このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ロゼシャンパンの魅力って?味わいやおすすめの飲み方、銘柄を紹介

ロゼシャンパンの魅力って?味わいやおすすめの飲み方、銘柄を紹介

投稿者:ワインエキスパート 白川茜(しらかわあかね)

鉛筆アイコン 2021年5月 1日

シャンパンは披露宴パーティーなど特別な機会に飲む機会の多いワインだが、ロゼのシャンパンは飲んだことがあるだろうか。美しいピンク色となめらかな泡立ちで高い人気を誇るロゼシャンパンは、白のシャンパンよりも希少なお酒だ。この記事ではロゼシャンパンの味わいや通常のシャンパンとの違い、おすすめ銘柄などを紹介する。

  

1. ロゼシャンパンとは?味や香りなどの基本的な特徴を紹介

まずはロゼシャンパンの味や香りの特徴についてみていこう。

ロゼシャンパンの味や香り

ロゼシャンパンはその色からも想像できるようなイチゴやチェリーなど赤い果実の香りが特徴的だ。黒ブドウ由来の成分が多く含まれることから、白のシャンパンとは違ったボリューム感やほのかなタンニンがあるともいわれる。ロゼのワインは甘口が多いと思われがちだが、ロゼシャンパンは辛口から中辛口、甘口まで商品によって残糖度はさまざまだ。

2. ロゼシャンパンはシャンパンやスパーリングワインとどう違う?

次に少し紛らわしい、ロゼシャンパンと通常のシャンパンやスパークリングワインとの違いについてみてみよう。

スパークリングワインとシャンパンの違い

スパークリングワインはその名の通り発泡性のワイン全般の総称だ。一方でシャンパン(フランス語ではシャンパーニュ)はスパークリングワインのひとつで、フランス・シャンパーニュ地方で規定を満たしたものにだけがそう名乗ることができる。日本ではシャンパン=スパークリングワインという認識が一般的だが正確には異なるので注意したい。

ロゼシャンパンとシャンパンの違い

ロゼシャンパンがなぜピンク色をしているかというと、答えはシンプルで黒ブドウの果皮の色が抽出されているからだ。通常のシャンパンがブドウ(白ブドウ、黒ブドウともに使われる)を絞ったジュースを発酵させて造られるのに対し、ロゼシャンパンには3種類の造り方がある。

白のシャンパンと同様、ブドウを絞ったジュースを発酵させる。圧搾時に果皮からでる色素でロゼにするのが直接圧搾法である。次に、赤ワインを造るように潰したブドウを果皮とともに発酵させ、果汁が色づいてきたら取り出す方法が、セニエ法だ。最後に、白ワインと赤ワインを混ぜてロゼを造る方法がアッサンブラージュ製法である。

ちなみにフランスでは白ワインと赤ワインを混ぜてロゼワインを造ることは禁止されているが、シャンパーニ地方はこのワイン法の特例となっている。

3. ロゼシャンパンのおすすめの飲み方は?合う料理も合わせて紹介

ロゼシャンパンは料理に合わせやすく、前菜からエビやサーモンなどの魚介類、赤身のお肉などと相性がよい。中華、インド、ベトナム、タイなどアジアの料理にもよく合うので飲食店に持ち込んでマリアージュを楽しむのもおすすめだ。飲むときは軽めのものなら冷蔵庫の温度で、ボディのしっかりしたものはそれより少し高めの温度で楽しんでほしい。

4. ロゼシャンパンのおすすめ銘柄は?

最後にロゼシャンパンのおすすめ銘柄をいくつか紹介する。

モエ・エ・シャンドン社「モエ エ シャンドン ロゼ アンペリアル」

日本で最も見かけることの多いであろうシャンパン、モエ・エ・シャンドンのロゼバージョンだ。イチゴのような風味とさわやかな酸味、豊かな果実味が楽しめる。シャンパンにしては手頃な価格でありながら箱に入っており、ハーフサイズもあるので自分用だけでなくギフトにもおすすめしたい。
おすすめ商品
  • 商品名:モエ・エ・シャンドン モエ ロゼ アンペリアル ギフトボックス入り [ スパークリングワイン 辛口 フランス 750ml ]
  • Amazon商品ページはこちら

ローラン ペリエ「ローラン ペリエキュヴェ ロゼ ブリュット」

英国王室御用達のシャンパンメーカー、ローランペリエのロゼシャンパンだ。ピノノワールのみで造られたワインは5年以上熟成させてから出荷される。しっかりしたメリハリと凝縮感のある味わいで、サーモンを使った料理やフォアグラのパテなどと相性抜群だ。
おすすめ商品

テタンジェ「ノクターン スリーヴァー ロゼ セック」

家族経営のワイナリーが手掛ける中辛口のロゼシャンパンだ。酸味とほのかな渋味がバランス良くまとまり、程よい甘味があってとても飲みやすい。女性だけの審査員で行われるサクラワインアワードで最高賞をとっており、女性へのギフトや特別なディナーに開けるワインとしておすすめしたい1本だ。
おすすめ商品

結論

ロゼシャンパンは華やかな見た目と少し高めの市場価格のためお祝いのような場で開けられることが多い。実際にしっかり味わってみると普通のシャンパンにはない奥深さがあり、ひとことでロゼシャンパンといってもその味わいは実にバラエティ豊かだ。造り方による違いや生産者の個性を感じながら、ぜひお気に入りのロゼシャンパンを見つけてほしい。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年5月 1日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ