このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
シャンパンのハーフボトルは飲み切りやすい!ギフトにもおすすめ!

シャンパンのハーフボトルは飲み切りやすい!ギフトにもおすすめ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 水島知美(みずしまともみ)

鉛筆アイコン 2021年6月18日

シャンパンはフルボトルの750mlが一般的だが、半分の容量となるハーフボトルも販売されている。ハーフボトルは3杯程度の量となる375mlのため、飲み切りやすい。本記事ではシャンパンボトルの大きさやおすすめのハーフボトルシャンパンの銘柄などを紹介していく。

  

1. シャンパンのハーフボトルとは?

シャンパンは一般的なフルボトルで750ml、ハーフボトルは375mlとなっている。フルボトルのシャンパンを購入したものの飲みきれずに保存に困ったという経験はないだろうか。ハーフボトルのシャンパンならグラス3杯分程度の量で、少人数で楽しみたいときにおすすめだ。

ハーフボトルは飲み比べにもおすすめ

シャンパンのハーフボトルは何種類かのシャンパンを飲み比べしたいときにもおすすめだ。1本あたりの量が少ないので、飲みすぎずにさまざまな銘柄が楽しめる。

2. シャンパンはハーフボトル以外にどんな大きさがある?

シャンパンは750mlの一般的なフルボトルサイズ、375mlのハーフボトル以外にもさまざまなサイズがある。大人数でシャンパンを飲むときには1,500mlのマグナムや6,000mlのマチュザレムを選んでみよう。10,000ml以上のシャンパンもあるのでパーティーなどで場を盛り上げたいときには、購入してみるとよいだろう。

ハーフボトルよりも小さいサイズ

たくさんの量のシャンパンはいらないという人には、ハーフボトルよりもさらに小さなカールがおすすめだ。カールのシャンパンはハーフボトルの1/2で、188mlと1人で飲むときに便利なサイズである。

3. シャンパンのハーフボトルはギフトにおすすめ?

シャンパンのハーフボトルは375mlと少量であるため、手軽なギフトとしてもおすすめだ。フルボトルのシャンパンと比べて価格がリーズナブルで持ち運びもしやすい。またシャンパンは一度開けると炭酸が抜けてしまうが、飲み切りやすいサイズのハーフボトルなら保存に困ることも少ないだろう。

ハーフボトルを何種類か渡すのもおすすめ

ハーフボトルのシャンパンは1本あたりの量が少ない分、気になる銘柄を何本か選んでギフトにするのもよいだろう。食事とのペアリングや飲み比べを楽しむことができておすすめだ。

4. シャンパンのハーフボトルのおすすめ銘柄は?

シャンパンのハーフボトルのサイズやそれ以外のサイズについて紹介してきた。最後に1人でも2人でも楽しみやすい、ハーフボトルシャンパンのおすすめ銘柄を紹介する。スーパーなどでハーフボトルがないときには、ネットショップで購入しよう。

モエ・エ・シャンドン「モエ・ロゼ アンペリアル」

フルーティーな味わいと野いちごのような香りが感じられるシャンパン。ハーフボトルサイズでもしっかりと満足できる果実味の強い味わいが特徴である。
おすすめ商品

ヴーヴ・クリコ「ヴーヴ・クリコ イエローラベル ブリュット」

1772年創業の歴史のあるワイナリーがつくるシャンパン。力強さとなめらかな味わいが感じられるバランスのよいハーフボトルである。

結論

シャンパンはハーフボトルを購入すると、少人数でも飲み切りやすく便利だ。少量のため持ち運びもしやすく、気軽にギフトとしても活用したい。価格もフルボトルよりリーズナブルなので、何種類か購入して飲み比べをしてみてはいかがだろうか。
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 公開日:

    2021年5月14日

  • 更新日:

    2021年6月18日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング