このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
オレンジの切り方を基本から応用まで紹介!食べごろの見分け方も

オレンジの切り方を基本から応用まで紹介!食べごろの見分け方も

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年9月28日

輸入品が多く、年中安定した価格で楽しむことができるオレンジ。今回はより美味しく食べるためにひと手間、おしゃれな切り方についてリサーチしていく。気になる食べごろやオレンジの種類についても合わせて、学んでいこう。

  

1. オレンジの種類

ひとくちにオレンジといっても実は種類が豊富だ。オレンジはミカン科ミカン属の柑橘でインド・アッサムが原産とされている。ここからは代表的な3つのオレンジの特徴について学んでいこう。

バレンシアオレンジ

アメリカ、カリフォルニア生まれのバレンシアオレンジは、オレンジのなかでもポピュラーな品種である。甘みがあり、香りも高いため、ジュースの原料になることも多い。アメリカ産は夏に旬を迎える。国内で流通しているそのほとんどが輸入品である。

ネーブルオレンジ

英語でへそを意味するネーブルが名前につけられたオレンジは、へこんだ果頂部がまるでおへそのように見えるところが特徴だ。バレンシアオレンジよりさらに甘みと酸味のバランスがよく、果実の色がやや薄い。果汁の劣化が早いこと、熱に弱いこともあり、ジュースの原料にはなりにくい。アメリカ産も国産も冬に旬を迎える。

ブラッドオレンジ

イタリア料理店でよく見かけるブラッドオレンジジュースの原料にもなっているのが、ブラッドオレンジだ。ブラッドとは血を表す言葉で、その名の通り赤い果肉が特徴で果汁も多く、非常にジューシー。こちらも国内産が稀に流通している。

2. オレンジの食べごろ

オレンジは、比較的長持ちすると感じてしまうが、食べごろを過ぎると乾燥して果汁が減ったり、果肉の甘みが落ちてしまうので、注意が必要だ。
輸入品であれ、国産であれ、食べごろになったものがスーパーに陳列されていることが多いので、皮に張りがあり、持ったときにずっしり重いものを選び、購入後はなるべく早く食べるのが正解だ。皮は薄いほうが可食部分が増えるので、触れたときに皮が薄く感じるものもいい。一概にはいえないが、大きめサイズのほうが果肉も果汁も多く、ジューシーさを感じられる傾向にある。夏場は乾燥しないよう保存袋に入れて、冷蔵庫へ入れることも重要である。購入後少なくとも1週間以内には食べきりたい。

3. .簡単!オレンジの切り方【基本編】

オレンジはミカンのように手でむくことは、なかなか難しい。このため食べるためには、ナイフが必要だ。まずは簡単な切り方をおさらいしていこう。

【基本編1】くし切り

くし切りは、オレンジの切り方のなかでも簡単なので、まずはマスターしたい。容量はレモンのくし切りと同じである。
  • キレイに洗ったオレンジを縦半分に切る。
  • 半分を4等分、または3等分して食べやすいくし型にする。
  • 1つずつ、寝かせて中心部分を切り落とす。タネはナイフの先を使ってとりのぞいておく。
  • 皮が下になるように置き、皮と果肉の間にナイフを入れる。端の部分は繋いだままにすると食べやすい。

【基本編2】皮なし果肉だけの切り方

皮をすべて取り除くとより食べやすくなる。この場合は丸のままで皮をむくのがおすすめだ。
  • ヘタと底部分を切り落とし、切り落とした断面を下にしてまな板に置く。
  • 果実の丸みに沿うようナイフを入れて、皮を剥いでいく。このとき白い部分が残らないようにする。
  • 1周皮をむいたら、薄皮の筋に沿って、V字にナイフを入れて、果肉を切り取っていく。

4. おしゃれ!オレンジの切り方【応用編】

おしゃれ!オレンジの切り方【応用編】

【応用編1】くし切りをおしゃれに

くし切りの皮部分に細工をすることで、より華やかでおしゃれな仕上がりになる。オレンジの皮がまるで羽のようになれば、成功だ。
  • くし切りにしたオレンジは、皮と果肉がくっついていないほうの先端を落とす。
  • 身に白い筋がある場合は、切り落とす。
  • くし切りを縦に置き、皮を少し右側に出して、左上を切り落とさないよう斜めに切り込みを3本入れる。
  • 1で切り落とした先端を内側に丸める。

【応用編2】皮なし果肉だけの切り方をおしゃれに

先ほどのように皮を切り落としてしまうのではなく、バスケットにするおしゃれな切り方は、果肉だけなので食べやすいうえ、おしゃれに見せてくれるので、ちょっとしたお祝いの席などにも重宝する切り方だ。
  • ヘタと底部分を切り落とし、メインのオレンジも切る。
  • 半分に切ったオレンジは、車輪のように見える方向に置き、皮と果肉の間にナイフの先を入れ、オレンジを回しながら、ぐるりと1周切り、皮と果肉を切り離す。
  • 1で落としたヘタと底部分を2で切り離した皮の下にはめて、バスケット状にする。
  • 基本編と同じ要領で果肉を外し、元と同じようにバスケットにはめ込めば完成だ。

結論

オレンジは、通年スーパーに並ぶポピュラーなフルーツのひとつである。甘みと酸味のバランスがよく、食べやすいので、老若男女に好かれるフルーツともいえる。切り方ひとつで、表情が変わるので、まずは基本編をマスターし、ぜひ応用編にもチャレンジしてみてほしい。おしゃれな切り方にするといつもより美味しく感じる、なんて効果があるかも?
(参考文献)
※1出典:オレンジの輸入量をおしてください|農林水産省
https://www.maff.go.jp/j/heya/kodomo_sodan/0302/01.html
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年9月28日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング