このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

テーブルクロスはどうやって選ぶ?初心者のための豆知識やサイズの選び方

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年2月19日

いつも、家族で囲む食卓。なんとなく殺風景だったり、気が付いたら生活感あふれる日用品で溢れていたりと、オシャレとかけ離れた空間になっていないだろうか。簡単にいつもの風景をオシャレに変身させることができるアイテムが、テーブルクロス。初心者が知っておきたいテーブルクロスについての豆知識、サイズ選びや、コーディネートについてポイントを見ていこう。

1. テーブルクロスの歴史と役割

テーブルクロスの歴史は古く、8世紀頃のヨーロッパに起源を持つといわれている。まだ歴史上にフォークが登場する前、人々は手づかみで食事をしていた。その際に、汚れた手をぬぐうために使用されていたのが、テーブルクロスだとされている。

誕生してしばらくは、主にナプキンのような役割を果たしていたテーブルクロス。その機能に変化が起き始めたのが13世紀頃だった。貴族たちがテーブルクロスに家紋を施して装飾品として使用したり、純白のテーブルクロスを使用できるのは貴族だけに限定したりと、自分たちの高貴なステータスを示すものとして使用し始めた。現在でも、ヨーロッパで開かれるフォーマルな食事の場では、白のテーブルクロスが格式あるものとして重宝されている。

誕生から時を経るにつれ、機能性重視のものから装飾品へと変貌を遂げてきたテーブルクロス。現在では、テーブルコーディネートに欠かせないアイテムとして、世界中に広まった。ダイニングルームの主役ともいえるダイニングテーブルは、度々買い替えるには高価なため、飽きのこないシンプルなデザインのものを選びがち。このシンプルなダイニングテーブルに、低コストで多様な表情を与えられるものとして、テーブルクロスは大いに有用なアイテムである。

2. テーブルクロスサイズの選び方

テーブルクロスを購入する動機が揃ったところで、テーブルクロスのサイズなどの選び方についてレクチャーしていきたい。

まずは、テーブルの大きさを測ってみよう。一般的に4人掛けのテーブルのサイズは巾80cm×長さ120cmほど。テーブルクロスのサイズ選びで勘案しなければならないのが、このテーブルのサイズに対してどれほどの「垂れ」を持たせるかということだ。

天板部分から、垂直方向に垂れ下がったテーブルクロスの端部分を「垂れ」と呼ぶ。「垂れ」は長ければ長いほどエレガントな印象になり、短くなるほどカジュアルな印象になるといわれている。
「垂れ」が20cmほどであれば、椅子の座面よりかなり上でテーブルクロスが終わり、30cmほど「垂れ」を取ると、椅子の座面とほぼ同じ高さまでテーブルクロスが来る。椅子の座面まで「垂れ」があるとゆったりとした印象になる一方で、小さな子どもがいる家庭だと、座りやすさや引っ張ってしまう危険性といった面で不安がなくもない。

テーブルクロスのサイズを選ぶ際には、テーブル本体の大きさはもちろんのこと、誰とテーブルを囲むのかという点も重要な要素となる。子どもの成長に合わせてテーブルクロスを買い替えるという楽しみ方もできるし、その日の気分によって簡単に取り換えられるのも、テーブルクロスの魅力である。

3. テーブルクロスを使ったコーディネート

テーブルクロスを使ったコーディネートは、ただクロスでテーブル全体を覆うだけにとどまらない。テーブルクロスを使ったコーディネートのポイントを見ていこう。

食卓を飾る料理や食器に合わせてコーディネート

例えば無地のお皿を使った食卓であれば、テーブルクロスには柄物を合わせるとバランスが良い。その日のメイン料理が和食なのか洋食なのか中華なのかによってテーブルクロスをチョイスするのも、食卓全体に統一感が出て楽しいだろう。

季節やイベントを意識したコーディネート

春先は淡くて明るい色、夏は元気なビタミンカラー、秋は落ち着いたアースカラー、冬は暖色を使うなど、季節の移ろいとともに色を選んでみると良い。クリスマスには赤と緑を用いたり、ハロウィンには黒とオレンジを用いたりと、イベントの雰囲気を演出する小道具としてもテーブルクロスは活躍してくれる。

様々な形のテーブルクロスを組み合わせてコーディネート

机全体を覆うテーブルクロスを使う場合、テーブルとテーブルクロスの間に敷くアンダークロスをおすすめしたい。アンダークロスを使うことでテーブルクロスがずれるのを防ぎ、カトラリーを置いた時の衝撃も緩和してくれる。テーブルクロス初心者でも手軽に挑戦しやすいのが、ナプキンやランチョンマット。サイズが小さく値段も比較的手ごろなので、試しに買ってみたり、色や素材違いで数種類揃えてみたりするのも楽しいだろう。

結論

見慣れたダイニングの風景を、手軽にスタイルアップさせることができるテーブルクロス。お気に入りのテーブルクロスで飾られたテーブルで食事をとれば、おいしい手料理がよりおいしく感じられるだろう。その日の気分でテーブルクロスをチョイスして、日々のダイニングに彩りを加えてみよう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ