このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
鶏手羽の下処理や骨の抜き方を解説!鶏手羽はなぜおいしいの?

鶏手羽の下処理や骨の抜き方を解説!鶏手羽はなぜおいしいの?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年3月19日

鶏肉の中でも安価な鶏手羽。食卓に上がる機会も多いだろう。鶏手羽は手羽元と手羽先に分かれるが、それぞれの特徴や下処理方法をご存知だろうか。今回は下処理方法やより食べやすくするための方法に加えて、なぜ鶏手羽は美味しいのかについて紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 鶏手羽元の下処理方法

鶏手羽元は付け根に近い部位。骨が太く脂肪が少ないのが特徴だ。肉質は柔らかく、あっさりとした味わいを楽しめる。唐揚げやスープ、煮物に向いている。

臭みを取るには

鶏手羽元をそのまま煮たり焼いたりすると、独特の臭みが気になることもあるだろう。その臭みを消すには、ネギの青い部分とショウガを一緒に煮込むとよい。ほかの臭いがある食材でも使うテクニックだが、煮てアクを抜くことで臭みが抜ける。また香味野菜のおかげで臭いが気にならなくなるのだ。ほかにも紅茶と煮る、酢と一緒に煮るなどの方法がある。

切り込みを入れてみよう

しっかり煮込むとホロホロと肉が外れるが、そのままの形では少々食べにくいだろう。そこで、鶏手羽元に切り込みを入れて開くことをおすすめする。食べやすくなるだけでなく早く火が通り、骨からも旨味が出やすい。切り込みを入れる方法は、皮目を下にして骨に沿って2か所キッチンばさみや包丁で切り込みを入れるだけ。揚げ物にする場合は完全に開かないほうが、旨味が逃げにくい。

2. 鶏手羽先の下処理方法

鶏手羽先は先端に近い部位。細い骨と厚めの皮が特徴だ。脂肪やゼラチン質を多く含むため、強い旨味が楽しめる。唐揚げや煮込み料理に向いている。

臭みを取るには

そのまま調理すると、独特の臭みが気になることがある。そこで下処理をしておくとよいだろう。方法はざるに手羽先を並べ、熱湯を回しかけるだけ。これだけで臭いが気にならなくなるので、ぜひ試してもらいたい。

骨の抜き方

鶏手羽先の肉が多い部分には細い骨が2本ある。スープにしてじっくり煮込むと骨と肉が離れやすいが、唐揚げの場合は少々食べにくいだろう。あらかじめ骨を抜いておくと食べやすくなるため、その方法をご紹介しよう。まずは細い骨と太い骨の間をキッチンばさみで切る。次に関節部分を脱臼させるように2回~3回グルグル回そう。最後に骨と骨の間に指を入れて左右に開くと骨が飛び出てくるので、あとは引き抜くだけだ。ちなみに、唐揚げにする場合は、骨を1本だけ抜くことをおすすめする。2本抜くと旨味が流出するだけでなく、身が縮みすぎて肉が固くなるからだ。骨を2本抜く場合は汁ごといただくスープや煮込み料理がおすすめだ。

3. なぜ鶏手羽は美味しい?

鶏手羽肉がジューシーで美味しいのはなぜだろうか。その秘密に迫ろう。

髄液がポイント

鶏手羽には骨がついている。その骨の中心部には髄液があり、旨味やコラーゲンといった成分も含まれているのだ。鶏手羽を加熱することで骨に開いている小さな穴から旨味やコラーゲンが流出し、身に旨味をもたらすことが考えられる。また、骨の周辺の肉は細胞が壊れにくい性質を持つ。そのため、ジューシーさをキープできるのだ。

骨のおかげで肉が柔らかい

鶏手羽は骨に肉が付いているため、常に引っ張られた状態になっている。通常、肉は加熱すると身が縮み、肉も固くなる傾向にある。しかし、骨と肉が付いているおかげで身が縮みにくく、柔らかさをキープできるのだ。また、ある研究によると骨なし肉よりも骨付き肉の方が、時間が経過しても肉が固くなりにくいという結果がある。

結論

鶏手羽肉は安価で美味しい部位である。より美味しくいただくためにも、きちんと下処理をすることをおすすめする。また、切り込みを入れたり、骨を抜くことで食べやすくなったり、美味しさが増したりするのでぜひ試してもらいたい。

この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ
    >