このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
味酒鈴鹿国で造られる【作】はアニメファンの心も鷲掴みする日本酒

味酒鈴鹿国で造られる【作】はアニメファンの心も鷲掴みする日本酒

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

鉛筆アイコン 2022年1月31日

日本酒には個性的な名前が付けられたものもあり、思わず興味をそそられてしまう。ここで紹介する「作」は漢字一文字でシンプルな名の日本酒だが、その特殊な読み方が、ある層から人気となっている。作の特徴や味わいについて解説していく。

  

1. 【作】ができあがるまで

作と書いて「ざく」と読む。この名は、作にかかわるすべての人(飲む人、提供する人)と作りあげる酒であってほしいという蔵元や杜氏の願いが込められて名付けられた。
ところが作は、その名から、とあるアニメのファンに注目されている。日本酒業界は日本酒の魅力を感じてもらおうとさまざまな取り組みを行っているが、このようにアニメファンから注目されるのは想定外だったようで、嬉しい悲鳴があがっているそうだ。

作が造られているのは三重県鈴鹿市にある「清水清三郎商店」だ。鈴鹿市といえばサーキット場が有名だが、古くから酒造りの地としても有名だ。その歴史は古く、古文書の中にも記述が見られるほどだ。残念ながらビールやワインの台頭によって日本酒業界が衰退してしまい、現在の鈴鹿市で酒造りを行っているのは清水清三郎商店のみとなってしまった。清水清三郎商店は1869年創業の酒蔵で、伝統的な手法によって造られる日本酒が特徴だ。しかし、日本酒衰退の時期には製造量が300石までに落ち込み、苦難を迎えていた。そのときに造り出された日本酒が作であり、いまや清水清三郎商店の看板商品となるほど急成長を遂げた。作は清水清三郎商店のこれからを担う日本酒としてまだまだ進化を遂げており、これからも目を離すことができない。

2. 作の特徴

作という名前に注目されがちだが、味、香りともに優れた日本酒だ。そもそも鈴鹿市は伊勢平野で美味しい米を作ることができ、水も鈴鹿山脈の美味しい伏流水を使える、まさに酒造りにおいて最適といっても過言ではない地だ。ちなみに、酒作りで使われる酒米として有名なのが「山田錦」であるが、その親株である「山田穂」が誕生したのが三重県であるといわれている。その恵まれた環境の下、手間を惜しまずに作られている作は、フルーティーな香りとほのかに酸味を感じるすっきりとした味わいが特徴的。その美味しさはさまざまな日本酒の品評会で受賞するほどで、2016年に三重県で開催されたG7伊勢志摩サミットでも、乾杯酒として提供された。

また清水清三郎商店は1年を通して酒造りを行っているのだが、季節によって生じる味わいの変化というものを大切にしている。変わらない味わいを重視する日本酒が多いなかで、このような考え方は珍しいと感じられるかもしれないが、そこには日本酒も野菜のように生きた食品だという考え方が関わっている。変化する天候や季節に合わせて、その時々で最も美味しい作を完成させる。それによって、少しずつ異なる味わいを飲む人が楽しめる作ができあがる。変化に合わせながら最高品質の作を造るのは非常に難しいのだが、レベルの高い杜氏たちがいる清水清三郎商店だからこそできる技だといえる。このような心意気が日本酒ファンの心を掴み、長く愛される要因となっている。

3. 作の商品情報

作には大きくプレミアムシリーズとレギュラーシリーズの2つがある。今回はレギュラーシリーズの中から何本か紹介する。

「作 雅乃智」

特定名称:純米吟醸
原料米:国産米
精米歩合:50%
アルコール度数:15度
内容量:720mlと1.8L
おすすめ商品

「作 雅乃智中取り」

雅乃智の味わいを凝縮させた作。エレガントな味わいが楽しめる。
特定名称:純米大吟醸
原料米:山田錦
精米歩合:50%
アルコール度数:16度
内容量:720mlと1.8L
おすすめ商品

「作 穂乃智」

甘いフルーツの香りが口の中に広がる作。すっきりとした後味が特徴。
特定名称:純米酒
原料米:国産米
精米歩合:60%
アルコール度数:15度
内容量:720mlと1.8L
おすすめ商品

「作 玄乃智」

青リンゴの香りとともに米の旨みも味わえる作。
特定名称:純米酒
原料米:国産米
精米歩合:60%
アルコール度数:15度
内容量:720mlと1.8L
おすすめ商品

結論

意外なところからファンを生み出した作。名前のインパクトによる評判も大きかったが、書物の中に「味酒(うまさけ)鈴鹿国」と書かれるほど酒造りに適した鈴鹿市で造られた日本酒であることからもわかるように、味わいも格別だ。作の誕生によって蔵元の清水清三郎商店は、かつての活気を取り戻しつつある。新しい味わいの作ができるのが非常に楽しみだ。
この記事もCheck!
インフォメーションマークアイコン20歳未満の飲酒、飲酒運転は法律で禁じられています。妊娠中・授乳中の飲酒はお控えください。お酒に関する注意事項はこちら
  • 更新日:

    2022年1月31日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

人気記事一覧

急上昇
週間

新着記事一覧新着記事一覧