塩と油のみで仕上げる、
ゴロっと男のフライドポテト

材料はじゃがいもだけ。調味料は塩と油のみでシンプルに。皮つきのまま、包丁も使わずフォークで豪快に切った、じゃがいも本来の味わいを楽しめる一品。パリホク食感で食べだしたら止まらない、週末おやつにぴったりのメニューだ。

Step1

揚げる前に茹でで火を通す

じゃがいもをよく洗い、皮付きのままたっぷりの水をはった鍋に入れる。火をつけて水から約20〜30分茹でる。じゃがいもに竹串をさし、スーッと通ったらゆであがった証拠。ざるにあけ、粗熱をとる。

揚げる前に茹でて火を通しておくことで、揚げる際の火の通り具合を心配する必要がない。

この記事もCheck!

Step2

子どもにもできる豪快フォーク切り

粗熱がとれたら、フォークを使って半分に切る。ナイフを使わず断面をあえてラフにすることで、パリッとした食感とホクッとした食感のコントラストがきいた、おいしいポテトになる。
しかも、包丁を使わないので子どもでも安心して手伝うことができる。

この記事もCheck!

Step3

味の決め手はきつね色

フライパンか揚げ鍋に油を4cmくらいの高さまで入れ、熱する。じゃがいもの破片を入れ、シュワシュワっとなったら、適温だ。適温になったらStep.2で半分にしたじゃがいもを入れる。中火で、表面がきつね色になり、カリッとするまで揚げる。

シンプルな味に飽きた場合は、にんにくやローズマリーなどを入れて揚げ、油自体に香りを移すと、スタンダード版とは異なる風味を楽しめる。

この記事もCheck!

完成!

仕上げに塩をふったら完成だ。素材、調理法ともにシンプルなだけに、最後の味付けを決める塩にはこだわりたいところ。粒の大きなフレーク塩などがおすすめ。

材料 材料

3-4人分

  • じゃがいも
    (小さめ)
    12個
  • 適量
  • 適量
投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
この記事を共有する
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

おすすめ記事

この記事が気に入ったらいいね!をお願いします!

facebookで最新記事をお届けします。

 
ページトップへ ページトップへ