このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
トロッケンベーレンアウスレーゼとは?産地や飲み方などを詳しく解説

トロッケンベーレンアウスレーゼとは?産地や飲み方などを詳しく解説

投稿者:ライター 森本泰斗(もりもとたいと)

鉛筆アイコン 2021年4月26日

ドイツワインは品質等級により細かく分類されており、それぞれ違った特徴を持っているが、その中でも最上位の等級に位置するワイン「トロッケンベーレンアウスレーゼ」という種類をご存じだろうか。本記事ではトロッケンベーレンアウスレーゼについて、詳しく解説していこう。基本的な特徴から品種や産地について、またおすすめの飲み方や購入方法なども紹介する。

  

1. トロッケンベーレンアウスレーゼとは?味わいや香りなどの基本的な特徴を解説

まず、トロッケンベーレンアウスレーゼについての基本的な特徴から解説する。トロッケンベーレンアウスレーゼは「世界3大貴腐ワイン」のひとつに数えられるワインだが、本項では貴腐ワインとはどのようなワインなのかという点も含め、詳しく解説していこう。

貴腐ワインとは

貴腐ワインとは、貴腐香と呼ばれる特徴的な芳香と、凝縮されたコク深い甘みがあることから、世界一の甘口ワインとして知られる高級ワインである。原料には貴腐ブドウという、極めて糖度が高くなった状態のブドウが使用されるが、貴腐ブドウは生育条件が非常にシビアであることが特徴だ。過熟したブドウに貴腐菌とも呼ばれる「ボトリティス・シネレア菌」というカビ菌が付くことで、ブドウの果皮の組織が破壊され、その後日照と乾燥が続くことでブドウの持つ水分が蒸発し、糖分などのエキスが凝縮したものが貴腐ブドウとなるのである。ただし貴腐ブドウの生育は、天候や気候の条件に大きく左右されるため、菌が付きにくい湿度であったり日中の日照が少なかったりすると、ただの腐敗したブドウになってしまい、すべて廃棄となってしまうこともあるそうだ。このように貴腐ワインはブドウの生育から収穫、そして醸造に至るまで、すべての工程で手間と時間をじっくりとかけて造られるため、高級品として扱われるのである。

トロッケンベーレンアウスレーゼの味わいや香り

トロッケンベーレンアウスレーゼはドイツワインの中の最高級品だけあって、フルーティーな果実香や華やかな甘みがとくに際立った味わいとなっている。口に含んだ瞬間から飲み終えた後の余韻まで複雑に変化するさまざまなアロマは、トロッケンベーレンアウスレーゼならではの特別なものである。

2. トロッケンベーレンアウスレーゼの品種は何?

本項では、トロッケンベーレンアウスレーゼの原料に使用されるブドウの品種について解説していこう。ドイツではさまざまなブドウの品種が栽培されているが、とくにトロッケンベーレンアウスレーゼ造りに相性がよいブドウの品種とはどのような種類なのだろう。

トロッケンベーレンアウスレーゼの品種

トロッケンベーレンアウスレーゼの原料に使用されるブドウの品種は、「リースリング」や「オルテガ」が主流となっている。リースリングはトロッケンベーレンアウスレーゼだけでなく、すべてのドイツワインを代表するブドウの品種として有名だ。オルテガは同じくドイツワインの原料に多く使用される「ミュラートゥルガル」と「ジーガーレーベ」の交配品種であり、天候に恵まれない年でも糖度の高いブドウができやすいことから、トロッケンベーレンアウスレーゼと相性がよいとされている。

3. トロッケンベーレンアウスレーゼの産地はどこ?

トロッケンベーレンアウスレーゼの品種について解説したが、本項ではトロッケンベーレンアウスレーゼの産地についても解説していこう。どの地域でもトロッケンベーレンアウスレーゼを生産できるわけではない。代表する産地を覚えよう。

トロッケンベーレンアウスレーゼの産地

トロッケンベーレンアウスレーゼは、ドイツワインの品質等級で最上位の等級「プラディカーツヴァイン」の中でも最高級のワインに位置付けされているが、これらの高品質なワインを生産できる地域は、ドイツの中で13の特定地域に限定されている。またこれらの地域は「ベライヒ」と呼ばれる。中でもとくにトロッケンベーレンアウスレーゼの生産が盛んなのは、ライン川の北側に位置する「ラインガウ」や「千の丘のある地方」とも呼ばれるドイツ最大のワイン生産地域「ラインヘッセン」だ。生産地域によって個性が変わるので、いろいろと飲み比べも楽しめる。

4. トロッケンベーレンアウスレーゼのおすすめの飲み方は?どこで買える?

最後に、トロッケンベーレンアウスレーゼのおすすめの飲み方に加えて、トロッケンベーレンアウスレーゼの購入方法についても解説していこう。

トロッケンベーレンアウスレーゼのおすすめの飲み方

トロッケンベーレンアウスレーゼのような極甘口ワインは、飲む前にあらかじめ冷蔵庫でよく冷やしておくことをおすすめしたい。4度から8度あたりが適温だ。よく冷やすことで、トロッケンベーレンアウスレーゼの濃厚な甘みがより際立つのである。とにかく香りをじっくり楽しみたいという人であれば、軽く冷やす程度か常温でもOK。自分好みの飲み方で味わってほしい。

トロッケンベーレンアウスレーゼの購入方法

トロッケンベーレンアウスレーゼのような高級ワインは、なかなかスーパーマーケットなど身近な場所で手に入りやすいものではないので、購入の際はワイン専門店や大手酒屋に問い合わせるか、amazonや楽天などの通販を利用する必要がある。種類によっては非常に高値で取引されているものもあるので、特別な日の贈り物としてもおすすめしたい。
商品情報

結論

トロッケンベーレンアウスレーゼとは、世界を代表する貴腐ワインの種類として、非常に価値のあるワインであることをわかってもらえただろう。高級品のため、デイリーワインのように日常的に飲める種類とはいえないが、特別な日にはぜひ一度味わってもらいたいワインである。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年4月26日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング