このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

酢豚の栄養とカロリーは?意外な真実とカロリーオフの極意に迫る

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:
管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2019年2月22日

酢豚は、野菜と肉を大きめにカットし、とろみのあるあんで覆った人気中華料理。ピーマンやタマネギ、たけのこなど身体によい食材をふんだんに使用した料理だ。ごはんとの相性もよく食が進む一品といえる。「美味しいがゆえに、カロリーなどが高いのでは…」と、疑問に思っている人も多いと思う。今回は、酢豚のカロリー・栄養・糖質・カロリーオフレシピにいたるまで詳しく紹介していく。

1. 知っておこう!酢豚のカロリー

酢豚は、中華の本場、中国でも家庭料理として日頃から食卓に並ぶ。日本でも、中華料理という枠を超えて人気を集めている。野菜と肉があんで覆われた酢豚は、100gあたり約115kcalと意外にカロリー値が高い。

「野菜が豊富に使用されているのに...」と思う人も多いと思うが、原因は油だ。あんとからめていく前に野菜などを素揚げする。この素揚げを行うことにより、油が食材にしみ込むのだ。また、油を含んだ状態であんをかけていくので、あんが油を包み込んでしまう。この油とあんの存在が、カロリーに大きく作用しているようだ。2回素揚げを行う作り方もあるので、その場合はもう少しカロリー値が高くなることもあるだろう。

2. 人気料理酢豚に隠された栄養とは?

酢豚には、豚肉・ピーマン・玉ねぎ・パイナップルなどさまざま野菜が使用されている。多くの食材が使用されているので、一度の食事で多くの栄養を摂取することができる。ここでは、酢豚に含まれた栄養について紹介していこう。

豚肉

豚肉には、タンパク質やビタミンB1が豊富に含まれている。タンパク質は骨や爪などを生成する源となる栄養素で、ビタミンB1は糖質の代謝を促し、疲労回復効果なども期待される。

ピーマン

少し苦味がありクセのあるピーマンだが、風邪の予防や疲労回復・美肌効果も期待されるビタミン Cが豊富に含まれている。身体の健康に気を使っている人は、積極的に摂取したい食材のひとつだ。

パイナップル

酢豚にパイナップルを入れると、豚肉が柔らかくなるとともに、消化を助ける働きをしてくれる。パイナップルに含まれるブロメリンやクエン酸が胃や腸に作用し、消化吸収もスムーズになる。

3. 食べる前に知りたい!酢豚の糖質

野菜や果物が使用されている酢豚。カロリー値は少し高いので、「糖質はどうなのだろうか?」と思っている人も多いと思う。ここでは酢豚に含まれる糖質について紹介していこう。

じつは酢豚の糖質はとても高く、1食あたりの1人前のカロリーを546kcalとしたとき、糖質は、35.8gとなる。ダイエット中の人からすると絶望的な数値かもしれない。油や片栗粉が糖質値に影響しているようだ。

ごはんも一緒に食べたくなる一品ではあるが、ごはんと同時に摂取することでさらに高い糖質値になってしまう。ダイエット中にどうしても食べたいという人は、ごはんを我慢し、少量の酢豚を食すことをおすすめする。

4. 気にせず食べられる!酢豚のカロリーオフレシピ

「酢豚を食べたいがカロリーが...」と思っている人のために、カロリーオフにする3つのポイントについて紹介していこう。

油の少ない肉に変更

酢豚に使用される食材の中で、一番カロリーが高いのが豚肉だ。カロリーオフするためには、赤身が多い豚肉を使用するのがよいだろう。モモやヒレ、肩ロースといった部位がおすすめだ。

素揚げの時間を短くする

食材の食感をよくする素揚げだが、油に浸す時間が長いほど、油を吸収してしまう。長めの素揚げは避け、サラッと油に通すことを心がけよう。

あんを大量に摂取しない

ごはんとも相性のよい絶品なあんではあるが、成分からして油を吸収してしまう性質がある。皿に残ったあんを食べるというのが好きという人もいると思うが、なるべくあんを摂取しないのがカロリーオフして酢豚を食べるポイントのひとつといえる。

結論

酢豚はトータルして、ダイエットしている人にはあまり向いていない料理といえる。しかし、含まれている栄養素は魅力的なものだ。カロリーオフのポイントを意識することによって、カロリーはもちろん糖質も抑えることができるだろう。ダイエットをしている人も、夕食に酢豚を食べる日は、朝食や昼食をカロリーオフするなど、1日単位で献立を考えながら、月に1回程度は、摂取する日を設けてはいいのではないだろうか。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ