このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
味付け次第でバリエーションいろいろ!肉巻きの人気のアレンジを紹介

味付け次第でバリエーションいろいろ!肉巻きの人気のアレンジを紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 鈴木亜子(すずきあこ)

鉛筆アイコン 2021年7月14日

ボリュームがあり、弁当のおかずとしても人気の肉巻き。肉巻きといえば醤油や砂糖を使った甘辛い味付けが人気だが、ほかにも美味しいアレンジがたくさんある。今回は肉巻きの基本となる甘辛の味付けだけでなく、簡単にできるアレンジやさっぱり系の味付けもあわせて紹介したい。

  

1. 肉巻きの人気は甘辛!基本の味付け方法

肉巻きの味付けにはいろいろな種類があるが、まずは大人から子どもまで人気のある甘辛い味付けの作り方を紹介しよう。好みの野菜を巻いた牛肉に塩胡椒をしてから軽く小麦粉をまぶし、巻き終わりの部分を下にして油をひいたフライパンで焼く。焼き色がついてきたら上下を返し、全体に焼き色がついて肉に火が通るまで加熱しよう。最後に醤油・酒・砂糖・みりんなどで作った合わせ調味料を加え、焦げないように加熱しながら全体に絡めれば完成だ。
砂糖やみりんを多めに使えば甘めの味付けに、醤油を多くすれば濃いめの味付けになる。肉巻きを焼くときに小麦粉をまぶすと焼いているときに肉がバラバラにならないだけでなく、タレもしっかりと絡む。醤油を使ったタレは焦げやすいので、肉にしっかり火が通ってから最後に加えるのがポイント。仕上がった肉巻きを皿に盛り、最後に白ごまをふりかけると見栄えもよくなるだろう。ちなみに、甘辛い味付けの肉巻きの中に入れる野菜は、アスパラやニンジンなどがおすすめ。子どもが食べるのであれば、細くカットして電子レンジで軽く加熱したじゃがいもを入れると、ボリュームがグッとアップする。

2. 肉巻きの簡単な味付け方法

肉巻きの味付けは醤油を使った甘辛いものが多いが、実はほかにもいろいろな味付けのバリエーションが楽しめる。ここでは、簡単にできる味付けのアレンジを紹介しよう。

焼肉のタレなら失敗なし!

もともと味の決まった焼肉のタレなら、仕上げに絡めるだけで美味しく作れる。自分で合わせ調味料を作るのが苦手な人は、焼肉のタレを活用しよう。少量の砂糖を加えて甘めにしたり、コチュジャンを加えてピリ辛にしたりとアレンジも簡単に行える。

めんつゆで作る優しい味わい

めんつゆとマヨネーズを組み合わせれば、和風かつ食べごたえのある味付けに仕上がる。焼いた肉巻きにマヨネーズとめんつゆを絡めるだけなので、使う調味料が少ないのも嬉しいポイント。甘めに仕上げたいときは、はちみつや砂糖を加えてみよう。

ケチャップ&ソースで洋風

大人も子どもも食べやすいケチャップやソースを使えば、ちょっと変わった洋風な味付けも作れる。焼いた肉巻きにケチャップとソース、醤油などを加えて絡めれば洋風照り焼きの完成。いつもの味付けに飽きたときにもおすすめ。

3. 肉巻きはさっぱり味付けも美味しい

肉巻きといえばガッツリとした味付けが多いが、アレンジ次第ではさっぱりとした味付けにもなる。

塩胡椒でシンプルな肉巻き

下味としてしっかりと塩胡椒をすれば、あとから味付けをしなくても美味しく仕上がる。塩胡椒だけならシンプルであっさりとした味わいなので、ケチャップを付けるなど味を変えながら楽しむこともできる。

ごはんのすすむ塩だれ

ごま油・塩・ニンニク・酒・胡椒などで作る塩だれなら、さっぱりとした味わいでありながらごはんとも相性バツグン。ごはんだけでなく酒とも相性がよいので、つまみにもピッタリな一品だ。

甘辛+ショウガでさっぱり

基本の甘辛い味付けにショウガをプラスするだけでも、さっぱりとした味わいの肉巻きが作れる。ショウガはすりおろしでもスライスでもOKなので、好みで使い分けてみよう。千切りしたショウガを野菜と一緒に肉で巻くのもおすすめだ。

結論

肉巻きの味付けにはさまざまなバリエーションがあるので、いろいろと試しながら自分好みの味付けを探してみてほしい。また、中に巻く具材や野菜の種類によっても味が変わるので、組み合わせを変化させながら楽しんでみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年6月27日

  • 更新日:

    2021年7月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ