このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

節分にいわしを飾り、食べるのはなんのため?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年2月 3日

節分といえば、豆まきや恵方巻きを思い浮かべる人が多いだろう。しかし、忘れてならないのが、節分にいわしを食べたり飾ったりする習慣だ。今回は節分といわしの関係について解説する。

1. 節分って何の日?

節分は2月3日だけじゃなかった!

「節分」とは、季節の始まりの前日のこと。季節の始まりとは立春(2月4日頃)・立夏(5月6日頃)・立秋(8月7日頃)・立冬(11月7日頃)を指す。節分と呼ばれる日は実は2月3日だけではなく、1年に4日存在し、それぞれの前日を節分と呼ぶ。しかし、江戸時代以降は、一般的に立春の前日である2月3日を節分と呼んでいる。

節分の目的は厄除け

節分と言えば、やはり豆まき。福豆と呼ばれる煎った大豆をまきながら、「鬼は外、福は内」と掛け声をかける。鬼とは病気や災害などの災いを意味する。災いが来ないように、そして幸福がやってくるように願いながら豆をまく。そして豆まきの後は、まいた豆を食べる。食べる豆の数は「年齢の数だけ」や「年齢の数プラス1つ」など諸説ある。

新習慣、恵方巻き

近年、節分に恵方巻きを食べる家庭が増えている。節分が近づくとスーパーやコンビニなどでも恵方巻きが販売され始め、予約受付をする店もあるほどだ。もともとは大阪で太巻きが食べられていたことに由来するといわれているが、真相は定かではない。恵方巻きという名称も大手コンビニによって1990年代に生み出され、2000年以降に広まった。その年ごとの恵方を向き、無言で太巻きを食べると縁起がよいといわれている。

2. なぜ、柊鰯を飾るの?

魔除けの飾り物、柊鰯

「柊鰯(ひいらぎいわし)」をご存知だろうか?柊鰯とは葉のついた柊の小枝に焼いたいわしの頭を突き刺したもの。節分に柊鰯を飾ることは古くからの風習である。平安時代から行われてきたともいわれており、現在は、見かけることは少なくなってきたが、節分の時期になると玄関先に柊鰯を飾る習慣が残っている地域もある。柊鰯は魔除けのために飾られるが、なぜ柊といわしなのかと言うと、鬼が苦手とするものだからだといわれている。尖った葉が目を刺すといわれるため鬼は柊を嫌い、独特の臭みを持ついわしもまた鬼が苦手とするもの。この2つを組み合わせて飾りとすることで、鬼を寄せ付けないようにしているのだ。

柊鰯は2月末まで飾る

柊鰯を飾る意味はわかった。では、一体いつからいつまで飾っておくのだろう?柊鰯を飾る時期には地域差がある。節分当日から2月いっぱいという地域が多いが、1月15日から立春まで飾る地域や節分当日のみという地域もある。両親や地域の年長者に確認するとよいだろう。柊鰯は縁起物なので、飾る期間が過ぎたからと言ってゴミとして処分することは気がひける。灰になるまで焼くか、塩で清めてから紙に包んで一般ゴミとして処分するとよい。

3. なぜ、いわしを食べるの?

いわしを食べて邪気を払う

節分に飾る柊鰯について説明したが、節分にはいわしを飾るだけでなく食べる習慣もある。これは主に西日本に根付く風習のため、関東ではあまり知られていない。いわしを食べる理由も飾るときと同様に魔除けである。いわしには独特の臭みがあり、そのにおいは焼くと一層強くなる。頭を焼くことでさらににおいが強くなる。また、いわしのように脂が乗った魚を焼くと、煙がもくもくと立ち込める。この煙も鬼が苦手とするものの1つである。においと煙で鬼を追い払うために、節分にはいわしを焼き、そして食べるのだ。

いわしが苦手な人も食べられる料理

独特のにおいを持ついわしを苦手とするのは鬼だけではない。いわしを好まない人もいる。節分にいわしを食べないと不幸になるわけではないが、できれば家族揃って縁起物を食べたい。いわしが苦手ならば、食べやすいように調理しよう。まずおすすめなのが、いわしのつみれ汁。いわしのにおいが気にならないため食べやすく、恵方巻きとの相性もバッチリ。甘酢煮や生姜煮もおすすめ。煮込むことで臭みがなくなり、骨まで柔らかくなって食べやすい。

結論

節分にいわしを飾り、そしていわしを食べるのは鬼にたとえられた災いを払うためだ。いわしを焼くときにコンロの魚焼きグリルを使えば煙が立ち込めることはないが、においが気になる場合は調理法を工夫してみよう。節分にはいわしを食べ、体の中から邪気を追い払おう!

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ