このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
家飲みワインに合う美味しいおつまみとは?手軽にワインを楽しもう

家飲みワインに合う美味しいおつまみとは?手軽にワインを楽しもう

投稿者:ライター 岡本優実(おかもとゆみ)

2021年5月21日

家飲みする際、どうしてもワインに合うおつまみがわからないということはないだろうか。ワインで家飲みをしたいがおつまみがわからないのでついほかの、定番のお酒を飲む人もいるだろう。あるいは、おつまみが特殊そうなので敬遠してる人もいるかもしれない。しかし家飲みの際のワインには特別なおつまみでなくてもよい。カジュアルに楽しむ方法を紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 家飲みワインでおすすめのおつまみは?

家飲みをする際、ワインであればどんなものを合わせることが多いだろうか。本場では気軽な料理と合わせているようでも、日本では難しいと感じるのではないだろうか。まずはワイン別のおつまみを紹介しよう。

白ワインにおすすめのおつまみ

白ワインと言えば魚料理が定番のおつまみだ。しかし白ワインを家飲みで少し飲みたいときに、魚料理を用意するのは少々めんどうと考える人も多いだろう。実は白ワインには枝豆やポテトチップスといったビールに合いそうなおつまみも相性がよいのである。もちろんミックスナッツや生ハムも定番だが、よく食べるようなおつまみを合わせてみてもよいだろう。

赤ワインにおすすめのおつまみ

赤ワインに合うのは肉料理といわれることが多いが、万能のおつまみとしてはチーズがある。スモーキーな味わいのワインにはスモーキーなチーズ、逆にライトな味わいのワインには塩分が控えめなチーズを合わせると美味しい。また簡単な肉のおつまみとしてはサラミがおすすめだ。家飲みの際には手軽さが魅力になるため、これらの保存が効いて好みの量を食べられるおつまみが適するのである。

ロゼワインにあうおつまみ

家飲みで奮発してロゼワインを飲む時もあるだろう。その際何を合わせればいいのか悩んだ経験は無いだろうか。実はロゼワインは赤ワインと白ワインの特徴を併せ持っているので、肉料理であっても魚料理であってもまた中華料理などエスニックな味わいの物にも合わせられる。そのため家飲みの際にはあまり気取らず、好みの料理を合わせるとよいだろう。

2. 家飲みワインに合う簡単なおつまみ

次に、家飲みする際簡単に作ることが可能なおつまみを3種類紹介しよう。

タコのピンチョス

まず紹介するのは、タコを洋風におつまみアレンジしたピンチョスである。ほとんど作業いらずなので、手軽に作ることができるのが嬉しい。

材料(2人分)
茹でタコの足 1本
オリーブの缶詰 2粒
ブラックオリーブのピクルス 2粒
オリーブオイル 小さじ2
つぶ胡椒 適量

作り方
タコは8等分にする。爪楊枝にタコ・オリーブの缶詰・タコの順に刺したものと、同じく爪楊枝にタコ・ピクルス・タコの順に刺したものをそれぞれ2本ずつ用意する。オリーブオイルと胡椒を絡めて完成。

刺身のバルサミコ醤油添え

和風なおつまみの代表格であるお刺身も、バルサミコ酢を加えれば一気にワインに合う家飲みおつまみになる。バルサミコ酢と醤油を1対1で混ぜ合わせたものに刺身をつけるだけだが、白ワインにぴったりだ。刺身はカンパチやマグロなどの赤身の魚でも白ワインに合うのでぜひ手軽に好きなお刺身で作ってみよう。

ドライフルーツとナッツの蜂蜜漬け

こちらのおつまみも作りやすいおつまみだ。家飲みの前日に作っておけば、気が向いた時にいつでも食べられるのでおすすめである。作り方は好みの量のドライフルーツやナッツをドライフルーツを下にして瓶に入れ、蜂蜜でひたし一晩置くだけである。調理らしい調理をせずにおしゃれなおつまみになるので、料理が苦手な人にもおすすめだ。

3. 家飲みワインにおすすめのスーパーやコンビニで手に入るおつまみ

家飲みの際、市販のおつまみでおしゃれなものがあったらと思う人は多いだろう。そこで店舗で購入可能なおしゃれで美味しい本格おつまみを紹介する。

成城石井「プレミアムチーズケーキ 自家製 6種ナチュラルチーズの濃厚フォルマッジオ」

こちらの商品はケーキなので敬遠する人もいるかもしれないが、実は塩気もあるためワインにはぴったりのおつまみなのである。とくに上記の商品は、ナチュラルチーズをたっぷり使っているので濃厚なチーズの風味が特徴的だ。ワインとスイーツという組み合わせに意外性はあるかもしれないが、ぜひ試してみたい組み合わせである。

カルディ「瀬戸内レモンバル ホタテとマッシュルームの瀬戸内レモンアヒージョ」

家飲み用で缶詰をおつまみにする人も多いだろう。本格的な味わいが楽しめるこちらの商品は、瀬戸内レモンがさわやかなアヒージョである。また、ガーリックが効いてスパイシーなオイルも美味しいので、オイルは捨てずにぜひバケットにつけて食べてほしい。白ワインの中でも酸味の強いものと相性がよく、少し若いワインにもぴったりなおつまみだ。

明治屋「おいしい缶詰 プレミアムほぐしコンビーフ(粗挽き黒胡椒味)」

こちらも本格的な味わいが楽しめ、家飲み用のおつまみには嬉しい缶詰である。その中でも牛肉を使った商品は、とくにフルボディの赤ワインとペアリングすると美味しい。また、黒胡椒を使っているためスパイシーな味わいのワインとも合うのだ。ほかにもハイボールやビールなど、定番のお酒とも相性がよいので、さまざまなお酒のおつまみとして楽しめるのも魅力的だろう。

4. 家飲みワインにおすすめの野菜を使ったおつまみ

最後に、野菜を使ったヘルシーな家飲みおつまみを紹介しよう。いずれも簡単にできるのにワインにぴったりでおしゃれな味わいなので、ぜひ作ってみたい。

カブと生ハムのカルパッチョ

まず紹介するのは、とくに春に食べたいこちらのおつまみだ。春のカブは柔らかくてみずみずしいので、生で食べると美味しい。

材料(2人分)
カブ 2つ
生ハム 20g
オリーブオイル 大さじ1
塩・胡椒 適量

作り方
カブは皮を剥いて1cm厚のくし切りにし、生ハムは食べやすい大きさにカットする。カブと生ハムを重ねて皿に盛り付け、オリーブオイルと塩胡椒を振って完成。

ブルーチーズとブドウのサラダ

次に紹介するのは、ブドウとブルーチーズを合わせた、チリワインにとくに合うおつまみサラダだ。家飲みとは思えないほどおしゃれな出来上がりなので、ぜひ作ってみよう。

材料(2人分)
ドレッシング つぶマスタード大さじ2 オリーブオイル・白ワインビネガー・はちみつ各大さじ1を混ぜ合わせたもの
ブドウ(皮ごと食べられる品種) 10粒
ブルーチーズ 50g
粗挽き白胡椒 適量
エンダイブ 1/3株

作り方
ブドウは半分に、ブルーチーズは角切り、エンダイブは洗って手でちぎっておく。作っておいたドレッシングをボウルに入れてブドウやチーズ、エンダイブを絡め器に盛る。最後に胡椒をかけて完成。

玉ねぎの皮つきトースト

最後に紹介するこちらも、ぜひ作ってみたい簡単でボリューミーな野菜おつまみだ。家飲みで、ガッツリとした野菜のおつまみを食べたい人には最適である。ロゼワインとも相性がよいので、ぜひ作ってみよう。

材料(2人分)
玉ねぎ 2個
オリーブオイル 大さじ1
塩胡椒・粉チーズ 適量

作り方
玉ねぎは皮付きのまま上部と下部を少し切り落として安定させ、上部に8等分の切れ目を入れる。この際、切り落としてしまわないように注意しよう。切れ目を入れた玉ねぎをラップをせずに600wで5分程度、柔らかくなるまで加熱する。温めておいたトースターに入れて皮がこんがりするまで焼き、塩胡椒やオリーブオイル、粉チーズをかけて熱いうちに食べる。

結論

家飲みワインに合うおつまみは、非常に簡単で手軽なものが多い。家飲み初心者も、また今までも家飲みをしてきた人も、ぜひ手軽にワインを楽しめる家飲みおつまみを作ってみよう。また、料理は苦手という人も最近は缶詰でも本格的な商品も販売されているので、外に行かずとも家の中で美味しいおつまみを楽しめるのである。
20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2021年5月21日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ