巷の刺身が変身!?
旨みたっぷりサーモン漬け丼

季節を問わずに手に入りやすいサーモンを、うまみと甘味がおいしいめんつゆに漬けておけば、白いごはんがモリモリ食べられる漬け丼があっというまに完成! 刺身用のサーモンを買ってくればまな板も包丁も不要。簡単手順を覚えてしまえば、子ども一人だってあっとうまにごはんの準備ができるようになるはずだ。

Step1

サーモンをめんつゆに漬けよう!

刺身用のサーモンであればそのまま使えるので簡単。柵のサーモンを買ってきたら5mmの厚さの削ぎ切りにする。お好みでサイコロ状に切るのもよい。
めんつゆにサーモンが浸かるように、山盛りにするよりも平たくサーモンを並べてめんつゆをかけるといい。ボウルでなくバットでもよい。
めんつゆに漬けたら、ラップをして冷蔵庫で30分味をなじませよう。

この記事もCheck!

Step2

白いごはんを用意しよう!

白いごはんを盛る。お好みで雑穀米や麦飯にしてヘルシーにアレンジしたり、酢と砂糖を加えた酢飯にしたりしてもOK!

この記事もCheck!

Step3

あとは盛り付けるだけ!

ごはんの上に漬け汁ごとサーモンをのせ、刻みのりを散らそう!ちなみに、盛り付けは、子どもが食べるための適量を学べる大事なお仕事だ!ごはんを盛るときに、大人と子ども、さらにお父さんとお母さんでは食べる量が違うことが学べる。そうして自分の適量を知っていくことも大切な食育になる。最初のうちはお父さんが目安の量を教えてあげて、だんだんと覚えていければOK。
また、トッピングの刻みのりの盛り付けも、きれいにできたら「おいしそう!」と褒めてあげよう! きれいな盛り付けは、食べる人への思いやりの心を育てるだろう。

この記事もCheck!

完成!

最後は、シソやネギ、ゴマ、ワサビなど、お好みの薬味をトッピングしていただこう!
ちなみに、今回は、めんつゆのみのサーモン漬け丼を紹介したが、最近ではめんつゆにゆず胡椒とブラックペッパーを加えて味付けしたものにサーモンを漬ける「ブラックペッパーサーモン漬け丼」なども人気があるようだ。ブラックペッパーの利いた丼には、温泉卵やアボガドなどもトッピングに合うだろう。
シンプルなサーモン漬け丼だが、一工夫すると楽しみはより広がっていくので、ぜひとも楽しんでほしい。

材料 材料

4人分

  • 刺身用サーモン300g
  • めんつゆ大さじ2
  • ごはん4杯
  • 刻みのり4つまみ
  • お好みの薬味適量
投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
この記事を共有する
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

おすすめ記事

この記事が気に入ったらいいね!をお願いします!

facebookで最新記事をお届けします。

 
ページトップへ ページトップへ