このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
タブレット

ソルビトールってどんな添加物?特徴や危険性の有無を解説!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2022年1月 9日

ソルビトールとは、添加物の一種でさまざまな食品にも用いられている。そんなソルビトールとは、どのような特徴を持った添加物なのだろうか?この記事では、ソルビトールの特徴や危険性の有無などを詳しく紹介する。

  

1. ソルビトールとは?

カラフルなお菓子
あまり聞きなれないソルビトールという添加物だが、実際には食品表示で確認することが可能な物質だ。そんなソルビトールの特徴を見てみよう。

ソルビトールの特徴

ソルビトールとは、世界中でよく使用されている糖アルコールのことだ。海藻類や果実類に多く含まれている天然の糖アルコールになる。ソルビトールは、砂糖や水飴よりも水分を多く保持することができる。また、浸透性がよいので、煮物や漬物などに使用されている。さらに水分活性を低下させるので、微生物の繁殖を抑える働きがあるのだ。(※1)

ソルビトールが添加物として使用されるまで

元々ソルビトールは天然で存在しており、主にりんごなどの果実や海藻類に含まれていた。価格が高価だったが、合成されるようになり量産が可能になったことで、価格が抑えられるようになり、添加物として利用されるようになったのだ。(※2)

2. 添加物としてのソルビトール

基礎化粧品
添加物としてソルビトールはさまざまな商品に活用されている。そんなソルビトールの使用用途を紹介しよう。

ソルビトールの使用用途

ソルビトールは甘さを活かし、お菓子の甘味料として使われることが多い。また、保湿性や柔軟性を高める働きを活用し、化粧品や医薬品などにも使用されている。

3. ソルビトールに危険性はある?

砂糖で書かれた砂糖なしのテキスト
食品添加物と聞くと、なんだか危険な気がしてしまう人もいるだろう。ソルビトールには危険性があるのか詳しく見てみよう。

食品添加物とは?

食品添加物とは、保存料や甘味料、着色料、香料など、食品の加工や保存を目的として使われている成分のことだ。食品添加物は、必要に応じて規格や基準を定めており、安全性を確保されたもののみが使用されているのだ。(※3)

過剰摂取には注意が必要

ソルビトールは、カロリーの低い甘味料としてダイエット食品にも用いられている。過剰摂取をしてしまうと、下痢を引き起こすことがあるので、注意が必要だ。(※4)また、体質によっては、ソルビトールを摂取することにより、一時的にお腹が緩くなることがあるので覚えておこう。(※5)

結論

ソルビトールは、添加物としてさまざまな食品の甘味料として使用されていることも多い。実際には、過剰摂取をしない限り下痢の症状を引き起こすこともなく、危険性がない添加物だ。さらにソルビトールは保湿性や柔軟性も兼ね備えているので、化粧品や薬などにも使用されている。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2022年1月 9日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧