このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

屋台で人気!焼きそばを薬味でさらに美味しくする食べ方

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2019年7月 1日

屋台でもよく行列を見かける人気の焼きそば。自宅での食べ方としておすすめしたいのは、薬味や添え物を上手に使って盛り付けることだ。皿に焼きそばだけを盛って出すとやや雑に見えるが、ほんの少しの薬味や添え物を付けるだけで、作った人の心遣いが感じられるものである。薬味や添え物によって、もちろん味もワンランクアップする。ここではその実例についてご紹介したい。

1. 青ネギ、白髪ネギ、紫タマネギなどを添えた焼きそばの食べ方

薬味といえば真っ先に思い浮かべるのはネギだろう。味噌汁にしても、吸い口として青ネギの小口切りを散らしただけで美味しさが増すから不思議だ。焼きそばの具材としてネギを使ったら、少量は炒めずに取っておき、細かく切って仕上げに皿の上から散らしたい。彩りと食欲も増すことだろう。
青ネギ、白ネギのいずれも小口切りにしてあしらうのが一般的だが、ひと手間かけたいときは切り方にもアレンジを加えてみよう。白ネギなら、北京ダックなどでおなじみの白髪ネギにも挑戦したい。小口切りよりも切るのに少し時間はかかるが、見た目は確実に華やかになる。同じネギでも、切り方によって味が変わるから不思議だ。両方の切り方のものを用意して、家族と食べ比べてみるのもおもしろいのではないだろうか。
このほか同じネギ類でいえば、水にさらして辛味を抑えた紫タマネギの薄切りを散らすと、色調に変化がついて美しい。皿が豪華な雰囲気となり、手軽に作れる焼きそばが、ご馳走モードになるだろう。また、ミョウガが好きな方なら、同じく薄切りを少量、仕上げに散らすのもおすすめだ。なお、ミョウガは紫タマネギと違って水にさらす必要はない。

2. さりげなく彩りをプラスすることで食欲を刺激する焼きそばの食べ方

サンマなどの焼き魚を皿に盛り付けたときに、大根おろしのほかにすだちが添えられているのを見ると嬉しく感じるものだ。柑橘類特有のみずみずしい切り口、鮮やかな彩りの果皮、新鮮で爽やかな香りに五感は刺激され、否が応でも食欲は増していく。
実際に果汁を搾って焼きそばにかける、かけないは別として、柑橘類をくし形に切ったものは、ぜひ焼きそばに添えてみたい。ゆずやすだちがなくても、レモンやオレンジなら冷蔵庫にあるという場合は、ぜひそれらに活躍してもらおう。焼きそばは、パパッと時短で作ったお手軽料理というイメージがあるかもしれないが、ちょっとした添え物をあしらうだけで、作る人の愛情と気配りが感じられるものである。
たとえば柑橘類は輪切りにして、大きな皿の縁に、ゆず・レモンと交互に並べてみるのもおもしろい。ミニトマトやキュウリの輪切りも加えれば、よりにぎやかで楽しい食卓になるだろう。焼きそばは総じて単調な色合いになりがちだが、鮮やかな彩りを添えることで明るい印象になり、食も進むことだろう。

3. サラダ野菜を一緒盛りにしたヘルシーな焼きそばの食べ方

焼きそばには肉と野菜をたっぷり入れて作っているのだから、一皿で完全食だという考え方もあるだろう。しかし、それでは味が単一で平板になってしまう。そこで、サラダとしても食べられる野菜は焼きそばの具材に使わず取っておき、付け合わせとして盛る方法をおすすめしたい。たとえばブロッコリーなどは焼きそばの具材としなくとも、サラダとして食べても美味しいものである。であれば、ブロッコリーは焼きそばには入れず、サラダとしてだけ食べることにしよう。
このとき、サラダを別皿に盛り付けるのでなく、焼きそばの皿に一緒に盛り付けてしまうのが正解だ。焼きそばの濃い味付けによって、ドレッシングがなくても野菜も一緒に食べてもらえればしめたものだ。
レタスなどの葉物は、焼きそばの下に敷くのもよいだろう。コーンやゆで卵の輪切りなどの黄色い食材を添えれば、彩りも鮮やかだ。具だくさんの焼きそばに、ちょっとしたミニサラダを盛り合わせれば、一食で数多くの栄養素を摂取することもできる。見た目に美しく、美味しく栄養豊富な焼きそばの食べ方を、ぜひ工夫してみてほしい。

結論

ほんの少し手間を加えて薬味や添え物を足すだけで、焼きそばの豪華さと栄養はアップする。せっかく手間をかけて作った焼きそばを、手抜き料理のように家族に思われないためにも、細かいところに気を配った食べ方を演出してみたい。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ