このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
隠れた人気品種ヴェルメンティーノの特徴やおすすめワインを紹介!

隠れた人気品種ヴェルメンティーノの特徴やおすすめワインを紹介!

投稿者:ワインエキスパート 白川茜(しらかわあかね)

2020年8月16日

ヴェルメンティーノというブドウ品種をご存知だろうか。あまり聞き慣れない方が多いかもしれないが、手ごろな価格で個性的なワインを生み出す白ブドウだ。そのフレッシュな味わいと独特な風味で一度飲むとまた飲みたくなる人が多い。味わいも日本食に合わせやすいヴェルメンティーノ、その特徴や産地、おすすめのブランドを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ヴェルメンティーノとは?味わいや香りなどの基本的な特徴を解説

ヴェルメンティーノは主にイタリアとフランスで生産されている白ブドウである。ほかの品種とのブレンドよりはヴェルメンティーノ100%のワインになることが多く、個性をしっかり持った品種のひとつだ。ヴェルメンティーノの特徴や地域による呼び方の違いなどをみてみよう。

ヴェルメンティーノの特徴とは

ヴェルメンティーノはさわやかでしっかりした味わいのワインをつくるブドウだ。レモンなどの柑橘系を思わせるフレッシュ感、ハーブのニュアンス、桃のような甘さとグレープフルーツのようなほろ苦さを持ち合わせている。主に海が近いエリアで栽培されていることもあって、ほのかな塩気を感じるという声もある。ボディはさっぱりしたライトなものからどっしりした飲みごたえ抜群なものまで造りによってさまざまだ。

ヴェルメンティーノの別名は2つ

ヴェルメンティーノにはシノニム(ブドウ品種の別名)が2つある。フランスの南に位置するプロヴァンスでは「ロール」、フランスのコルシカ島では「マルヴォワジ・ド・コルス」という名前が使われる。イタリアやその他の国ではヴェルメンティーノと呼ばれることが一般的だ。

2. ヴェルメンティーノの名産地は?産地ごとの特徴や違い

ヴェルメンティーノはその多くがイタリア西部のティレニア海沿岸でつくられているブドウ品種だ。温暖で乾燥した気候を好み、イタリア、フランスの中でもより南のエリアで多く生産されている。

イタリア

イタリアでは地中海のリゾート地・サルディーニャ島が主要なヴェルメンティーノの産地だ。冬でも温暖な気候によりしっかりボディのあるワインがつくられる。また海に近い産地であるためかほのかな塩分を感じさせる味わいが特徴的だ。また赤ワインで有名なトスカーナでも、ヴェルメンティーノの白ワインがつくられている。スーパータスカンなどの高級ワインを手がけるワイナリーがヴェルメンティーノを使った上品な白ワインを生み出している。

フランス

フランスでヴェルメンティーノの有名な産地といえばコルシカ島だ。サルディーニャ同様美しいビーチのある自然豊かなリゾートの島で、そのあたたかな気候下で果実味たっぷりのヴェルメンティーノが栽培されている。フランスではほかにも、ロゼワインで有名な南仏プロヴァンスでもさわやかで華やかな香りをもつヴェルメンティーノの白ワインがつくられている。

3. ヴェルメンティーノに合う料理とおすすめの飲み方

ヴェルメンティーノのワインは商品によって軽いものから重いものまでいろいろあるが、共通しているのは魚介類との相性が抜群なところだ。ライトボディのものならカルパッチョなど生魚にレモンを絞ったようなさっぱりした料理によく合う。ミディアム以上の厚みのあるヴェルメンティーノであれば、グリルした魚介類やブイヤベースのような鍋・煮込み料理などにもぴったりだ。ここでも柑橘類を絞ったりトマトなどの素材でアクセントをつけることでよりヴェルメンティーノと調和する。

4. ヴェルメンティーノのおすすめワインを4つご紹介

同じヴェルメンティーノを使っていても作り手の個性やブドウが育った環境によって出来上がるワインの味わいはさまざまだ。一般的によく見かけるさわやかなタイプからどっしり重厚なタイプなど、おすすめの4種類を紹介する。

トゥルッリ『ヴェルメンティーノ サレント』イタリア・プーリア州産のヴェルメンティーノからつくられる手ごろな価格帯のデイリーワイン。フルーティさとほろ苦さ、ほのかな塩気がありフレッシュな軽いワインでありながら複雑な味わいを楽しめる。

おすすめ商品

カンティーナ・トレゼンタ『モンテルーナ』

サルディーニャ島の老舗ワイナリーがつくるさわやかでバランスのよいヴェルメンティーノ。軽めのワインでありながらドライすぎず、ブドウの個性をしっかり残している。食中酒にもってこいの白ワインだ。

ピエロ・マンチーニ『ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ』

ブドウ農園としてスタートし、今ではガッルーラ地区の90%以上の畑を所有する生産者がつくるヴェルメンティーノ。しっかりした飲みごたえとこの品種らしいミネラル感、みずみずしいフルーティさを合わせ持ったワインだ。
おすすめ商品
  • 商品名:ヴェルメンティーノ・ディ・ガッルーラ [2018] ピエロ・マンチーニ Vermentino di Gallura [2018]
  • Amazon商品ページはこちら

テッレ・デル・マルケサート『パペオ ヴェルメンティーノ』

スーパータスカンで有名なイタリアのトスカーナ州・ボルゲリ地区の生産者が数量限定で仕込むヴェルメンティーノ。木樽で発酵させとても濃厚な味わいに仕上げている。少し高価なレンジのワインになるので、フルボディかつ個性的な白ワインをじっくり楽しみたいときにおすすめだ。

5. ヴェルメンティーノを知って白ワインを楽しもう

ヴェルメンティーノはしっかりした個性を持つブドウで、価格帯や生産者が違ってもその特徴が大きく変わることがない。そのため一度飲んで気に入ったなら安心して他のブランドにもどんどんトライしてみて欲しい。またデイリーワインの価格帯から少し高級なものまでさまざまな種類があり料理にも幅広く合うので、家に一本あると重宝するワインだ。万人受けしやすいさっぱりとした味わいなので、お花見やバーベキュー用の1本に選ぶのもいいだろう。

結論

ヴェルメンティーノは、主な産地である地中海沿岸の穏やかな気候が思い浮かぶような、さわやかで濃縮感のあるワインだ。日本のスーパーではあまり頻繁に見かけるワインではないが、ワインショップなどでは比較的手に入りやすい。イタリアンバルなどではグラスで飲めるところもあるので、ぜひ一度自分の好みと合うかどうか試してみてほしい。

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ