このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。

ついつまんでしまうカヌレはカロリーや糖質に要注意!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2019年3月19日

フランス発祥の一口サイズの焼き菓子、カヌレ。かわいい見た目と優しい甘さが特徴的で、最近人気が高まっている。そんなカヌレだが、一口サイズでつまみやすいことからつい食べすぎてしまうことも多く、カロリーについては気になるところだ。そこで今回は、カヌレのカロリーや糖質などについて紹介していく。

1. 小さくともカロリーには要注意なカヌレ

カヌレはもともと、ワインづくりの過程で余ってしまう卵黄を有効活用するために生まれた焼き菓子。手軽に作れるように考案されたため、使用される材料も少ない。そんなカヌレのカロリーを、材料のカロリーから考えてみる。
カヌレの主な材料としては、全卵、卵黄、牛乳、無塩バター、グラニュー糖、薄力粉、強力粉があげられる。それぞれの100gあたりのカロリーは、全卵:151kcal、卵黄:387kcal、牛乳:67kcal、無塩バター:763kcal、グラニュー糖:387kcal、薄力粉:367kcal、強力粉:365kcalだ。見てわかるように、牛乳を除く材料のカロリーは高いといえる。レシピによってそれぞれの使用量は異なるが、決して低カロリーなお菓子だとはいえないだろう。
とはいえ、カヌレのレシピは10個分程度の分量で記されていることが多く、1個分の分量ならそこまで高カロリーというわけでもなさそうだ。だからといって食べすぎると大幅なカロリーオーバーになるので、食べる際には十分に注意しよう。

2. カヌレには栄養満点な卵と牛乳が使われている

カヌレの栄養を考えるうえで、ポイントとなるのは卵や牛乳だ。
卵には非常に多くの種類の栄養素が含まれていて、完全栄養食品ともいわれている。中でも注目すべきなのは、タンパク質だ。卵100gには、12.3gのタンパク質が含まれている。卵黄だけなら16.5gとさらに多くなる。加えて卵に含まれているタンパク質には人間に必要不可欠な必須アミノ酸がバランスよく含まれていて、そのバランスを数値化したアミノ酸スコアは満点の100を示す。非常に良質なタンパク質源であることがわかるだろう。
牛乳の栄養素としては、カルシウムが有名だ。カルシウムは骨や歯を構成する成分で、しっかりと摂取することで丈夫な身体が作れる。また、牛乳も卵と同じくさまざまな栄養素がバランスよく含まれているため、準完全栄養食といわれている。少ないカロリーに多くの栄養素を含む牛乳なら、効率よく栄養を摂取できるだろう。

3. カロリーと同じく糖質にも注意が必要なカヌレ

砂糖や小麦粉を使うカヌレは、カロリーだけでなく糖質も高そうなイメージがある。カロリー同様、カヌレに使用される材料の糖質を見てみよう。
それぞれの食材の100g中の糖質は、全卵:0.3g、卵黄:0.1g、牛乳:4.8g、無塩バター:0.2g、グラニュー糖:100g、薄力粉:73.3g、強力粉:69gとなっている。卵や牛乳、バターの糖質が低いのはありがたいが、やはり砂糖や小麦粉類の糖質は高い。カヌレのさまざまなレシピを見てみると砂糖や小麦粉類はそれなりの量を使うため、カヌレ全体の糖質も高くなりがちだろう。

4. カヌレをカロリーオフする食べ方では砂糖や小麦粉に注目!

カヌレはカロリーも糖質も高くなりがちな焼き菓子だ。つまみやすいため、食べすぎを心配することもあるだろう。自分でカヌレを作る際には、カロリーオフする食べ方の工夫についても考えておきたい。
カヌレの材料の中でも、砂糖はカロリー、糖質ともに高いうえに量も使う。カロリーオフする食べ方を考えるなら、砂糖が大きなポイントになるだろう。たとえば、砂糖をカロリー控えめのものに変更する方法だ。最近はカロリーオフ系の商品が数多く販売されていて、砂糖にもそういった商品が登場している。これらを使うことで、カヌレのカロリーを抑えられるだろう。ハチミツなど別の甘味料を使うのもおすすめだ。
もうひとつのカロリーオフする食べ方として、小麦粉類の量を減らすことがあげられる。小麦粉類の量を減らし、代わりにおからパウダーやこんにゃく粉などのヘルシーな粉を加えることで、カロリーや糖質を抑えられる。ただし、小麦粉類を減らしすぎると味や食感に影響することを覚えておいてほしい。

結論

今回紹介したように、カヌレはカロリーも糖質も高めの焼き菓子だ。1つひとつは小さいのでカロリーもさほどではないが、小さいゆえについつまんでしまうことも多く、カロリーオーバーしてしまうケースもあるだろう。材料をヘルシーなものに変えるなどカロリーオフする方法を考えるのも大切だが、食べすぎないようにも注意しよう。

この記事もCheck!

\この記事をシェアする/    
\この記事をシェアする/    
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

おすすめ記事

ページトップへ ページトップへ