このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トイレタンクは洗浄剤でピカピカになる!カビや汚れを防ぐ使い方とは

トイレタンクは洗浄剤でピカピカになる!カビや汚れを防ぐ使い方とは

投稿者:ライター 吉田 梨紗 (よしだ りさ)

2020年8月 3日

「トイレタンクの中を確認したことがない」という方は多いのではないだろうか。汚れやすい便座周りに注目しがちだが、トイレタンクにはカビが発生しやすい。この記事では、トイレタンクを簡単に掃除できる洗浄剤について解説する。洗浄剤の使い方や頻度、洗浄剤を使わない掃除方法まで紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 洗浄剤でトイレタンクを掃除するメリット

小まめにトイレ掃除をしても、トイレタンクを放置している方は多い。なぜ洗浄剤を使う必要があるのか、詳しい理由とメリットについて解説しよう。

黒カビが発生する

便座と違って、トイレタンクの中に直接汚れが付着することは少ない。しかしトイレタンクの中には水が溜まっており、雑菌が繁殖しやすい環境だ。手洗いがあるタイプなら、上の穴からホコリなど細かい汚れが入る。

放置していると角やフタの裏に黒カビが発生し、胞子を吸い込めばアレルギーや喘息のリスクがあがる。黒カビの除去や予防には洗浄剤が有効なので、ぜひ活用してほしい。

においや黒ずみの原因になる

便座を掃除しても嫌なにおいが消えない、そんな経験はないだろうか。タンクの水に黒カビが溜まると、便座の方にも流れてしまう。流れたカビの菌が付着することで、黒ずみもできやすくなるのだ。

便座掃除を小まめに行っていても、トイレタンクが汚れていればあまり意味がない。トイレタンクを清潔に保つことが掃除の手間を軽減させることにつながるので、定期的に洗浄剤を使おう。

2. トイレタンクを洗浄剤で掃除する頻度

トイレタンクを定期的に掃除することで、カビの発生を抑えられる。洗浄剤を使用する頻度について、詳しく解説していこう。

月に1回が基本

トイレタンクは月1回の掃除でキレイに保てる。洗浄剤を使って雑菌や汚れを除去すれば、黒カビの発生を防ぐことが可能だ。

放置すると掃除が大変になるので、必ずペースは守ってほしい。便座掃除と一緒に行ったり、掃除する日を決めておいたりすれば、忘れる心配は少ないだろう。

予防で掃除が楽になる

掃除の手間を減らしたいなら、汚れの付着を防止することが重要だ。洗浄剤を使用したあとのトイレタンクに重曹を入れ、6時間以上放置する。消臭や黒カビの原因であるタンパク質を分解することで、清潔な状態を長く保つことが可能だ。

置くタイプの洗浄剤を使用すれば、水を流す度に洗剤が流れる。手軽に使用できるが、色付きのタイプだとトイレタンクが染まるので注意しよう。一度つくとなかなか落ちないので、水に色がついていないタイプがおすすめだ。
おすすめ商品

3. トイレタンク掃除での洗浄剤の使い方

専用の洗浄剤を使えばトイレタンクの掃除は簡単だ。フタを外す必要がなく、誰でも手軽に掃除ができる。基本的な使い方は以下の通りだ。

1.水が流れる穴から洗浄剤を投入する
2.2時間ほど放置したあとに水を流す

手洗いがないトイレタンクの場合は、フタを開けてから洗浄剤を投入する。使い方や放置する時間は商品によって異なることがあるので、説明書を読んで確認しておこう。

ただし、洗浄剤はトイレタンクの上部に付着した汚れには届かない。フタを開けてからブラシで擦るといった掃除が必要だ。
おすすめ商品

4. 洗浄剤を使わないトイレタンクの掃除方法

洗浄剤を使用せずに、徹底的に掃除する方法を解説する。フタを開けて細かい部分まで磨けば、隅々までキレイにすることが可能だ。

掃除する前の準備

洗浄剤を使わない場合は、まずマイナスドライバーを使って止水栓を閉める。トイレタンクのフタを慎重に外したら、邪魔にならない所に置いておこう。

基本の外し方は上に持ち上げるだけだ。ただし、手洗いが付属しているタイプだと、ナットで固定されていることもある。1人で作業するのは難しいので、協力者にフタを持ってもらい、スパナを使って外していこう。

フタの裏にも汚れが付着するので、布とトイレ用中性洗剤を使って拭き掃除をする。中蓋がついている場合は、一緒に外してキレイにしておくとよい。

トイレタンクの掃除方法

汚れやトイレ用中性洗剤が肌に直接つかないように、ゴム手袋を装着して作業をする。また掃除をする前にレバーを回し、トイレタンクに溜まった水を排水しておくのがポイントだ。

1.トイレ用中性洗剤をトイレタンクの内部にかける
2.使い古した歯ブラシや布を使って擦る
3.容器やジョウロに溜めた水を使って洗剤を流す
4.水拭きしたあとに止水栓を開ける
5.レバーを回して2~3回ほど水を流す

掃除が終わったあとは外したときと逆の手順でフタを戻そう。日頃の汚れには手軽な洗浄剤を使い、汚れが酷くなったときにフタを外して掃除をすれば、トイレタンクを清潔に保てる。

結論

トイレタンクの掃除には洗浄剤がおすすめだ。入れるだけで汚れが落ちるので、月1回の簡単な掃除で清潔に保てるだろう。重曹や置くタイプの洗浄剤を使用すれば、掃除の手間をさらに減らせる。ただし、洗浄剤だとトイレタンクの上部は汚れたままなので、フタをはずす掃除が必要だ。普段の掃除は洗浄剤を使い、大掃除のときだけフタを外して徹底的に磨こう。
     

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ