このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ロールキャベツを留めるのは、安全なパスタが最適!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

2019年10月24日

ロールキャベツを楊枝で留める方法は一般的だが、食べる際に楊枝に気を付ける必要があり、煩わしく思ったことがある人もいるのではないだろうか。ロールキャベツの留め方には、楊枝の代わりにパスタで留める方法もあり、パスタならではのメリットもあるので、その方法について紹介しよう。

\この記事をシェアする/     
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. キャベツはやわらかく茹でる

キャベツは1枚1枚丁寧に剥がし、芯を取ってやわらかく茹でる。なお、このとき取った芯は、細かく刻んで肉の中に入れてしまうことで、捨てる部分を減らすことができる。キャベツが固いと巻きにくい上、パスタが折れてしまうことがあるため、やわらかく茹でることがポイントだ。

2. パスタは折って刺すだけ

パスタによる留め方は、パスタを楊枝ぐらいの長さに折り、楊枝と同じ要領で留めれば完成だ。うまく留められない場合は、パスタを
1cm程度に折って、2、3個所留めても良いだろう。
細いパスタは留めるときに折れやすいので、太めのパスタの方が留めやすい。パスタは煮ると柔らかくなるので、太めでも、複数個所留めても安全だ。

3. ロールキャベツは鍋に敷き詰めろ

ロールキャベツを巻いて、しっかりパスタで留めても、鍋の中で動くことが多い場合には煮崩れしてしまう確率が高くなる。綺麗に巻いた状態で食卓に出すためには、鍋の中でロールキャベツが動かないように、しっかりと敷き詰めることがポイントだ。

結論

ロールキャベツをパスタで留める場合は、楊枝のように、子どもに楊枝に気を付けてと言う必要もないし、子どもにとってもパスタの方が食べやすいだろう。次にロールキャベツを作る際には是非パスタで留めてみてはどうだろうか。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ