcal

甘くて香り豊かなバニラアイスを、マカデミアナッツがふんだんに入ったパリッと食感のミルクチョコで包んだバーアイスである。バニラアイスにチョコのコーティングという、バーアイス定番の味わいを、カリカリ食感のマカデミアナッツでよりリッチな気分で楽しむことができる。

第4位 マロンタルト 271kcal

ほっこりと甘いマロンソースが入ったコクの深いカスタードアイスを、サクッと香ばしいタルトクッキー入りのマロンチョコで包んだバーアイスである。ほんのり香るラム酒がマロンの風味を引き立てる、大人向けな味わいのマロンタルトを見事に表現している。

第3位 アフォガート~マスカルポーネ エスプレッソ~ 267kcal

エスプレッソソースが入ったマスカルポーネバニラアイスを、チョコクッキー入りのチョコで包んだバーアイスである。アイスの濃厚でコク深い味わいと、エスプレッソのほろ苦さ、ザクザク・パリパリな食感を一度に楽しめる贅沢な一品だ。

第2位 ベリーベリーミルク 127kcal

濃厚なミルクアイスを、甘み・酸味が特徴的なブルーベリーの果肉と、甘酸っぱいミックスベリーの果汁、2層で包んだバーアイスである。濃厚な味わいのミルクと、果肉感あふれるブルーベリーが混ざり合い、贅沢でさわやかな味わいを楽しむことができる。

第1位 マンゴー&ブラッドオレンジ 125kcal

内側のマンゴーアイスには、芳醇でトロピカルな味わいが特徴的なアルフォンソマンゴーを使用。そのマンゴーアイスを、やわらかな食感のマンゴーの果肉と、ビビッドで酸味豊かなブラッドオレンジの果汁、2層で包んだジューシーなバーアイスである。濃厚ながらもさわやかな酸味を楽しむことができる、夏を感じたい時におすすめの一品。

結論

濃厚であるが故にカロリーも高いというイメージをもたれがちなハーゲンダッツだが、フルーツ味のものを選べば比較的低カロリーでリッチな気分を味わうことができる。素材へのこだわりが凝縮されたハーゲンダッツのバーアイスは、一度食べると誰もがそのリッチな味わいの虜になるだろう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年3月 8日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ