野菜が苦手な子どももペロリ?
ふんわり卵の無限ピーマン

ピーマンとツナを和えるだけで苦みがおさえられ「無限に食べられる」と話題になった無限ピーマン。今回はこの無限ピーマンにふわふわ卵を組み合わせ、さらに食べやすくアレンジしたレシピを紹介する。赤ピーマンも使って見た目も華やかに仕上げた一品は、お弁当のおかずにもぴったりである。

Step1

ピーマンを切って簡易「油通し」

ピーマンの種を取り、幅5mm程度に縦に切る。縦に切ることで苦みをおさえられ、シャキッとした食感を保つことが出来るのだ。沸騰したお湯に油大さじ2を加え、切ったピーマンを30秒ほど湯通しする。これで、ピーマンの苦みをやわらげる「油通し」と同じ効果を得られる。

この記事もCheck!

Step2

ふわふわ卵はレンジで出来る!

耐熱ボウルに卵1個と砂糖を入れ、よく混ぜたら600Wで30~50秒加熱する。ラップや耐熱皿で蓋をしてしまうと水っぽくなってしまうので、ラップはせずレンジにかける。1分以上加熱すると卵が固まり過ぎてしまい、食感が損なわれるので注意が必要だ。加熱しすぎることが不安な場合は、出力を弱くして様子を見ながら加熱しよう。

この記事もCheck!

Step3

仕上げにもう一度電子レンジで加熱

1のピーマンと2の卵をボウルでよく混ぜて、油を切ったツナ、白ごまと調味料(★)を入れてよく混ぜる。ラップをせずに600Wで1分半加熱し、水分を飛ばす。

この記事もCheck!

完成!

加熱した後に混ぜ合わせ、味をなじませたら完成だ。苦みをおさえる色々な調理法と、鶏がらスープの素やごま油、ツナなどのうまみ、それに甘めの卵が合わされば、子どももペロリと食べられる無敵のおかずになる。暑い時期でもレンジでさっと作ることが出来るので、是非家庭の定番に加えてほしい。

材料 材料

3~4人分

  • ピーマン(緑)2個
  • ピーマン(赤)2個
  • ツナ缶1缶
  • 白ごま大さじ1
  • ★ごま油小さじ2
  • ★鶏がらスープの素小さじ1/2
  • ★塩小さじ1/3
  • <ふわふわ卵> 
  • 1個
  • 砂糖小さじ1
投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
この記事を共有する
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

おすすめ記事

この記事が気に入ったらいいね!をお願いします!

facebookで最新記事をお届けします。

 
ページトップへ ページトップへ