このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
モスカートとは?合う料理やおすすめワインは?特徴や産地を紹介!

モスカートとは?合う料理やおすすめワインは?特徴や産地を紹介!

投稿者:ライター 森本泰斗(もりもとたいと)

鉛筆アイコン 2021年4月21日

モスカート(マスカット)は古くから栽培されてきたブドウ品種だ。心地よい泡と優しい甘みをもつ口当たりのよいワインは高い人気を誇っている。親しみやすい味わいに加えて、リーズナブルでアルコール度数が低めのワインも多いので、これからワインを飲み始めたい人にもおすすめだ。

  

1. モスカート マスカット ワイン

モスカートとはマスカットの別名だ。フランス語ではミュスカ、スペイン語ではモスカテルというように名前が変化する。ワイン醸造用だけでなく生食用としても世界で広く栽培されている。

モスカートの特徴

ギリシャ原産で、栽培用ブドウの中で最も長い歴史をもつとされるモスカート。「ムスク(麝香・じゃこう)」を語源にもつほどアロマティックなブドウ品種だ。白ブドウのイメージが強いかもしれないが、赤ワインとなる黒ブドウも存在する。ワインのスタイルも甘口のスパークリングワインから辛口ワイン、デザートワイン、酒精強化ワインまでさまざまだ。

2. モスカートの主な産地は?産地ごとの特徴や違いも合わせて解説

モスカートはワイン用だけでなく生食用としても広く栽培されている。ここでは代表的なワイン産地を紹介しよう。

イタリア

イタリアのピエモンテ州では、モスカート・ビアンコというブドウ品種からスパークリングワインのアスティ・スプマンテや微発泡のモスカート・ダスティなどの甘口ワインが造られる。バラのような香りとさわやかな味わいで世界的に人気が高い。ほかの地域でもモスカートは栽培されており、甘口だけでなく辛口のワインも生むモスカート・ジャッロ、黒ブドウで甘口の赤ワインとなるモスカート・ローザなどバラエティ豊かだ。

フランス

フランスではミュスカとよばれるモスカート。アルザス地方ではミュスカ・ダルザスというミュスカの3品種からメロンや桃、白い花のような香りをもつさわやかな辛口の白ワインが造られる。また、南フランスではミュスカを用いて酒精強化ワインや天然甘口ワインが造られている。

そのほかの地域

スペインではモスカートはモスカテルとよばれ、極甘口のシェリーが造られる。そのほかにも原産地のギリシャ、ポルトガル、オーストラリアなど、モスカートの栽培は世界に広がっている。

3. モスカートに合う料理は?おすすめの飲み方と合わせて確認

デザートワインとして人気の高いモスカートのワイン。実はさまざまなタイプがあるので、楽しみ方や料理との合わせ方もいろいろだ。

相性のよい料理

華やかな香りをもつ甘口のモスカートはデザートとして、またはデザートとともに楽しむのがおすすめだ。フルーツやナッツを使ったタルト、アイスクリーム、ゼリー、ビスケットなど幅広いデザートに合わせられる。甘口のスパークリングワインは食前酒としたり、軽食と楽しんだりするのもよいだろう。また、軽い甘口のワインはエスニック料理、酒精強化ワインはブルーチーズと相性がよい。辛口のワインはサラダやシーフードとあわせてみよう。

おすすめの飲み方

モスカートのタイプごとの適温を覚えておこう。発泡性や微発泡タイプのワインは6~8℃に冷やして飲もう。辛口の白ワインは10℃くらいが飲み頃だ。シェリーのモスカテルは12~14℃で飲むのがよいだろう。

4. モスカートで造られたおすすめのワインは?

モスカートで造られるおすすめのワインを紹介する。モスカートのワインは比較的リーズナブルに入手できるので、気軽にいろんなワインを試してみるのもよいだろう。

バカルディ ジャパン「マルティーニ アスティ・スプマンテ」

ピエモンテ州創業でイタリアを代表する老舗のマルティーニ社。こちらは販売量世界No.1という不動の人気を誇るアスティ・スプマンテだ。マスカットや桃のような豊かな香りにさわやかな甘みとフルーティーな味わいが楽しめる一本。
おすすめ商品

アサヒビール「ガンチア・モスカート・ロゼ」

アスティ・スプマンテの第一人者として名高いガンチアが造るロゼの甘口スパークリングワイン。イチゴや桃、シトラスなどの香りが広がり、ほどよい甘みですっきりした味わいだ。華やかなピンク色が美しく、パーティーの軽食に合わせたりプレゼントにしたりしても喜ばれそうだ。
おすすめ商品

ファインズ「モスカート ダスティ チェレット」

イタリアを代表するワイン、バローロやバルバレスコ最高の造り手と称されるチェレットが手掛けるモスカート・ダスティ。微発泡性でほんのり甘く、きれいな酸味がすばらしいバランスを保っている。アルコール度数が低いのでワインを飲みなれていない人にもおすすめだ。
おすすめ商品

エノテカ「モスカート」

ワインの名産地、南オーストラリアのバロッサ・ヴァレーを代表する生産者が造るモスカートの微発泡性ワイン。フローラルな香りに穏やかな甘みと心地よい酸味をもったさわやかな味わいだ。食前酒として、また食後のデザートのお供としても楽しめる一本。

HUGE「モスカート メディテラネオ NV」

スペインのカタルーニャ州に位置し、地中海に面したペネデスで造られる微発泡性の半甘口白ワイン。マスカット・オブ・アレキサンドリアを100%使用して造られるこのワインは、優しい甘さと心地よい泡、さわやかな酸味で魚介類との相性がぴったりだ。

エノテカ「ミュスカ・レゼルヴ」

フランスのアルザス地方の名門生産者トリンバックが、厳選したブドウのみで造る辛口白ワイン。マスカットや白い花のような甘くさわやかな香りにすっきりとした辛口の味わいが上品で、いろんな料理に合わせることができる。
おすすめ商品

結論

産地や造り方によってさまざまな表情を見せ、人々を魅了し続けるブドウ品種モスカート。モスカートのワインはパーティーの乾杯からほっとひと息つきたいときまで、いろんなタイミングで活躍してくれるだろう。好みのワインや料理との組み合わせをぜひ探してみてほしい。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年4月21日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング